enj_20210715_ゲンジブ_main

ピックアップ
2021.07.15

原因は自分にある。インタビュー――7月7日に結成2周年を迎え、新たなステージへ!

fox capture planをフィーチャリングアーティストに迎え、"ハイブリッド・ジャズロック"な新曲「以呂波 feat. fox capture plan 」を7月7日に配信リリース。新時代のエンターテインメントを生み出している原因は自分にある。7人が語る”新たなステージの始まりを告げる”スペシャルインタビュー!

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



──新曲「以呂波 feat. fox capture plan」が配信リリースされる7月7日は、結成2周年という記念すべき日です。2周年を迎える心境はいかがですか?

小泉光咲「もう2周年っていう気持ちです。特に2年目は1年目よりも早く感じましたね。こういうご時世ということもあって、ライブができなかったこともそうですが、その中で僕ら、かなり練習を重ねたんです。でも、練習ってあんまり記憶に残らないというか……。ライブのような大きな出来事がなかったぶん、早く感じたのかもしれません」

ゲンジブ

小泉光咲


──そうした中、4月に行われた初の有観客ライブは感慨深かったのでは?

大倉空人「そうですね。声が出せない状況でも、みなさん一生懸命ペンライトを振ってくれて。一緒にライブを作った感じがして楽しかったし、みなさんに会えて本当にうれしかったです」

長野凌大「自分たちの輝かしい未来が見えたような気がしました。これから大きくなっていくんだなと思って、すごく楽しかったですし、ライブを通して僕ら7人の雰囲気とファンのみなさんの雰囲気が確立されたようにも思いましたし。なので、これからどんどんいいライブを作っていきたいなって、改めて思いました」

ゲンジブ

大倉空人

ゲンジブ

長野凌大


桜木雅哉「この1年くらいの間、ファンのみなさんと直接顔を合わせることがなくて。正直、ファンのみなさんに“届ける”っていう感覚を忘れかけていた部分もあった気がするんです。でも、有観客でライブをたやれたことによって、より届けたいっていう気持ちが強くなりました。なので、今回の「以呂波 feat. fox capture plan」では、そのライブの光景を思い出して、僕たちが将来もっと大きい会場で歌っているのを想像しながら歌いました

──今お話に出た「以呂波 feat. fox capture plan」は、原因は自分にある。史上初めてフィーチャリングを迎えての作品です。楽曲を聴いた印象はいかがでしたか?

杢代和人「今回フィーチャリングしてくださると聞き、fox capture planさんの楽曲をいろいろ聴かせていただいたんですけど、ゲンジブの世界観と似ているなと感じて。実際、完成した「以呂波」を聴くと、2組の世界観がマッチしている中に、僕たちらしさもしっかりあって、フィーチャリングさせていただいて本当によかったなと思いました」

ゲンジブ

桜木雅哉

ゲンジブ

杢代和人


大倉「この曲では僕の担当じゃないんですけど、ラップパートが難しいなって思いました。前回の「犬と猫とミルクにシュガー」はゲンジブとヒップホップの融合で、そういうラップだと僕はやりやすいんです。でも、今回はゲンジブとジャズとfox capture planさんっていう3つのコラボがあって、ジャズにのせてラップをするのは、デモを聴いたときに自分でも試してみたんですけどすごく難しくて。それを和人と雅哉はすごくかっこよく歌っているので、この曲の聴きどころの一つですね」

──そう聞いて、桜木さんと杢代さんはいかがですか?

桜木「なんで僕がラップをやるんだろう?ってところから始まったんですけど……」

大倉「普段は僕と要人がラップを歌うことが多いんです」

桜木「でも、パートをもらったからにはしっかりやらないとなって練習はしたんですけど、そもそもラップをしたことがないままレコーディングに行った感じでした(苦笑)。なので、レコーディングはディレクターさんに指示をもらいながらなんとか終えて。でも、その後、歌のレッスンを重ねて、そのときにタカティ(大倉)にたくさんアドバイスをもらったので、今はレコーディングのときより上手く歌えるようになってます。ライブで披露するときは楽しみにしていてほしいですね」

──どんなアドバイスをもらったんですか?

大倉「”心で歌え!”って言いました」

長野「そんなこと言ってなかったじゃん(笑)」

杢代「わかりづらいボケはやめて(笑)」

桜木「ラップってアクセントが大事じゃないですか。その取り方がよくわからなかったんですけど、タカティが細かく教えてくれました。上達したのはタカティのおかげです」


──杢代さんはどうでしたか?

杢代「初めてだったけど、楽しかったです。僕の歌割だと、ラップしてからメロディに変わっていくところがあるんですけど、そこはちょっと難しくて。なので、仮の音源もそこだけ何回も聴いたりしました。レコーディングも、雅哉と違って(笑)練習して行きました」

桜木「いや、僕も練習したんだって!練習したけど、わからないままだったっていう(笑)」

杢代「僕はわかってから行ったんで(笑)」

小泉「でも、ゲンジブの楽曲って、”ゲンジブらしさ+異なるジャンル”みたいなものが多いから、どの曲も結局難しい。毎回これまでと違う歌い方をしないといけないところがあって、よくよく考えてみたらいつも大変です(笑)」

──fox capture planのみなさんからは楽曲について何かアドバイスされたんですか?

