main

encoremode
2020.04.29

ラコステ初となる、都市名入りのワニロゴを使用したコレクション「La TOKYO Capsule」が限定発売。

ラコステのアイコニックなワニロゴにブランド史上初となる都市名「TOKYO」をあしらったスペシャルなコレクション「La TOKYO Capsule」は、5月13日にリニューアルするラコステ渋谷店で限定発売される。それに先駆け、公式オンラインブティックでは先行発売中だ。

<PR>
「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN



フランスのプレミアムカジュアルブランド「LACOSTE(ラコステ)」を象徴するワニロゴは、これまでもブランド名が入ったモデルなど、レトロ感を醸し出すディテールとして今日でも採用されてきた。今回登場する「La TOKYO Capsule(ラ トーキョー カプシュル)」コレクションでは、1990年代前半までに使用されていた「文字ワニ」にインスパイアされたもので、ブランド初となる都市名が入ったシリーズだ。

展開するのは、ラコステの定番モデル「L.12.12」のクラシックフィットをベースに、スーピマピケ素材を使用したポロシャツと同素材を使ったTシャツの2型。ワニロゴは通常より1.5倍も大きく、90年代のビンテージムードを連想させるカジュアルでキャッチーな印象。それぞれホワイト、ブラック、ネイビーの3色がラインナップする。



ポロシャツ各15,000円(以下すべて税別)
ホワイト・ブラック・ネイビー

Tシャツ各9,000円
ホワイト・ブラック・ネイビー

都市名が組み込まれたブランド初のワニロゴ

東京を代表するラッパーであり、ラコステの愛用者でもある「PINPEE(パンピー)」を起用。特別に撮りおろしたイメージビジュアルにも注目



また、5月13日にリニューアルオープンするラコステ渋谷店「LACOSTE SHIBUYA BOUTIQUE(ラコステ シブヤ ブティック)」は、新たなストアコンセプト「URBAN SPORT」を持つ日本第1号店となる。 店内には、フランスのテニスクラブやテニスラケットのグリップなど、ブランドのルーツを連想させるドット柄のマテリアルを使用。コンクリートフロアがヘリテージな要素にモダンな雰囲気をプラス。2階までの吹き抜け空間に設置された高さ6mの巨大なLEDサイネージでは、商品だけでなく最新のファッションショーやコレクションムービーを堪能できる。

ラ トーキョー カプシュルは、同店で限定発売。公式オンラインブティックでは、それに先駆け先行発売中だ。

【ラコステ シブヤ ブティック】
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目15-19
営業時間:11:00-21:00 無休
※開店日時は変更になる可能性があるので、最新情報はブランドホームページで確認を。

(おわり)

取材・文/成清麻衣子(フリーライター)

成清麻衣子(なりきよ まいこ)
文化服装学院卒業後、PR会社を経て独立。媒体執筆の他、PR経験を活かしたコンサルティング業務、プレスリリースやウェブサイトのライティング、カタログ制作も行う。







「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN





アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play