cl_200904_gm_main

選曲家の声
2020.09.04

『ギター・マガジン』監修! USEN MONTHLY SPECIAL「ニッポンの偉大なギター名盤100 特集」

9月のUSEN MONTHLY SPECIALは、リットーミュージックの『ギター・マガジン』とのコラボプログラム。『ギター・マガジン』2020年7月号の巻頭特集「ニッポンの偉大なギター名盤100」で選ばれたアルバムを1ヵ月間に渡ってオンエアする。

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



『ギター・マガジン』とのコラボレーションによる9月のUSEN MONTHLY SPECIALは、「ニッポンの偉大なギター名盤100」で選ばれたアルバムをランキング順にオンエアする。

『ギター・マガジン』本誌では7月号の特集なので、USENでは遅ればせながら9月度のMONTHLY SPECIALとして“聴く”「ニッポンの偉大なギター名盤100」が実現したわけだが、この特集について『ギター・マガジン』の河原賢一郎編集長にメールインタビューする機会を得たのでここに紹介しよう。

――『ギター・マガジン』の特徴は?

「他のギター雑誌と比べて、ということであれば、ワンテーマを徹底的に掘り下げる“大特集主義”を掲げている点が最も大きく異なる点だと思います」

――特集を企画するにあたって決め手になる要素って何でしょう?

「“ギターがカッコいいか”、“読んだ後にギターを弾きたくなるか”、このふたつが重要です。まあ、最後は会議が盛り上がるかどうかですが(笑)」



――7月号の「ニッポンの偉大なギター名盤100」はどういった経緯で実現したんですか?

「実は、もともとは別の特集を予定していたのですが、制作期間であった4月、5月にコロナ禍の影響を受けて取材が全てキャンセルになってしまったんです。アルバムリリースやライブなどのイベントもほとんどが中止か延期になっていましたし、編集部も出勤禁止、対面取材もNGにしているような状況でした。そんななか、ある種の“お祭り感”というか、あらゆるギタリストに参加してもらうことができて、かつ読者も読みながら感情移入ができるような企画をやりたい……そういう思いからこの企画がスタートしました」

――では、対面取材なしにリモートで制作されたということですね。

「そうです。回答はアンケートで答えていただいたので、対面取材ができない状況でも記事制作できたのも大きかったです」



――なぜ“ニッポンの”だったんでしょう?

「単純にどんな結果になるのか知りたかったというのがいちばんですね。また、制作期間が緊急事態宣言下の5月だったこともあり“日本の音楽シーンはどうなってしまうのか?”という不安感に対して、『ギター・マガジン』なりに日本のギタリストを盛り上げていきたいという気持ちもありましたね」

――特集号の反響はどうでしたか?

「“そうそう、これこれ!”、“やっぱりこれが最高!”という肯定的な反応もあれば、“何でこれがこの順位なんだ?”、“あの名盤が入ってないじゃないか!”というお叱りもあり(笑)……いつも以上にたくさんの反応がありました。やはりこういうランキング企画って、個人の偏った意見を好き勝手にぶつけあうのがいちばんの楽しみ方なので、どちらの反響もありがたいですね」



――編集部視点での気付きや集計してみての雑感はどうでしょうか?

「555人の回答をガチンコで集計したものなんですが、企画のスタート当初はどんなランキングになるのか全く予想ができませんでした。時代性を反映しているなと感じたのはChar、鈴木 茂、山下達郎といった昭和の名盤を、20代の若いギタリストが多く選んでいること。また、4位になったbloodthirsty butchersの『KOCORONO』のように、チャートやセールス的なメガヒット作ではないようなものが上位にきたのも、この企画ならではの結果だと思います」

―――最新号である9月号の特集「シティ・ポップと夏。~とろける極上ギター・ソロ篇」の内容をぜひ。

「9月号はシティ・ポップの中でも夏をテーマにしたものを集め、その中からギター・ソロの名演を解説したという内容です。この数年で、シティ・ポップを取り上げた雑誌の特集は数多くありますが、ギター・ソロにだけフォーカスしたものは世界初だと思うので、他にはない内容を作ることができたと思います」



(おわり)

協力/『ギター・マガジン』編集部
監修/原 吉徳、河田真人、西田井幸生(株式会社USEN)
文・構成/高橋 豊(encore)




ギターマガジン

■河原賢一郎(かわはら けんいちろう)
『ギター・マガジン』編集長。1982年、神奈川県生まれ。2007年リットーミュージック入社。『サックス&ブラス・マガジン』、『ベース・マガジン』を経て、2016年『ギター・マガジン』へ。2019年より現職。

ギターマガジン

■『ギター・マガジン』2020年7月号
バックナンバーはKindleや楽天Koboの電子版で購入できる
リットーミュージック



■A-57 USEN MONTHLY SPECIAL 「ニッポンの偉大なギター名盤100 特集」(music.usen.com)



ギターマガジン
『ギター・マガジン』2020年9月号
2020年8月12日(水)発売/891円(税別)
リットーミュージック




J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play