enj_20210818_手越祐也_main

特集
2021.08.18
手越祐也×音楽 スペシャルインタビュー

Vol.2 手越祐也×「ARE U READY」

いよいよソロとしての音楽活動を始動した手越祐也。6ヵ月連続となるデジタルシングルの第2弾は8月18日リリースの「ARE U READY」。encoreでは、「手越祐也×音楽」なるテーマで6ヵ月に渡って彼の音楽活動に迫る

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



――7月7日に配信された「シナモン」で音楽活動を再始動させました。手越くん自身、手応えは感じましたか?

「はい。やっと待ちに待った活動がスタートしたという実感もありましたし、待ってくださっていたファンの方はもちろん、こういう状況になって初めて僕の歌を聴いてくださった方もいらっしゃったんですね。そういう方からの反応もすごく僕の元に届いたので、改めて音楽活動の楽しさを感じました」

――どんな声が嬉しかったですか?

「前回のインタビューでも話したと思うんですけど、「シナモン」は、いい意味で期待を裏切れたなって思うんですよ。“こういう曲で来るんだ!?”っていう反応がすごく多かったですから。それに音楽をやっている僕に馴染みのなかった方は、バラエティに出ている手越は知っているけど歌は聴いたことがなかったと思うんですね。そういう人たちも「シナモン」を聴いて、こんなに真っすぐなラブバラードをこんな声色で歌うんだって知ってくれた。その結果、“今までとイメージが変わった”っていう声がたくさん届いたんですよ。だから、そういう反応も嬉しかったですね」

――しかも今回リリースされる第2弾の「ARE U READY」は、「シナモン」とは全くタイプの違う楽曲。とても疾走感あるロックチューンになっています。もちろん「2021 荒野CHAMPIONSHIP-夢への道」のオリジナルテーマソングということもあるとは思いますが、どういう経緯でこの曲を第2弾に選んだんですか?

「実は「シナモン」よりも前に「ARE U READY」自体はあったんですよ。でも、「荒野CHAMPIONSHIP」のお話をいただいたので、まずはそれをイメージして楽曲全体を制作していきました。僕自身もゲームの「荒野行動」はプレイするんですけど、このゲームは自分のために周りを倒しながら進んでいって、最後にチャンピオンになることを目指す作品なんですね。でも、ひとりで出来るゲームではないので、その中には戦術もありますし、仲間を大切にする気持ちも入っているんです。しかも、作っているときにはタイミング的に“第2弾になりそうだな”っていう想像がついていた。だから、自分自身にものすごく重なる歌詞にもなっていると思いますね」



――手越くんは、もともとロック好きなので、本領発揮という感じですよね。

「そうですね。僕の音楽ルーツは、どちらかというとロックにある。それも含め、『手越祐也第2章』として音楽活動を進めていくに当たってピッタリな曲になっていると思います。僕自身も先頭に立ってグイグイ引っ張っていくのが好きなタイプ。この曲のストレートな歌詞は、そういう自分の性格にも合っていますし、世間に対して伝えたい歌詞にもなっていると思いますから」

――すごくメッセージ性がある歌詞なので、聴いている人も鼓舞されると思います。

「素晴らしい歌詞だと思いますね。今回も曲を作る際は僕自身も歌詞のイメージ、曲のイメージ、バックサウンドのイメージを細かく伝えているんですよ。だから、歌詞を見て、“ここは少し直してほしい”とか、“もっとこういう言葉のほうが歌いやすい”っていうようにいろいろリクエストさせてもらいました。そうやってマイナーチェンジを繰り返しながら完成した曲なので、しっかり自分の気持ちも反映させることができています」

――手越くんの歌い方もとてもパワフル。聴き手のハートに響くような力強さがありますが、どんなところにこだわりましたか?

