FL_210408_ACC_MAIN

選曲家の声
2021.04.09

Awesome City Club「勿忘」が初の首位獲得!――月間 USEN HIT ランキング サマリー(2021年3月)

2021年3月度(集計期間は2021年2月26日から2021年4月1日:4月7日発表)の「月間 USEN HIT J-POPランキング」、「月間 USEN HIT 洋楽ランキング」、「月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング」のサマリーをお届けします。

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



月間 USEN HIT J-POP
映画『花束みたいな恋をした』のインスパイアソング「勿忘」が初の首位獲得! Awesome City Club

1.Awesome City Club「勿忘」
2.Kis-My-Ft2「Luv Bias」
3.あいみょん「桜が降る夜は」
4.Ado「うっせぇわ」
5.Official髭男dism「Universe」
6.YOASOBI「夜に駆ける」
7.SixTONES「僕が僕じゃないみたいだ」
8.優里「ドライフラワー」
9.LiSA「炎」
10.DA PUMP「Dream on the street」


【サマリー】
atagiとPORINの男女ツインヴォーカルを響かせる3人組バンド、Awesome City Club。現在、菅田将暉、有村架純のダブル主演で大ヒット中の映画『花束みたいな恋をした』にPORINとメンバーがカメオ出演。その作品の良さに感銘を受けて書き下ろされた曲が「勿忘(わすれな)」です。映画の予告編で使われ一躍話題となり、映画のヒットと相まって、USEN HIT週間ランキングでは2月24日付ランキングに初登場し、3月10日付ランキングで初の1位を獲得。その後もランキング上位をキープするなか、3月の月間ランキングでもめでたく1位を初獲得しました。メンバー自身の幅広いルーツをMIXした音楽性を持つオーサム。「勿忘」の大ヒットをきっかけに、独創的な世界観の楽曲でますますランキングを賑わせてくれそう。今後の活躍にも期待が高まります!

そのオーサムに迫るのは先月の3位から2位へと上昇したKis-My-Ft2「Luv Bias」でした。

Awesome City Club

Awesome City Club「勿忘」

Kis-My-Ft2

Kis-My-Ft2「Luv Bias」





月間 USEN HIT 洋楽ランキング
TOP20内に9曲も初登場曲がランクインしている3月の月間ランキング!

1.ザ・キッド・ラロイ「ウィズアウト・ユー」
2.デュア・リパ「ウィー・アー・グッド」
3.ブルーノ・マーズ、アンダーソン・パーク&シルク・ソニック「リーヴ・ザ・ドア・オープン」
4.ペンタトニックス「ラヴ・ミー・ウェン・アイ・ドント」
5.ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」
6.シーア「ヘイ・ボーイ feat. バーナ・ボーイ」
7.スウィーティー「ベスト・フレンド feat. ドージャ・キャット」
8.オリヴィア・ロドリゴ「ドライバーズ・ライセンス」
9.カーディ・B「アップ」
10.ジェイソン・デルーロ&ヌカ「ラヴ・ノット・ウォー(ザ・タンパ・ビート)」


【サマリー】
ジェネイ・アイコ「リード・ザ・ウェイ」(16位)、ジェイソン・デルーロ&ヌカ「ラヴ・ノット・ウォー(ザ・タンパ・ビート)」(10位)、ブルーノ・マーズ、アンダーソン・パーク&シルク・ソニック「リーヴ・ザ・ドア・オープン」(3位)など初登場曲がTOP20内に9曲もひしめく3月の月間ランキングで、2位に初登場したのはデュア・リパ「ウィー・アー・グッド」です。「ドント・スタート・ナウ」、「フィジカル」、「ブレイク・マイ・ハート」、「グッド・イン・ベッド(Gen Hoshino Remix)」、「レヴィテイティング feat. ダベイビー」、そして「ウィー・アー・グッド」と、2019年11月からデュア・リパ名義の楽曲が月間ランキングにランクインし続けているという事はまさに驚異的。

そんな月間ランキングの1位を獲得したのは、2021年大注目の17才、ザ・キッド・ラロイ「ウィズアウト・ユー」でした!

ザ・キッド・ラロイ

ザ・キッド・ラロイ「ウィズアウト・ユー」

デュア・リパ

デュア・リパ「ウィー・アー・グッド」

月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング
3月発売の注目の新曲が初登場で月間ランキングの1位、2位を獲得!

1.市川由紀乃「秘桜」
2.丘みどり「明日へのメロディ」
3.椎名佐千子「潮騒みなと」
4.青山新「霧雨の夜は更ける」
5.山内惠介「古傷」
6.純烈「君がそばにいるから」
7.香西かおり「ホームで」
8.かとうれい子「とまり木(ロックバージョン)」
9.北島三郎「生かされて」
10.氷川きよし「南風」


【サマリー】
オヨネーズが1989年に大ヒットさせたデュエットソング「麦畑」を、今年1月1日に福田こうへいとの衝撃のコラボレーションで、30年の時を越えて令和の時代に甦らせた市川由紀乃。そんな新世代トップランナーの勝負の新曲は、不倫愛をテーマに激しく燃え上がる恋心をドラマティックなメロディにのせて歌う「秘桜」です。その”情念”と”凛々しさ”をたたえた”由紀乃演歌”真骨頂の「秘桜」がUSENでの街鳴りによって、初登場1位を獲得しました!

そして、2位にも初登場曲。15周年という節目の年だった昨年は、コロナ禍の影響で悔しい1年となってしまった丘みどりが“自分にだけは負けず、明日への一歩を踏み出そう”と心に決め、新しい彼女の歌世界を表現した「明日へのメロディ」がランクインしました。

TOP10圏内では3月30日発売の氷川きよし「南風」が早くも10位に!と初登場曲に目が離せない3月の月間ランキングです。

市川由紀乃

市川由紀乃「秘桜」

丘みどり

丘みどり「明日へのメロディ」





J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play