杢代「僕だけみんなとは別の日にレコーディングしたんですけど、そのときに立ち会ってくださいました。すごく優しい方で、僕たちのことを”7人の声質が全然違って、それぞれが引き立つのがいいよね”とおっしゃってくださって。僕たちの外見とか関係なく、純粋にゲンジブの音楽を聴いてくださっているのがうれしかったです」

長野「あと、今回はfox capture planさんが演奏もしてくださってるんです。これまで打ち込みの音源で歌ってきた僕らにとっては、それがすごく新鮮で。演奏はすごく洗練されているんですけど、その中に人が実際に弾いている温かみもあって、歌いながら一緒に音楽を奏でている感覚になりました」


──吉澤さんは今回のレコーディングで印象に残っていることはありますか?

吉澤要人「「以呂波」では、これまであまり担当したことがない、歌い出しを任せていただいてるんです。しかも、その歌詞に<要>って自分の名前が入っていて」

──<肝心要の>ですね。

吉澤「はい。そこに命を吹き込むように歌いました。自分の名前を歌えてうれしかったです」

ゲンジブ

吉澤要人

ゲンジブ

武藤 潤


──武藤さんはどうですか?

武藤 潤「この楽曲のテーマになる時代が鎌倉・平安時代なので、その時代の人物になったような気持ちで歌いました」

大倉「例えばどんな人物?」

武藤「こういう長い帽子を被った……平安貴族みたいな人。着物とかも重ねて着てるような」

長野「そんなイメージで歌ったの!?」

武藤「そう。なんか、サビが儚い感じがするなぁと思って。一番儚さが出ているテイクを使ってもらえるように、何回もチャレンジしました」

──歌割はどのように決められるんですか?

杢代「送られてくる歌詞に、誰がどこを歌うのかが書いてあります」

吉澤「その前に、デモテープに入ってる仮歌を聴いて、予想したりもします」

杢代「だいたい当たるよね」

大倉「仮歌を歌う方、絶対意識してる(笑)」

杢代「絶対声色とか寄せて歌ってるよね(笑)」

吉澤「でも、今回僕が歌い出しを担当するのは予想できませんでした(笑)」

──他にも、自分のパートが意外だったと思う方はいますか?

桜木「意外とはちょっと違うんですけど、僕、昔からオチサビの部分を歌うのが夢で。それが、今回の歌でようやくオチサビが来て、めちゃくちゃうれしかったです。かなり気合を入れて歌いました!」



──ところで、みなさんはレコーディングの際に必ずするルーティーンのようなものってあるんですか?

小泉「僕はよく滑舌が悪いって言われるので、歌う前には必ず滑舌の練習をします。あと、肉を食べる。脂っぽいものを食べると滑らかになるって聞いたので、簡単に食べられるチキンとかを食べたりします」

杢代「逆に潤くんは何も食べないで歌うよね?」

武藤「うん、食べないね」

──食べないのには何か理由が?

武藤「忘れちゃうっていうのが大きいです」

──集中するあまり?

武藤「そうですね」

大倉「絶対違う」

杢代「嘘つくなよ(笑)」


武藤「いや、なんか、レコーディングの時間がだいたいお昼くらいなんですよね。なので、朝ご飯を食べた後、何も食べずに歌うことが多いです。でも、水はよく飲むようにしてます」

小泉「冷えた水は避けたほうがいいらしいよ。常温の水が一番いいって」

武藤「自販機で買ったやつ飲んでる」

小泉「めっちゃ冷たいやつだ(笑)」


──他にルーティーンがある人はいますか?

杢代「僕はレコーディングのとき、自分のパートだけ歌うようにしています。ブースに入るとオケが流れてて、声出しとしてどこからでも歌っていいよって言われるんですけど、絶対こんがらがっちゃうと思うので。自分のパートだけに集中します」

桜木「僕は、レコーディングまでの間は憧れの人の楽曲を聴いたり、ライブ映像を観てから行きます。イメージトレーニングというか」

杢代「それやるなら、歌い方わかるようにしてからレコーディング行ってよ」

長野「確かに(笑)」

桜木「わかるわけないじゃん!」


杢代「諦めちゃってるわ~」

桜木「いや、そうじゃなくて。自分で練習してみて、どうしようもないところは、レコーディングのときにディレクターさんに聞いたほうがいいじゃないですか。それ以外で自分にできることとして、想像したり、気分を上げていくことが大事かなと思ってそれをやってるんです!」

──イメージトレーニングも大事ですよね。ちなみに、そのときによく聴くアーティストは?

桜木「Nissy(西島隆弘)さんのライブ映像をよく観てます」

──大倉さんは必ずすること、何かありますか?

