encoremode

リテールの魅力を高める”USENのファッションメディア

mod_210115_top_1_DSC1819SMys
encoremode
2021.01.15

名店、VMDの極意

視覚表現を中心とした多様な演出で、消費者の購買を喚起するディスプレイによるマーケティング手法、それが「VMD(Visual Merchandising/ビジュアルマーチャンダイジング)(以下、VMD)」。ハロウィンやクリスマスといったイベント事に合わせ、人の目を引く効果的な表現や演出をしているのも、このVMDである。ウインドーディスプレイやショーウインドーを使用した販促手段のひとつではあるが、VMDはその時代を反映、そして象徴したアートを表現する場としても人々の目を楽しませてきた。 シリーズ「名店、VMDの極意」。第2回目は、バーニーズ ニューヨークのVMDについて聞いた。

mod_210113_top__DSC1313・ョS_01
encoremode
2021.01.13

名店、VMDの極意

視覚表現を中心とした多様な演出で、消費者の購買を喚起するディスプレイによるマーケティング手法、それが「VMD(Visual Merchandising/ビジュアルマーチャンダイジング)(以下、VMD)」。 ハロウィンやクリスマスといったイベント事に合わせ、人の目を引く効果的な表現や演出をしているのも、このVMDである。ウインドーディスプレイやショーウインドーを使用した販促手段のひとつではあるが、VMDはその時代を反映、そして象徴したアートを表現する場としても人々の目を楽しませてきた。最新のデジタルを駆使したものや、立体モニュメントなどの現代アート、古典的なアートでVMDを行っている企業もあるなか、シーズンアイテムの展示など販促に徹する企業もあるなど、もちろん企業によってVMDの考え方はさまざまである。さらには視覚だけでなく、聴覚(BGM)や嗅覚(アロマディフューザー)も含めた総合的な演出をVMDの範疇(はんちゅう)としている企業もある。 『encoremode』では、今後VMDに力を入れているショップを随時紹介していく。第1回はH.P.FRANCE BIJOUX 丸の内店(アッシュ・ペー・フランス ビジュー)。クリスマスシーズンのVMDの極意について聞いた。

mod_201223_main_ron_gaikan_2_1
encoremode
2020.12.23

「非都市型ショップ」の醍醐味とは?

このコロナウイルスの状況により、仕事や学業のリモート化が進み、強制的な生活の変化が起こっている昨今。アパレル業界などは、少し離れた隣接する都市にあるような非都市型の店舗が盛り上がりを見せているという。 今回は、「非都市型店舗における醍醐味」をテーマに、その土地ならではの特異な営業スタイルのほか、現状のコロナ禍における状況の変化などについて、「BLUE BLUE YOKOHAMA(ブルーブルー ヨコハマ)」(神奈川県横浜市)、「The Camp FREAK'S STORE(ザ キャンプ フリークス ストア)」(茨城県古河市)、「ロンハーマン 逗子マリーナ店」(神奈川県逗子市)の3店舗を取材。 最終回は、神奈川県逗子市にあるロンハーマン 逗子マリーナ店。

mod_201218_main_外観1_1
encoremode
2020.12.18

「非都市型ショップ」の醍醐味とは?

このコロナウイルスの状況により、仕事や学業のリモート化が進み、自身の居住地域近辺からあまり出ないという、強制的な生活の変化が起こっている昨今。 そんな中、非都市型の店舗が盛り上がりを見せているアパレル業界。 今回は、「非都市型店舗における醍醐味」をテーマに、その土地ならではの特異な営業スタイルのほか、現状のコロナ禍における状況の変化などについて、「BLUE BLUE YOKOHAMA(ブルーブルー ヨコハマ)」(神奈川県横浜市)、「The Camp FREAK'S STORE(ザ キャンプ フリークス ストア)」(茨城県古河市)、「ロンハーマン 逗子マリーナ店」(神奈川県逗子市)の3店舗を取材した。 連載第2回は、茨城県古河市にあるザ キャンプ フリークス ストアにフォーカスする。

mod_201216_main_5438
encoremode
2020.12.16

「非都市型ショップ」の醍醐味とは?

このコロナウイルスの状況により、仕事や学業のリモート化が進み、自身の居住地域近辺からあまり出ないという、強制的な生活の変化が起こっている昨今。 アパレル業界などは、中央都市部にある大型ターミナルに位置するショップよりも、少し離れた隣接する都市、いわゆるベットタウンにあるような非都市型の店舗が盛り上がりを見せているという。 今回は、「非都市型店舗における醍醐味」をテーマに、その土地ならではの特異な営業スタイルのほか、現状のコロナ禍における状況の変化などについて、「BLUE BLUE YOKOHAMA(ブルーブルー ヨコハマ)」(神奈川県横浜市)、「The Camp FREAK'S STORE(ザ キャンプ フリークス ストアー)」(茨城県古河市)、「ロンハーマン 逗子マリーナ店」(神奈川県逗子市)の3店舗を取材した。 連載第1回は、1996年、横浜市中区にオープンしたブルーブルーヨコハマを取り上げる。

mod_201204_top
encoremode
2020.12.04

ビジネスシーンにおける快適さを叶える革新的なニット素材のシューズブランド「+F+」がデビュー

「日本のビジネスシーンを足元から変えていく」をコンセプトに掲げるシューズブランド「+F+(エフ)」は、大手ファッションブランドの製品を長年世に送り出してきた実績を持つOEMメーカーが手掛ける革新的なプロダクト。歩きやすさと疲れにくさを同時に叶える一足は、現在クラウドファンディング「未来ショッピング」にて先行予約販売中だ。

mod_201204_main_201125_MOYSTORE011
encoremode
2020.12.04

切り口はサステイナブル、ルーツはロシアにあり!JOHNBULLが提案する新スペース「MOY STORE」とは?

岡山発のデニムブランドの「JOHNBULL(ジョンブル)」のショップJohnbull Private labo表参道店がJOHNBULL表参道と名前を変更し、旗艦店として2020年9月10日にリニューアルオープンした。 さらに、併設する新ショップとして、今までにないスペース「MOY STORE(モーイストア)」も同時にオープンさせた。ジョンブルの新しいアップサイクルブランド「rebear(リベア)」を中心に、セレクトアイテムや他ブランドとのコラボレーションアイテムなどを楽しめる、ちょっと不思議なスペースとなっている。 今回、ジョンブルプレスでディレクターを務めるサリュコワ・マリアさんにモーイストアのコンセプトのほか、マリアさん自身のルーツについても話を聞いた。

記事をもっと見る