月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング

丘みどり、2022年の幕開けを飾る“情念ソング”が初登場1位!喜びの声も到着!

1.丘みどり「雪陽炎」
2.辰巳ゆうと「雪月花」
3.市川由紀乃「都わすれ」
4.夏木綾子「海峡の雪」
5.福田こうへい「一番マグロの謳」
6.金嶋昭夫「新宿しぐれ」
7.前川清「胸の汽笛は今も」
8.三山ひろし「花恋歌~はなれんか~」
9.原田波人「永遠の一秒(Stretched love)」
10.氷川きよし「Happy!


【サマリー】
昨年は5月に結婚、10月に第1子を出産と、大きく環境が変わる1年となった丘みどり。2022年の幕開けを飾る新曲「雪陽炎」は、古来より日本に伝わる雪女の伝説をベースに描かれたファン待望の情念ソングです。人間の男性を愛してしまった雪女の葛藤や情念を描いた、激しくも繊細でドラマチックかつ、スケール豊かな丘みどりの歌世界が全国に街鳴りし、初登場で1位を獲得しました!
注目の新曲では、音楽ストリーミングサービス「Spotify」公式プレイリスト「Enka Now」のカバー画像となった市川由紀乃の2022年勝負作「都わすれ」が初登場3位に。そして、7年連続で『NHK 紅白歌合戦』に出場し、けん玉ギネス記録を見事更新した三山ひろしの新曲「花恋歌~はなれんか~」が8位に初登場しています。

Message from 丘みどり


月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング1位、本当にありがとうございます。

2022年の幕開け、丘みどりとしては第二章のスタートの勝負曲になります
「雪陽炎」が多くの皆様に聴いていただけたこと、素直に嬉しいです。そしてとても励みになります!
これからも、一人でも多くの方に歌声をお届けできるようしっかりと歌の道を歩んで参ります。

感謝

丘みどり

月間 USEN HIT J-POPランキング

ヒゲダン、月間ランキング制覇は「Anarchy」で歴代最多の5曲目!

1.Official髭男dism「Anarchy」
2.マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」
3.King Gnu「一途」
4.Aimer(エメ)「残響散歌」
5.優里「ドライフラワー」
6.あいみょん「ハート」
7.優里「ベテルギウス」
8.Ado「心という名の不可解」
9.King Gnu「逆夢」
10.LiSA「明け星」

【サマリー】
Pretender」「宿命」「I LOVE...」「パラボラ」と、近年の月間ランキング首位を度々獲得しているOfficial髭男dism。今年17日にリリースした配信シングル「Anarchy」が、ついに歴代最多となる5曲目の制覇を達成しました!今作もタイアップはおなじみ『コンフィデンスマンJP』シリーズ。114日公開の映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』主題歌として話題もあって、勢いよく初登場での1位獲得となりました。さらに、これまでのリリース楽曲では延べ14曲がランクイン、週間ランキングでは7曲も1位を獲得していて、そのヒット曲の多さ・強さから、彼らの生み出すオリジナル曲とアーティスト性の魅力が、幅広い世代で確固たる人気を得ていることが窺えます。“ヒゲダンの曲を聴くと元気になる!”という多くの人のために、今年も大いに活躍してくれそうです!

月間 USEN HIT 洋楽ランキング

アデル「イージー・オン・ミー」が先月に続いて2ヶ月連続1位に!

1.アデル「イージー・オン・ミー」
2.セバスチャン・ヤトラ「2匹のオルギータス」
3.ドージャ・キャット「キス・ミー・モア feat. シザ」
4.ザ・キッド・ラロイ×ジャスティン・ビーバー「ステイ」
5.アバ「ドント・シャット・ミー・ダウン」
6.リル・ナズ・X「インダストリー・ベイビー feat. ジャック・ハーロウ」
7.エド・シーラン「シヴァーズ」
8.アヴリル・ラヴィーン「ラヴ・イット・ホウェン・ユー・ヘイト・ミー(feat. ブラックベアー)」
9.アヴリル・ラヴィーン「バイト・ミー」
10.エド・シーラン「バッド・ハビッツ


【サマリー】
待望の最新アルバム『30』が絶好調のアデルがその勢いのまま「イージー・オン・ミー」で今月も月間ランキング1位を獲得しました!
そして、ポップ・パンクのルーツに立ち返った待望のアルバム『ラヴ・サックス』のリリースを控えたアヴリル・ラヴィーンがTOP10内に2曲ランクイン。「バイト・ミー」(9位)に続く新曲「ラヴ・イット・ホウェン・ユー・ヘイト・ミー(feat. ブラックベアー)」が8位に初登場です。爽快なポップ・パンクはまさに最強無敵のロック・プリンセスが戻ってきたとファンを喜ばせています。そのアヴリルを挟むようにランクインしているのがエド・シーラン。ロングヒット中の「バッド・ハビッツ」(10位)は昨年7月から、「シヴァーズ」(7位)は昨年10月から月間ランキングのTOP10内にランクインし続けています!

関連リンク

一覧へ戻る