FL_210805_USEN-HITS_main2

選曲家の声
2021.08.05

米津玄師が、エド・シーランが、氷川きよしが、首位獲得!――月間 USEN HIT ランキング サマリー(2021年7月)

2021年7月度の「月間 USEN HIT J-POPランキング」、「月間 USEN HIT 洋楽ランキング」、「月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング」のサマリーをお届けします。
※8月4日発表。集計期間は2021年7月2日から2021年7月29日まで

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



月間 USEN HIT J-POPランキング
グループ初のポップなラヴソングで”しゅわきゅんサマー”を彩るSnow Man

1.米津玄師「Pale Blue」
2.Snow Man「HELLO HELLO」
3.星野源「不思議」
4.Official髭男dism「Cry Baby」
5.あいみょん「愛を知るまでは」
6.優里「ドライフラワー」
7.≠ME「君はこの夏、恋をする」
8.King&Prince「Namae Oshiete」
9.Kroi「Balmy Life」
10.ENHYPEN「Given-Taken(Japanese Ver.)」


【サマリー】
米津玄師「Pale Blue」が2ヶ月連続1位を獲得した月間 USEN HIT J-POP。昨年1月にデビューした9人組アイドルグループ、Snow Manの4枚目シングル「HELLO HELLO」が月間ランキング2位に急浮上です!本楽曲を主題歌として起用している大ヒット公開中の映画『ハニーレモンソーダ』では、メンバー最年少のラウールが主役”レモンソーダ男子”を務めます。実写化してほしいマンガランキング第1位の大人気少女コミックが原作とあって、爽やかな胸キュン青春ラブストーリーが話題を呼び、Snow Man初のラヴソングとなるこの曲で、週間ランキング1位を初獲得しました。

また、8位に初登場したKing&Prince「Namae Oshiete」は、7月21日リリースアルバムの表題曲で、2019年にアメリカ・LAでレコーディングされた全編英語詞の新曲。エキゾチックでトロピカルなダンスミュージックとともに、グローバルな活躍を見せ始めています。新たなチャレンジで勢いに乗るこの夏のジャニーズグループ。ますます魅了してくれそうです!

米津玄師

米津玄師「Pale Blue」

SnowMan

Snow Man「HELLO HELLO」



月間 USEN HIT 洋楽ランキング
TOP20内に初登場曲がひしめく中、エド・シーランの新曲が初登場1位を獲得!

1.エド・シーラン「バッド・ハビッツ」
2.オリヴィア・ロドリゴ「グッド・フォー・ユー」
3.ラウ・アレハンドロ「トド・デ・ティ」
4.カルヴィン・ハリス「バイ・ユア・サイド feat. トム・グレナン」
5.ブルーノ・マーズ、アンダーソン・パーク&シルク・ソニック「リーヴ・ザ・ドア・オープン」
6.マネスキン「ベギン」
7.ブランディー「スターティング・ナウ」
8.ネイサン・エヴァンズ「ウェラーマン(220 Kid×Billen Ted Remix)」
9.ドージャ・キャット「キス・ミー・モア feat. シザ」
10.エイバ・マックス「エヴリタイム・アイ・クライ」


【サマリー】
「シェイプ・オブ・ユー」(2017 年間 USEN HIT 洋楽ランキング 1位)を筆頭に人々の心を魅了する楽曲を世に生み出し続けるエド・シーラン。今年秋にリリース予定の5枚目となる最新スタジオアルバムに期待が膨らむ中、新曲「バッド・ハビッツ」がいきなり1位にランクインです。エド・シーランの月間ランキング1位の獲得は、1、2月度の月間ランキング1位を獲得した「アフターグロウ」以来で、今年2曲目となります!

エド・シーランに阻まれて2位となったのは、今年1月にリリースしたデビュー曲「ドライバーズ・ライセンス」で大ブレイクを果たした、現役女子高生アーティスト=オリヴィア・ロドリゴの「グッド・フォー・ユー」。この曲も収録された待望のデビュー・アルバム『サワー』が先月リリースされ、世界が最も注目するミラクル新人の動向に目が、耳が離せません。

エド・シーラン

エド・シーラン「バッド・ハビッツ」

オリヴィア・ロドリゴ

オリヴィア・ロドリゴ「グッド・フォー・ユー」



月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング
氷川きよし「南風」が更なる進化を遂げて月間ランキング1位に返り咲き!

1.氷川きよし「南風」
2.新浜レオン「さよならを決めたのなら」
3.丘みどり「みどりのケセラセラ」
4.葉月みなみ「許さないで…ねぇ」
5.永井裕子「華と咲け」
6.中澤卓也「約束」
7.山内惠介「古傷」
8.池田輝郎「しぐれの酒場」
9.三山ひろし「浮世傘」
10.一条貫太「酒場の花」


【サマリー】
4月の月間ランキングで1位を獲得した氷川きよしの2021年の勝負曲「南風」。3月に発売されたこの曲が新たにカップリング曲にご当地ソングを収録し、白シャツにデニムを着たさわやかなビジュアルへと進化して7月20日に発売されました。その勢いもあって、今月の月間ランキングで再び1位を獲得!

話題の新曲では、思わず笑顔で一緒に口ずさみ、踊りたくなるハッピーオーラいっぱいの丘みどりの新曲「みどりのケセラセラ」がケセラセラ~♪っと3位に。8位には民謡仕込みの美声と気さくな人柄が人気の池田輝郎、約15ヶ月ぶりの待望の新曲「しぐれの酒場」が。そして、心に響く”ビタミンボイス”の三山ひろし2021年第2弾シングル、男の生き様を歌った本格演歌「浮世傘」が9位に初登場でランクインしています。

氷川きよし

氷川きよし「南風」

丘みどり

丘みどり「みどりのケセラセラ」













J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play