「これは全曲そうなんですけど、最初に歌に入るときの声色には、めっちゃこだわりましたね。それとラスサビに向かって、どんどん階段を駆け上がっていくように熱量が増していく。そういう発声の仕方や歌い回しの仕方も心がけました。どんな曲にも言えることですけど、今回は強い楽曲だからこその試行錯誤をいろいろな部分で繰り返しましたね」

――確かに。パワフルな曲だからといって一本調子になるのではなく、微妙なニュアンスを様々なところで出しているのを感じました。

「やっぱりレコーディングのときの歌い方とライブなどでお客さんを前にしたときの歌い方は違うじゃないですか。だから、配信するものに関しては、みなさんがイヤホンで聴いたときに一番いい。そういう着地点を目指したんです。それに今って、みなさんのメンタルがかなり弱っていると思うんですよ。国民全体のメンタルが、どちらかというとマイナス。そういう状況で攻めすぎても、聴いてくれる人を置いてきぼりにしちゃうと思ったんです。そうじゃなく、僕はどこかでみなさんに寄り添いたかった。それだけに強さがありながらも、包み込むように優しく歌っている部分も入れることを考えましたね」



――内容的にも今だからこそ響くメッセージもたくさん入っていますしね。

「はい。今の時代をすごくリアルに反映させた歌詞になっていると思いますし、僕自身にも重なることが多いです。2番のAメロに<突然の逆境>というフレーズが出て来るんですけど、逆境って誰にでも訪れると思うんですよ。今は順風満帆でも、誰しもがずっと100点満点でいられることなんてないですし、コロナ禍の状況も、ひとつの逆境だと思いますから。僕自身も独立したことで、逆境は正直めちゃくちゃあったんです。でも、それを乗り越えたおかげで今は楽しくやっているので、逆境で心が折れちゃうのはもったいない。それを乗り越えたら、絶対に笑顔が待っていることを僕は何回も経験してきているので、それをみんなにも体験してほしいんですよ。そのためにも少しでもこの曲で背中を押せたらいいと思っていますね」



――「ARE U READY」の歌詞には<夢を夢で終わらせるつもりはない>とか<未来は自分で切り開け>、<怖くたって楽しめばいいだけ>というような印象的なフレーズがありますよね。これは手越くんも思っていることですか?

「そうですね。一歩踏み出した人にしか見られない景色って、絶対にあるんですよ。チャレンジって怖いので、チャレンジしないほうがラクだとは思うんです。でも、僕はチャンジしたおかげで、今、素晴らしい景色が見えつつある。もちろん今だけじゃなく、サッカー始めたときも芸能界入りしたときもそうですけど、そうやってチャレンジを続けたからこそ、今までの幸せな人生があったんだと思うんですよ。だから、僕は死ぬまで現状には満足せず、変化を恐れず、チャレンジし続けたいなと思っていますね」

――そういう手越くんの生き方にも「ARE U READY」は合っていますし、今まで以上に不特定多数のリスナーが聴いてくれる可能性のある楽曲だと思うので、いろいろな状況にある人がグッとくるのではないかと思います。

「しかも、今回の楽曲はゲームの中でも流れますからね。ゲームをずっとやってきた人って、流行りの音楽とかは、そんなに聴いてきていない人が結構いると思うんですよ。そういう人たちの耳に入るチャンスをいただけたというのは、めちゃくちゃ嬉しくて。実際にゲーマーからの反響も実際すごくありました。僕もゲーマーで、ゲーマーは仲間だと思っているだけに(笑)、それも嬉しかったですね」

――MVは現時点ではまだ撮影前だということですが、どんな映像になりそうですか?

「「荒野CHAMPIONSHIP」も戦うゲームなんですけど、誰もが人生の中で常にいろんなところで戦っていると思うんですね。だから、そういう人たちの思いをミュージックビデオに乗せられたらいいなって思っています。「シナモン」は純愛を表現した楽曲だったので、色彩もキレイであでやかでしたけど、それとは全然違う世界観になると思いますね」



――そして、9月には「JOIN ALIVE 2021」や「黒フェス2021~白黒歌合戦」への出演も決まっています。歌手として、こういうフェスに出演することに対する思いはありますか?

