enj_210324_milk_main

ピックアップ
2021.03.24

M!LK「energy」インタビュー――M!LK沼に入ってもらえたら!

アーティストであり、アイドル、アクター、YouTuber……マルチな才能を見せつける佐野勇斗、塩﨑太智、曽野舜太、山中柔太朗、吉田仁人からなるM!LK、その最新シングルは、さなり、コバソロ、マハラージャン、sumeshiii a.k.a.バーチャルお寿司ら、これまた多彩なクリエイター陣とのコラボレーション。丑年にかける5人のエナジーが迸る「energy」を聴け!

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



――ニューシングル「energy」には、まず、驚きがありました。

吉田仁人「びっくりしますよね。“え!これ、M!LKの新曲?”って」

山中柔太朗「僕たちから“さなりさんの色を出してください”ってお願いしたんですよ。M!LKとしては、すごく新しいですよね」



曽野舜太「さなりくんが作ってくれた「energy」を含め、いい意味で、本当にM!LKっぽくないシングルができたなと思って。初めてこんなにたくさんの方とコラボさせてもらったんですけど、M!LKの今までになかったような特徴とか、いいところが生まれたんじゃないかなと思います。初めて僕たちのシングルを手に取ってくださった方はきっと、“M!LKはいろんなジャンル取り組むんだな”って思うんですけど、そっから、これまでのシングルやアルバムを振り返ってもらって、M!LK沼に入ってもらえたらいいなと思います」

――オルタナティヴR&B/ヒップホップ系のサウンドで、ヴォーカルはオートチューンになってます。

塩﨑太智「デモを聴いた時点では、僕たちは僕たちでいつもの声でとるのかなと思ったら、初めてその機械を使ってレコーディングして」

吉田「本当に難しかったです。息の出し方だけで全然変わるんですよ。息の使い方次第で、声の揺れ方も違ってて。最初はわけがわからなすぎて、僕は結構、苦戦しましたね。わけわからんすぎて」

塩﨑「仁人はいつも苦戦しないのに苦戦したって聞いて。ま、俺はいけるだろうなと思ったら……やっぱり苦戦しました!あはははは!」

吉田「あれは、初めてはムズいよ!」

塩﨑「難しかったね(笑)」



佐野勇斗「僕は逆にいつも音程を曖昧にやってるから、得意でした(笑)。いつもは自分の低い声が聴こえないんですけど、声が変わるとめっちゃ聴こえて。ディレクターさんにも“合ってるね”って言われたので、これからは全部、オートチューンで行こうと思います!」

吉田「一人だけ機械的なのおかしいだろ!」

――メロラップにもチャレンジしてますね。

山中「僕は結構、好きというか、得意なことに気づきました。やりやすかったし、楽しかったです」

吉田「さなりくんと声質的にも近いからね」

佐野「住んでる世界も柔太郎はいっしょだけど、僕は違うところに。ちょっと闇属性なんで……」

吉田「いや、ふんわり属性だろ」



塩﨑「はははは!ラップパートもいいよね。みんなでいる時とか、自分たちで勝手に英語バージョンにして口ずさんだりしてますね。<to be tommorow……>って」

佐野「いやいや、それは、彼だけです」

吉田「全員でやってるように言うなよ!本家のデモは本当にカッコいいし、メンバーが歌ってるのもカッコいいんですけど、太智の英語バージョンだけクソダサいんですよ(笑)。MVを撮影している時にずっとやってて。でも、確かに、みんな、自然と口ずさんだりはしてますね」

