米津玄師は、ファッションブランド「LOEWE」が日本展開50周年を迎えた今回のタイミングで、FW23メンズコレクションキャンペーンに登場したことが発表された。

本キャンペーンは、米津玄師の“創造空間“を再現したスタジオにて撮影を敢行。スタジオには、米津が影響を受けた作品が集められ、スタジオジブリ宮﨑駿監督作品をはじめ、宮沢賢治『春と修羅』など、詩集や小説、漫画、画集、楽器が並ぶなか、フランスの写真家アルノー・ラジュニが撮影を手がけた。コレクションは、やわらかなラムスキンで作られたツイステッドコートやピクセルのジーンズ・デニムジャケット、ラムスキンのワークウェアジャケットなど「ロエベ FW23メンズコレクション」の最新ルック。

LOEWE」は、スペインに本社を構えるレザーとクラフトを軸としたブランド。1846年にスペインのマドリードにて皮革製品の工房として創業し、以来177年にわたって世界有数のラグジュアリーブランドとして知られている。2013年にジョナサン・アンダーソンがクリエイティブ ディレクターに就任して依頼、クラフトに特化したブランドとして変革を続け、今年度で日本展開50周年を迎えた。

当キャンペーンは、8月7()より屋外広告が順次全国展開されるほか、カサロエベ東京とロエベ表参道にてFW23メンズコレクションのポップアップイベントも開催決定。

ジョナサン・アンダーソン(LOEWE クリエイティブ ディレクター)コメント

アジアで最も影響力のある音楽アーティストの一人である米津玄師とコラボレーションできたことは光栄です。コレクションにおいて私はよく男性の感性について探求しますが、米津氏の音楽の持つ曖昧で内省的なエネルギーは、ロエベのメンズウェアと共鳴していると感じます。今年はロエベの日本展開50周年でもあり、タイミングも完璧でした。このような意味のある文化的対話を、今後も続けられることを楽しみにしています。

■ポップアップイベント開催
8月16() - 823()
カサロエベ東京、ロエベ表参道の2店舗にて開催
都内2ヶ所の直営店、カサロエベ東京とロエベ表参道では、FW23メンズコレクションのポップアップイベントを816()から23()まで開催。米津がまとう「天使の羽」のルックを筆頭に、ランウェイで発表されたアートのようなショーピースもパリから取り寄せ展示される。

関連リンク

一覧へ戻る