大倉「特にないかなぁ。前日はよく寝て、朝ご飯を食べて、お風呂入って、歯を磨いて……」

杢代「それ、モーニングルーティーン(笑)」

大倉「なので、コレっていうのはないですね。ただ、歌う前に横隔膜のストレッチというか、発声練習はするようにしています」


──吉澤さんは何かありますか?

吉澤「ブースに入ると歌詞カードが置いてあるんですけど、僕の前に歌ったメンバーのが置いたままになってるときとか、何書いてるのかなって見るのが好きです。結構、謎のマークが書いてあったりするのが面白くて。僕の前が潤くんだったりすると、いろいろ書いてあったりする」

武藤「そうだっけ?(吉澤)要人へのメッセージとかなら書いたことあるけど。”頑張ってね”とか」

大倉「何だそれ(笑)」

杢代「いいじゃん、それ。僕も交ざりたくなっちゃった」

吉澤「絶対プレッシャーかけること書いてくるでしょ(笑)」

小泉「今回のレコーディング、やべぇぞとか(笑)」

吉澤「絶対ヤダ(笑)。あとは、歌う前にマイクの高さを調整してもらうんですけど、雅哉が前だったりすると、マイクの位置の変化で、雅哉、背伸びたなぁって思ったり。前に歌った人の余韻を感じつつ、自分のレコーディングに臨むって感じです」

──長野さんはいかがですか?

長野「僕は、服装を、その日歌う楽曲に合わせて行くようにしています」

大倉「そうだったんだ!?」

長野「自分の中で、”この曲はこれかな?”っていうのがあるんですよ。「以呂波」のときは、確かシャツっぽいのを着て行ったのかな。そうやって服装を合わせることで、気持ちの切り替えができるような気がするんです」

大倉「初めて知った!ごめんな、全然気付かなくて……」

長野「他にも、楽曲を聴いてキャラクターをイメージしたりもします。「以呂波」だったら、『千と千尋の神隠し』のハクっぽい髪型で……」

大倉「髪型まで!?」

長野「実際に前髪パッツンにしたりはしないけど、そうなった気分で歌おうって」

大倉「めっちゃいいと思う。俺も今度から前髪パッツンで歌おう」

長野「「以呂波」だけね(笑)」


──服装と言えば、今日も着てらっしゃいますけど、今作の衣装も素敵ですね。

大倉「今回は僕と要人と潤以外、メンバーカラーに沿ってない衣装で」

小泉「メンバーカラーに執着しない感じも、ゲンジブらしいっていうか」

大倉「逆に、僕と要人は……」

吉澤「今までで一番紫です(笑)」

大倉「僕も過去イチ黄色(笑)」

吉澤「今までは、どこかにちょっとメンバーカラーが入ってる感じだったんですけど、今回は覆い被さってるくらい(笑)」

大倉「同じくです(笑)」

──先ほど小泉さんからゲンジブらしいって発言もありましたが、自分たちが思うゲンジブらしさってどんなところだと思いますか?

武藤「今回の「以呂波」にも表れてると思うんですけど、時代は変わっても昔から変わらないものがあるっていうメッセージ性そのものが、ゲンジブらしさなのかなって思います」

小泉「どの楽曲も、歌詞の一つ一つに深い意味があって、何回も聴きたくなるような楽曲がゲンジブっぽさなんじゃないかなって感じてます」

長野「そういう僕らの楽曲に、新たに「以呂波」が加わるのが本当にうれしいです。今回の歌詞って、原因は自分にある。の今までの楽曲からの引用だったり、『徒然草』からの一文だったり、タイトルも含めて、実はいろんなところに伏線が張られているんです。ヒップホップとかのサンプリングの歌詞バージョンというか。聴いていてすごくワクワクするし、そういうのがゲンジブっぽさでもあると思うんですよね。しかも、リリース日の7月7日は、僕たちにとって人生が変わった日。その大切な日に、こうしてまた新しいことに踏み出していくんだっていう気持ちを込めた作品が出せるのは、すごく大きなことだと思います。こういう挑戦を3周年、4周年、5周年と、ずっと続けていきたいです」

杢代「それから、ツアーにも挑戦したいよね。僕たち、デビューしてからまだ一度もツアーをしたことがないんです。なので、今一番の目標としては、有観客のツアーを開催すること。それが達成できるように、まずは7月10日のツーマンライブを頑張りたいと思います!」

(おわり)

取材・文/片貝久美子
写真/柴田ひろあき









■EBiDAN THE LIVE 2021
EBiDANに所属するアーティストが一堂に会するライブイベント「EBiDAN THE LIVE 2021」開催決定!
2021年8月14日(土)東京ガーデンシアター
2021年8月15日(日)東京ガーデンシアター
出演/超特急、DISH//、M!LK、SUPER★DRAGON、さくらしめじ、ONE N’ ONLY、原因は自分にある。、EBiDAN NEXT



以呂波
原因は自分にある。「以呂波 feat. fox capture plan」
2021年7月7日(水)配信
SDR




J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play