リアム・ギャラガー『カモン・ユー・ノウ』

ソロとしては3枚目となる最新作

マンチェスターが誇るロックンロール・スター、リアム・ギャラガーをご紹介します。
ソロとしては3枚目となる最新作『カモン・ユー・ノウ』をリリースしたリアム。今回も引き続きグレッグ・カースティンが手掛け、ファースト・シングルとなる「Everything Electric」ではデイヴ・グロールも参加!
オアシス、そしてビーディ・アイの解散を経て完全復活を果たした前作から一転、新たな音作りに挑戦し新天地へ辿り着いたことを感じさせる意欲的なアルバムとなっています。
今作と同時リリースの2020年12月に有料ストリーミング・ライヴとして全世界配信されたライヴ音源『ダウン・バイ・ザ・リバー・テムズ』も要チェックです。

USENのアーティスト特集でも6月20日からの1週間、彼の特集を放送。こちらも是非チェックしてみてください。

6/20(月)~6/26(日)の特集はリアム・ギャラガー!ーアーティスト特集 WEEKLEY 洋楽

レビュー・USENディレクター/洋楽/Akkie

DISC INFOリアム・ギャラガー『カモン・ユー・ノウ』

2022年5月27日(金)発売
国内盤CD/WPCR-18502/2,860円(税込)
ワーナー


購入リンク

FKJ『ヴィンセント』

待望の2ndアルバムをリリース

様々な楽器を操る天才マルチ奏者、FKJことフレンチ・キウイ・ジュースが、超ロングセラーとなったデビューアルバム『French Kiwi Juice』以来となる待望の2ndアルバム『VINCENT』をリリース。先行リリースされた伝説のギタリスト、サンタナとの「Greener」では、哀愁のギターが全編に響き渡るネオソウル・ジャムに仕上がっており、相変わらずの極上グルーヴを披露してくれています。時代のトレンドに合わせつつも、ジャンルにとらわれず唯一無二のスタイルを貫くサウンドは注目です。トム・ミッシュ、ジェイムス・ブレイク、ジェイコブ・コリアーのような音楽が好きな方にお薦めの1枚となっております。

USENのアーティスト特集でも6月27日からの1週間、彼の特集を放送。こちらも是非チェックしてみてください。

6月27日(月)~7月3日(日)の特集はFKJ!ーアーティスト特集 WEEKLY 洋楽

レビュー・USENディレクター/洋楽/Y.S

DISC INFOFKJ『ヴィンセント』

2022年6月10日(金)発売
国内盤CD/BRC-698/2,420円(税込)
ビートインク


購入リンク

UMI『フォレスト・イン・ザ・シティー』

"ヒーリング・ネオソウル"、UMIの最新作

"ヒーリング・ネオソウル"と形容され、R&Bシーンに新たな潮流を生み出すUMIが最新作『フォレスト・イン・ザ・シティー』をリリース。日本人でピアニストの母、ドラマー兼ギタリストでアメリカ人の父のもと日米をルーツに持ち、幼少期より創作活動を開始する神童っぷりを発揮。ピアノ、ギター、ウクレレなどを片手にハイスクール時代よりインターネット上での活動が注目を集め、2018年には初のEPをリリースしストリーミング・ヒットを記録。本作では、彼女がこれまでに体験し心に刻まれてきたパーソナルな部分と、"癒し"や"自然"を通じて対応していく様を深く追求する姿が魅力に。2つの国に寄り添う自身のアイデンティティにて昇華された1枚であり、過去にもあった日本語リリックを織り交ぜた楽曲など、日本人リスナーも嬉しいグローバルな楽曲ももちろん収録されています。

レビュー・USENディレクター/洋楽/3

DISC INFOUMI『フォレスト・イン・ザ・シティー』

2022年5月27日(金)配信
ソニー


購入リンク

関連リンク

一覧へ戻る