曽野「僕もラップが好きで。エミネムさんとか」

吉田「うそ!お前、クラシック好きだったやん!」

山中「幅がすごいな」

曽野「Tohjiさんとかも結構、聴いてたので、自分でラップができて嬉しかったですし、また新たなことにどんどん挑戦していきたいですね」

――撮影したというMVもどんな内容になってるんですか。

山中「都会感のある場所で撮影したんですけど、結構、ダンスパートが多いんですよ」

佐野「M!LKの今までのPVは、田舎っぽいとか、馴染みやすい感じとか、今の僕らを表していたんですけど、今回は少しだけ背伸びして、大人の色気も入ってて。どっか寂しいようなMVなんですけど、サビに歌がない分、ダンスがたっぷりあって。激しめで難易度も高いダンスをやってるので、見応えあるのかなと思います」

塩﨑「今回のダンスは結構いかついね」

佐野「タタタータター、ン、バン!っていう」

吉田「口で言ってもわかんないだろ!」



山中「いや、でも、今言ったように、音にきっちりハメるところもあれば、ためるところもあって」

吉田「めちゃくちゃおもろいよね。すごい細いけど」

塩﨑「あれくらいの方が気持ちいいよね」

山中「この二人(吉田と塩﨑)くらいのレベルになると、“気持ちいい”っていうんですけど、こっちの3人(佐野、山中、曽野)のレベルになると……」

佐野「ちょっと気持ち悪いです!ハマらなすぎて。しかも、舜太は受験もあったからリハができなくて。1日で覚えないといけなかったら、大変でしたね」

山中「でも、みんながすごい助けてくれて。特に勇斗くんは、本当に最後の最後まで“いっしょにやろう”って練習に付き合ってくれて」

佐野「……というのも、僕がいちばんやばかったからです(笑)。自分の確認もありました」

山中「でも、本当にありがたいなって思いましたね」

――タイトルにかけて、ご自身にエナジーを与えてくれるものも教えていただけますか。

曽野「僕は従兄弟の家の犬ですね」

吉田「あはははは。本当にいい子やな、お前」

曽野「可愛いんですよね。なんでも聞いてくれるし、ふわふわだし。チワワとトイプードルなんですけど……」

吉田「小型犬かいっっ!勝手に寄り添ってるくれる感じのゴールデンレトリバーとかを想像してたわ」

曽野「そっちじゃない。可愛い方。癒されますね」

塩﨑「僕は今まで、寝ることがいちばんのエネルギーチャージだと思ってたんですけど、寝れる時間が増えて、毎日、同じ日常だなって思った時期に、甘い食べ物が自分の幸せやエネルギーになることに気づいて。たとえば、なんにもない1日でも、“今日はスタバに行って、新作を飲もう”とか」

曽野「JKじゃん(笑)」

佐野「まじ、JKだよ」

塩﨑「どっかにケーキを食べに行こうとかが幸せ。甘いものが好きなんだなってことに気づいたんですよね。今は、ポイフルをずっと食べてます。いつでもどこでも食べられるから」

山中「今こそポイフルだよね(笑)。僕も寝ることだったんですけど、体を動かすことだなと思い始めて。サッカーが好きなんで、フットサルを……」

曽野「えっ、やろうよやろうよ!いっしょにやろうよー!」

吉田「ちょ、ちょ、うるせー!まだ喋ってる途中だから(笑)」

山中「今はなかなか集まれないんですけど、サッカー仲間とフットサルをやっている時は余計なことを考えずに、サッカーにだけ集中できる。その時間がリフレッシュになるし、終わった後の筋肉痛も気持ちいいですね。仁人くんは元気がない時どうするの?」

吉田「元気のない自分に向き合う」

曽野「本田圭佑じゃん」



吉田「何が原因かを探る。結局は自分の脳みそがエナジーを引き起こしますね。なんで今、自分が元気がないのかの理由を辿っていって、ベットに携帯を投げつけたりします。“しょーもないことやな!”って叫びながら」