「僕は昔からフェスには絶対に出たほうがいいと思っていた派なんですよ。やっぱり自分たちのライブって、普段CDを買ったりしない人は、まず見に来てはくれないと思うんですね。でも、アーティストを続けていく以上、今のファンは大事にしつつ、新しいファンを増やしていくことは間違いなく必要。だからこそ、フェスに出ることには意味があると思うんです。特に「JOIN ALIVE」なんて、バンド畑でやってきた一流アーティストだらけのフェス。そういうフェスに来るのはバンドファンばかりですし、バンドファンの人たちって、アイドルに対して“音楽は本気じゃないだろ?”って思っているところがあると思うんですよ。だって、僕自身、バンドの人たちのことはリスペクトしていますからね。今、僕は「スぺプラ手越 ~Music Connect~」っていう番組でバンドの方にゲストに来ていただいていますけど、やっぱりみなさんカッコいいんですよ。最初はお客さんが5人とか10人のライブハウスから始まり、徐々に動員を増やしてアリーナ公演にたどり着いたとかね。それは自分たちの音楽を信じていたからだと思うんです。僕は、今まではそういうこととは無縁の世界にいただけに、純粋にすごいと思いますし、ファンの方との絆の強さも感じるんですよ。ただ、僕はアイドル時代から音楽は本気でやってきていますし、歌もバンドのボーカルに引けを取らない自信がある。だから、バンドファンの人たちの前で歌えることは、プレッシャーもあるけど、最大のチャンスでもあると思っていますね」

――アーティスト=手越祐也を認めてもらえる場になるかもしれないですからね。

「そうなんです。今まさにリハーサル中なんですけど、そこで初めて手越祐也の音楽を聴く人の胸を打ち抜けるような最高のパフォーマンスをするために、最高の準備をしようと思っていますね。だから、楽しみで仕方ないんですよ。僕は昔から高いハードルになればなるほど燃えるタイプですから」

――では、今後もそういう他流試合のようなものには積極的に参加する予定ですか?

「はい。お声がけいただけるのであれば、絶対にやっていったほうがいいと思っています。同じような環境でばかりやっていたら間違いなく慣れ合っちゃいますし、あたかも自分はどこでも通用するって勘違いしちゃうと思うんですね。だから、高いレベルを見ておくことは必要だと思っています。実は自分のツアーのあとに陸前高田で復興ライブもするんですけど、そうやって僕のことを頼ってくださる方たちの力に少しでもなれるのであれば、ぜひ、協力させていただきたいですね。それが独立してフットワークが軽くなった僕のストロングポイントでもあると思いますから」

――そうやって傷ついた人たちを勇気づけることはアーティストの使命だと思いますし、エンターテイメントの力だと思います。

「僕もそう思います。僕自身、日本がとても好きなので、力になれたら幸せですね」

――さて、現状は第2弾まで進んだわけですが、今後のリリースの展開についてもわかる範囲で教えてください。

「僕自身はジャンルはしぼらず、今までやってきたようにオールジャンルでやっていきたいと思っていますね。どんなジャンルの曲でも歌い分けられる自信はあるので、1曲1曲がサプライズになるような作品をリリースしていきたいと思っています。やっぱり応援してくださる方たちに毎回ワクワクしていただきたいなって思いますし、そうなるような曲がこの先も待っている。だから、僕自身、みなさんの反応を楽しみにしていますね」

――今後の展開も楽しみにしています。また来月もよろしくお願いします!

(Vol.3につづく)

取材・文/星野 櫻
写真/encore編集部







LIVE INFO
■手越祐也 LIVE TOUR 2021「ARE YOU READY?」

2021年9月14日(火)Zepp Osaka Bayside
2021年9月15日(水)Zepp Nagoya
2021年9月21日(火)Zepp Haneda


■JOIN ALIVE 2021
2021年9月4日(土)いわみざわ公園(野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地)

■黒フェス2021~白黒歌合戦~
2021年9月6日(火)東京ガーデンシアター





手越
手越祐也「ARE U READY」
2021年8月18日(水)配信
フォーライフミュージック
手越
手越祐也「シナモン」
2021年7月7日(水)配信
フォーライフミュージック




J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play