enj_201229_moritaka_main

トピックス
2020.12.29

森高千里オンラインライブ第3弾「今度は森高千里が選ぶ1回目2回目のライブ配信では歌わなかったマイフェイバリット・マイソングス~森高千里ライブ2020 FINAL」開催!

12月29日、森高千里が2020年を締めくくる「今度は森高千里が選ぶ1回目2回目のライブ配信では歌わなかったマイフェイバリット・マイソングス~森高千里ライブ2020 FINAL」オンラインライブを開催した。

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



2020年は、中止や延期なってしまった公演に代わって、精力的に配信ライブを開催してきた森高千里。その第1弾は、7月の「配信デビュー!初!ファンが選ぶ森高ソングベスト10!!~森高千里歌唱にてドキドキの発表!~」として、初めてファンからのリクエストに応えるかたちでコットンクラブを舞台に行われた。

第2弾は、10月にZeppDiverCityで開催された「森高千里ライブ2020~音楽評論家・小貫信昭が選ぶ“深淵なる名曲”ベスト20」。こちらは限定65人の観客を招き、バンド編成でパフォーマンス。

そして、第3弾の今回は、ZeppHanedaのキャパシティ半分相当の550人を集客して行われた「今度は森高千里が選ぶ1回目2回目のライブ配信では歌わなかったマイフェイバリット・マイソングス~森高千里ライブ2020FINAL」。こちらもタイトルどおり、1回目と2回目のライブ配信では歌わなかったセットリストになった。数年前にライブを観たというCAPSULEの「moremoremore」をはじめ、森高千里が選んだちょっとこだわりのあるお気に入りの曲を披露した。






森高千里もライブ中のMCで「今年は、決まっていたツアーも出来なくなってしまって、歯痒い気持ちがいっぱいでした。皆さんにどういう形で、歌をお伝えできるかなといろいろ考えてきました、今回の3回目は、私が好きな曲を選ばせていただきました。皆さんの、好きな曲が入っていてくれたらうれしいですけれども、入っていましたか?お客さんがいて、そしてバンドのメンバーがいてという状況は、すごく暖かい気持ちになりました。

配信は、お正月アーカイブ配信も終了ギリギリまで何度も楽しんでいただけるとうれしいなと思います。

そして、2021年、皆さんとまたお会いできる時が来ることを願いながら、また頑張っていきたいなと思います。皆さんも風邪を引かないように、そしてコロナに負けないように、頑張っていただきたいと思います。

2020年も本当にありがとうございました。楽しかったです!」と会場と、配信で視聴しているファンへのメッセージを残していた。





森高のコメントにあるとおり、この配信ライブはStreaming+にて2021年1月4日までアーカイブ視聴可能とのこと。





■今度は森高千里が選ぶ1回目2回目のライブ配信では歌わなかったマイフェイバリット・マイソングス~森高千里ライブ2020FINAL Streaming+
2020年12月29日(火)@ZeppHaneda ※2021年1月4日(月)までアーカイブ配信





森高千里
森高千里『「この街」TOUR 2019』
2020年8月26日(水)発売
Blu-ray/WPXL-90233/6,500円(税別)
DVD/WPBL-90549/6,500円(税別)
WARNER MUSIC JAPAN




J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play