佐野「あはははは。いちばんサイコパス。やべえ!」

吉田「それで解決しますね。知らぬ間に沼に落ちた時に、なんで落ちたんだろう?って考えてみることをしますね。あとは、コーヒーを飲んだりとか」

塩﨑「それを先に言えよ」

吉田「コーヒーメーカーでコーヒーを入れて、ほっと一息ついて、終わるってことが多いですね。ドリップコーヒーがうまいのよ」

佐野「あれ?サイフォンやってないの?俺が誕生日プレゼントであげたやつ」

吉田「あれはマジでむずいのよ」

山中「このあいだ、仁人くんの家に行って、初めてコーヒーを飲ませてもらったんですけど、コーヒーメーカーでしたね。サイフォンの機械はしまってありました」

佐野「うっわ!いっしょに買いに行って、欲しいって言われたから、買ってあげたのに!」

吉田「いろいろ大変なのよ。アルコールランプを使うし、濾過用紙もタッパに水を入れて冷蔵庫で保管しないといけなかったりするし……」

佐野「(泣)」

山中「佐野くん、こういうときにエナジーを出すには?」

佐野「うまいね、その聞き方(笑)。僕はね、あんまり見つからなくて。昔だったら、海外に旅行に行くのが好きだったんですけど、今はYouTubeを見ることかな。ぼうっとしちゃうと、うわーってなっちゃうから、YouTubeを見て、ずっと考えるようにしてる。生きる意味とか」

吉田「はい、どーしたー?。はい、心配だー(笑)」

佐野「人として何が大事かとか、対人関係についてとか。今後の人生にいきていきそうなことを勉強してますね。人の話の聞き方、傾聴力とか。あと、最近、買った空気清浄機が癒しです。花粉とか埃とか取ってくれてます」

山中「僕、もう一個、マジでありました。むちゃくちゃお香にはまってて」

佐野「最近、木の香がするなあと思ってたわ」

山中「あははは。バレた?寝る前にお香を焚いて。無印の梅と白檀のスティックがお気に入りです」

塩﨑「俺も最近、めちゃめちゃいいルームフレグランス見つけたよ」

吉田「どんどん出てくるな!」



――あはははは。ありがとうございます!楽曲の話に戻りますね。今回のシングルは3形態でリリースされますが、1枚ずつカップリングが違ってます。まず、初回限定盤のカップリング「行けたら行くよ」はマハラージャンのプロデュース楽曲です」

吉田「みんなが一回は思うようなことですよね。イベントとかご飯に誘われて、“行けたら行くよ”って返すっていう。M!LKは反抗期とか新学期とかの“あるある”を結構、歌ってきたので、いいマッチングだなって思います」

山中「最後、<絶対に行くよ>って言ってるんですけど、自分が会いたい人がいるから行くっていう返事をしてるんですよね。自分の都合だけっていう点では最低ですけど、会いたい人がいれば行くっていうのは人間味があるのかな」

佐野「それはそうだよ。僕はインドアな人なんでめっちゃ共感しますね。本当に会いたい時しか行かないし、ちょっとでもめんどくさいなと思ったら断っちゃうので」

塩﨑「僕、あんまりないですね。夜に出かけない人で、0時過ぎにはもう寝てるんですよ。だから、よく声をかけてくれた方はいたんですけど、何回か断っていると、だんだん来ない子だねってなって。だから、なかなかないっすね。遊び人の吉田さんは?」

吉田「いや、あなたのプライベートはいいから、もうちょっと曲のことを話してください(笑)。M!LKでは「パッパラシュビドゥバ」と同系統の雰囲気ですよね。ちょっとおしゃれでカッコいいけど、カッコよくないところもあるっていう」

