FL_210707_USEN-HITS_main

選曲家の声
2021.07.08

新浜レオン「さよならを決めたのなら」が2ヶ月連続1位の偉業を達成!――月間 USEN HIT ランキング サマリー(2021年6月)

2021年6月度の「月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング」、「月間 USEN HIT J-POPランキング」、「月間 USEN HIT 洋楽ランキング」のサマリーをお届けします。
※2021年7月7日発表。集計期間は2021年6月4日から2021年7月1日まで

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング
3作連続1位の快挙を成し遂げた新浜レオンが2ヶ月連続1位の偉業を達成!

1.新浜レオン「さよならを決めたのなら」
2秋元順子「いちばん素敵な港町」
3.北島三郎「想い」
4.氷川きよし「南風」
5.竹島宏「向かい風 純情」
6.山崎ていじ「酔わせて候」
7.すがあきら「命の河」
8.鳥羽一郎「男護り船」
9.辰巳ゆうと「誘われてエデン」
10.葉月みなみ「許さないで…ねぇ」


【サマリー】
先月の月間ランキングで1位を獲得した新浜レオン「さよならを決めたのなら」が”演歌第7世代”の筆頭としての快進撃を続け、今月も月間ランキング1位となりました!

そして新浜レオンの1位に迫る勢いで、初登場3位にランクインしたのは大御所、北島三郎「想い」。令和3年第2弾シングルのこの曲は北島三郎の亡き次男・大野誠さんを想い、原譲二のペンネームで書き下ろした新曲で、1962年6月5日に「ブンガチャ節」でデビューしてから60回目のデビュー記念日にリリースされました。人生を積み重ねてきた全ての人たちに何かを”想い”出させる「想い」です。他にも初登場曲では、今年デビュー20周年を迎える竹島宏の新曲「向かい風 純情」が”人生の応援歌となる曲”としても注目され5位に、10位には葉月みなみの移籍第1弾シングル「許さないで…ねぇ」がランクインしています。

新浜レオン

新浜レオン「さよならを決めたのなら」

北島三郎

北島三郎「想い」

■月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング 2ヶ月連続1位 ~新浜レオンからの喜びのコメント~
この度は、僕のサードシングル「さよならを決めたのなら」が月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキングにて2ヶ月連続の1位ということで、僕自身本当に驚きを隠せません。応援してくださっている皆さん本当にありがとうございます!
今回の「さよならを決めたのなら」を作ってくださった、僕のデビューシングルでもお世話になった作詞の渡辺なつみ先生、作曲の大谷明裕先生、そして今回初めてアレンジを担当してくださったCHOKKAKU先生にも心からの感謝です。しかしまだまだこれは通過点!ここから”新浜レオン”という名前、そして「さよならを決めたのなら」を更に沢山の皆さんに届けられるように“一曲入魂”心を込めて届けていきます。この度は本当にありがとうございます!



新浜レオン

新浜レオン



月間 USEN HIT J-POP
ラヴソングひしめく6月のTOP3。首位を制したのは...

1.米津玄師「Pale Blue」
2.あいみょん「愛を知るまでは」
3.日向坂46「君しか勝たん」
4.藤井 風「きらり」
5.V6「僕らは まだ」
6.Kroi「Balmy Life」
7.YOASOBI「怪物」
8.優里「ドライフラワー」
9.Official髭男dism「Cry Baby」
10.SOMETIME’S「Slow Dance」


【サマリー】
6月度の月間ランキングでは、さまざまに愛を表現した歌がTOP3に並びました。日向坂46「君しか勝たん」は先月19位から3位に、あいみょん「愛を知るまでは」は先月13位から2位にジャンプアップ。その勢いをサラリとかわし、初登場で見事1位を獲得したのは、米津玄師久々のラヴソング「Pale Blue」でした!

TBS系金曜ドラマ「リコカツ」主題歌として書き下ろされたこの曲は、“離婚から始まる恋”というコンセプトから、“別れの歌”にも“恋が始まる歌”にも聴こえる歌詞で、衝撃的な歌い出しの第一声、せつなく美しい聴き心地、終盤での可変拍子と、気づけば最後まで心をつかまれるポップソング。週間ランキングでは、6月16日の配信開始と同時にランキングを賑わし始め、4週経つまでに早くも2週連続1位獲得という、インパクトあるヒットを見せています。下半期、米津玄師の活躍に目が離せません!

米津玄師

米津玄師「Pale Blue」

あいみょん

あいみょん「愛を知るまでは」



月間 USEN HIT 洋楽ランキング
ゴージャス・ポップ・クイーンと元空手チャンピオンの歌姫に注目!

1.ビービー・レクサ「サクリファイス」
2.アン・マリー&ナイル・ホーラン「アワー・ソング」
3.デュア・リパ「レヴィテイティング feat. ダベイビー」
4.ドージャ・キャット「キス・ミー・モア feat. シザ」
5.コールドプレイ「ハイヤー・パワー」
6.マーティン・ギャリックス「ウィー・アー・ザ・ピープル feat. ボノ&ジ・エッジ」
7.ブランディー「スターティング・ナウ」
8.ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ「ウィアー・オン・アワー・ウェイ・ナウ」
9.ブルーノ・マーズ、アンダーソン・パーク&シルク・ソニック「リーヴ・ザ・ドア・オープン」
10.ザ・ウィークエンド&アリアナ・グランデ「セイヴ・ユア・ティアーズ(Remix)」


【サマリー】
1stアルバム『エクスペクテーションズ』リリース時には、2019年度グラミー賞で新人賞を含む2部門にノミネートされる快挙を成し遂げたゴージャス・ポップ・クイーン、ビービー・レクサ。先月の月間ランキング1位のドージャ・キャット同様、様々なジャンルのアーティストから引っ張りだこ状態の中、遂に待望の新曲をリリース。今まで以上に大胆に明るく輝くダンサブルな「サクリファイス」が初登場1位を獲得しました!

そして、2位にも初登場曲がランクイン。元ワン・ダイレクションのナイル・ホーランとのコラボソング「アワー・ソング」をリリースしたアン・マリーです。7月23日に待望の新作アルバム『セラピー』をリリースするイギリス出身の歌姫は音楽の才能だけでなく、9才で始めた空手で国際チャンピオン2冠の経歴もあり、2015年リリースにEP「カラテ」でデビューを果たした大注目の可愛すぎる空手歌姫です!

ビービー・レクサ

ビービー・レクサ「サクリファイス」

アン・マリー

アン・マリー&ナイル・ホーラン「アワー・ソング」

















J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play