塩﨑「ミラーボールが回ってそうな感じかな」

――ラテンのディスコになってますね。ラテンといえば、柔太郎さんのイメージです」

山中「フリ入れがまだなんですよね。作っちゃおうかな?」

塩﨑「いやいやいや、いいです」

吉田「柔太郎くんのはね、いき過ぎたコンテンポラリーダンスになっちゃうから。全力で止めないといかん」



――(笑)続いて、通常盤の「何処へ」はコバソロによるピアノバラードですね。

塩﨑「YouTube界でも有名な方なんですけど、男性アーティストに楽曲を提供するのは僕らが初めてみたいです。打ち合わせもちゃんとお会いして、曲を作ってもらって。そこでいろいろお話したエピソードが歌詞の中に隠されているので、コバソロさんに作ってもらった曲ですけど、僕たちもいっしょに参加して作ったような気持ちになってます」

佐野「僕は昔から知ってて、カバー動画を見てたので、楽曲を提供してもらえることがわかったときはめちゃめちゃ嬉しかったですね。実際にお会いしてもすごく優しくて気のいい方でしたし、すごい感情を込めて歌えたし、好きっす」

山中「見えてないものを追いかけているような歌詞になってて。歌詞的にもメロディ的にも、後半に連れてテンションが上がっていくんですよね。僕はAメロの最初を歌わせてもらってるんですけど、そこでわからなかったことが、最後にわかる。その辺を無意識に意識していたと思います」

曽野「前のアルバムに入っていたバラード「君がくれた宝物ならココにある」は、これまで歩んできた過去を大切な財産として振り返りっていたんですけど、今回はこれまでを噛み締めながらも、ちゃんと未来を歌っている気がしてて。M!LKの中でも、また違うベクトルのバラードになったんじゃないかなと思ってて。しみじみとしつつも、前に向かう力強さがあるなって思います」

吉田「僕は、昔、自分がなりたかったものと今の自分、自分と自分で対話している感じがしてて。多くの人にとって、昔、夢見ていた自分と今の自分は違っていると思うんですよ。歌詞の中に<憧れ>と<現実>が交差してて。僕の中ではこの仕事に憧れていたので、しっかり進めてはいるんですけど、うまく行かないこともあって。そういう気持ちが蘇ってきたんですよね。自分たちが通ってきた道だからこそ、みんながエモーショナルに歌えるところもあるだろうし、聴いてくれる方も共感していただけるんじゃないかなと思いますね」



――そして、FC限定版にはVtuberのsumeshiii a.k.a.バーチャルお寿司による「君とスクロール」が。

山中「これ、僕、好きなんですよね。バーチャルユーチューバーさんなので、ポップな曲なのかなって思ったんですけど、明るいのに涙出てきちゃうような曲調になってて。歌詞は、これ、幸せだなと思うので、ハッピーになりますし、もし思う相手がいるんだったら、重ねられる部分も多いんじゃないかなと思います。素敵な歌です」

曽野「わりと幸せな二人だよね」

吉田「安定期に入った恋人たちって感じかな。波はないけど、見逃しそうな他愛のないことを幸せに感じているところが、いいよなあって」

塩﨑「そばにいるのが当たり前になってきちゃうからね」

吉田「ただ、恋人同士だけじゃなくても当てはまると思うんですよ。友達でもいいし、僕たちで言えば、メンバーのことだったりするしね」

塩﨑「僕、東京と和歌山を通ってた頃、飛行機にWi-Fiがなかったんですよ。携帯で何もすることがなくて。その時よく、スクロールして、いろいろと思い出を振り返ってたんですよね。その時のことを思い出しましたね。今の時代、アルバムを開くっていうより、携帯でスクロールするのが日常的になってて。この時代からこその曲だなって。アルバムを見返すのではなく、スマホをスクロールして思い出を蘇らせるっていう」

曽野「僕、明日、卒業式なんです。だから、卒業にも結びつけられるし、今の自分と重なるなって思ってて。写真じゃなくて、みんなでやってた他愛もないLINEを振り返ってみると、いい思い出になってるなって思って、じわっときましたね」

佐野「俺、太智が小さい頃に裸でブリッジしてる写真をよく見返したりします(笑)」

吉田「僕は富士急の戦慄迷宮で卒業したメンバーも含めた5人で写真を撮ったことがあって。みんなが、変な顔してるやつ。あれは見返したりしますね」

山中「ファンクラブの企画でお化け屋敷に行った時に、太智君が出てくる時の映像が残ってて。壁にぶつかって激突する、あの映像を元気がないときによく見返してます。それもエナジーです」

曽野「太智くんはほんとにエナジーくれるんですよ。受験勉強で大変な時に、柔ちゃんが、太智くんと勇斗くんが恋愛シチュエーションを練習してる映像を送ってくれて。大好きで4回は見ましたね。めちゃくちゃ面白いですよ。元気もらえるし、ほんとにサイコーです」



――4組のクリエイターとのコラボシングルが完成して、“energy”を冠にした有観客の東名阪ツアーも決定してます。

佐野「たくさんの新しい試みをさせてもらったシングルができて。丑年=M!LKイヤーの一発目新しいM!LKを見せれたんじゃないかと思ってます。そして、ようやく、1年以上ぶりにファンの方と会えるツアーが決まって。来てくれるお客さんも声を出したりとかはできないですけど、久しぶりに会えて嬉しいという気持ちを全面に出しつつ、やっぱりM!LKっていいなって思ってもらえるように、準備していけたらなと思います」

塩﨑「意外にもお客さんの前でこの5人でワンマンのツアーをやるのは初めてなんですけど、それまでの経緯や辿ってきたものをライブで感じ取ってもらえたらいいなと思いますし、僕たちは1年ぶりのライブでワクワクしているので、ぜひいっしょに楽しんでいただけたらなと思います」

山中「ステージから見る景色を忘れている部分もあるので、お客さんの熱気に圧倒されないようにしたいですねし、みんなにエネルギーを与えられたらなと思います」

曽野「ライブは僕たちが主体となってやりますけど、やっぱりいっしょに作り上げていくものだと思うんですね。歓声とか、みんなの熱量を受け取って、また僕たちも盛り上がって返すっていう。そういう相乗効果ができるのが楽しみですし、キャッチボールができたら嬉しいなと思います」

吉田「2021年、丑年という、M!LKにとっては頑張っていきたい年の一発目。すごく気合いが入ってるんですけど、まさに一発目に相応しいようなシングルが出来上がったかなと思います。そして、僕はこれほど誰かの前でパフォーマンスをしないことがなかったんですね。ダンスを始めて以来、1年も開くのは人生初なので、今から体力づくりとか、もう1回やり直していかないといけないと思ってます。何より、僕はライブの日を楽しみに生きているし、皆さんもしっかりと予防と対策をして、次のライブもできるように、お互いに準備万端で楽しく臨めたらいいなと思います」

塩﨑「丑年はこれで終わりじゃないですかね。これからも色々たくさん用意しているので、ぜひ楽しみに待っててください!健康第一で !!」

(おわり)

取材・文/永堀アツオ
写真/いのうえようへい



M!LK SPRING TOUR 2021 “energy” (ローソンチケット)
4月17日(土)カルッツ川崎(神奈川)
4月18日(日)カルッツ川崎(神奈川) ※2部制
4月27日(火)ダイアモンドホール(愛知) ※2部制
5月4日(火)なんばHachi(大阪) ※2部制

M!LK

※ライブ、イベントの内容は開催当日までに変更される場合があります。必ずアーティスト、レーベル、主催者、会場等のウェブサイトで最新情報をご確認ください。





M!LK
M!LK「energy」
2021年3月24日(水)発売
初回限定版(CD+DVD)/ZXRC-1242/2,420円(税込)
SDR
M!LK
M!LK「energy」
2021年3月24日(水)発売
通常盤(CD)/ZXRC-1243/1,100円(税込)
SDR
M!LK
M!LK「energy」
2021年3月24日(水)発売
FC限定盤(CD+DVD)/ZXRC-1244/3,300円(税込)
SDR




J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play