enj_200623_cubers_main

ピックアップ
2020.06.24

CUBERS『MAJOR OF CUBERS』インタビュー――“CUBERSはここから飛び立ちます!”って気持ち

つんく♂、在日ファンクの浜野 謙太・村上 基、元アンジュルムの福田花音、フレンズのひろせひろせ、サイサイのひなんちゅら錚々たるクリエイター陣が参加したCUBERSのメジャー1stアルバム。TAKA、優、春斗、綾介、末吉9太郎が語ってくれたそれぞれの想い。

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



――メジャーデビューして初となるアルバム『MAJOR OF CUBERS』のリリースが決まった時はどんな気持ちでしたか? 

末吉9太郎「アルバム出させてもらえるんですかー!っていう喜びでいっぱいでした」

TAKA「やっぱり、アルバムとなると間違いなく新曲が入ってくるものじゃないですか。なんかもう、いちファンみたいな感覚で、仕上がるのが楽しみだなって感じでし」



CUBERS

TAKA(たか)

CUBERS

優(ゆう)



――制作は順調に進みましたか?

優「順調だったと思います」

9太郎「順調っていうのはどのへんで感じるの?」

優「インディーズ時代にもアルバムは1枚出したことはあったけど、その頃に比べたら、それこそ歌を録るのもどんどん時間が掛からなくなってたりとか」

9太郎「確かに!」

優「レコーディングはいつも春斗くんから始まって、僕がいちばん最後なんですけど、前は待ち時間がすごくあったのが、今はちょっと巻くこともあったりして」

9太郎「「全然今しかない」の時は、待って!まだ体が起きてないんですけど!っていうくらい巻いたのでびっくりしました(笑)」

春斗「でも、今回のアルバムだと「全然今しかない」がいちばん難しかったです」



CUBERS

春斗(はると)

CUBERS

綾介(りょうすけ)



――「全然今しかない」は在日ファンクの浜野謙太さん作詞、浜野さんと村上 基さん作曲という超ファンキーなリード曲ですが、レコーディングには浜野さんも立ち会われたとか?

春斗「そうなんです。浜野さんがディレクションしてくださったので、めっちゃくちゃ緊張しました。ずっとテレビで見ていた人だから、本物だ!と思って(笑)」

TAKA「初めてお会いしたのが、レコーディング当日だったからね。最初はお互い人見知りしてて、でも、徐々に打ち解けていく感じはあったかもしれません」

――浜野さんのディレクションで印象に残っていることはありますか?

春斗「僕たちはインディーズの頃もファンクを軸にやってはいたんですけど、今回は何と言っても在日ファンクさんによる王道のファンクで。レコーディングでは生音で録られた音源を聴きながら歌わなきゃいけなかったんですけど、その演奏がものすごくグルーヴィで……。浜野さんに、“歌でもグルーヴをください”って言われたので、演奏に寄り添いながら歌うのに苦戦したというか、めちゃくちゃ難しかったです」

9太郎「「でも、全然今しかない」の仮歌をいただいた時とか、客観的にかっこいい曲!って思いながらも、その瞬間はどこか遠く感じたりもして。これはメンバーとも話したことがあるんですけど、そんな風に、いただいた瞬間はどの曲もちょっと遠い気がするけど、レコーディングし終えて、自分たちの声が入ったのを聴くといつもCUBERSの曲になった!と思うんですよね」

――なるほど。他に仮歌と完成形とで変貌したり、ギャップがあったと思う曲はありますか?

綾介「「Chi-Chi-Chi」という曲は、割と力強いサウンドなんですけど、もともとはしっとりした感じの印象だったんです。なので、こう変わるんだ!っていう驚きがいちばん大きかった曲ですね」

9太郎「ギャップとは違うんですけど、「Yeah! 僕らは変わらない」という曲は、作詞を元アンジュルムの福田花音さんがしてくださったんです。僕、子供の頃からアンジュルムさんのコンサートに行っていたので、福田さんの作詞っていうのがすごくうれしくて。しかも、仮歌も福田さんが歌ってくださったんですよ! CUBERSの活動が始まって以来、いちばん楽しく聴けた仮歌でした(笑)」

――実際のレコーディングはいかがでしたか?

9太郎「この曲を作曲されたフレンズのひろせひろせさんがディレクションをしてくださって。ひろせひろせさんは2ndシングルの「妄想ロマンス」の時もそうだったんですけど、“もっと9太郎を出していいよ”って言ってくださって、より自由に歌わせてもらえました。「Yeah! 僕らは変わらない」は仮歌を聴くのも楽しかったし、レコーディングも楽しかったので、ライブでパフォーマンスするのも絶対楽しいと思います!」

――ちなみに、みなさんレコーディング中のルーティーンって何かありますか?

TAKA「何だろう……?いつもより早く起きる。で、絶対朝風呂に入ります」

春斗「そうなの!?」

TAKA「毎朝入ってるんですけど(笑)。でも、特に長時間」

綾介「喉を開くために?」

TAKA「そうそう」

綾介「なるほどね。僕は……レコーディング中にスナック菓子を食べる」

春斗「あれマジで何なの(笑)」

綾介「お菓子の油で喉が潤うの」

春斗「いやいやいや!(笑)しょっぱい!ってならない?」

綾介「いや、潤うの。サッポロポテトのバーベQあじがいちばんいい(笑)」

TAKA「で、いつも全部食べきれなくて、残りをくれるんだよね」

綾介「でも、TAKAはおいしそうに食べてくれるじゃん(笑)」

――他にも何かルーティーンがある人は?

春斗「僕はエナジードリンクを飲みます。高麗人参エキスが入っているやつ」

TAKA「喉にいいって言うよね」

春斗「そう。だからあれがないと無理。たまにめっちゃ高いの飲んだりしてます(笑)」



CUBERS

末吉9太郎(すえよし きゅうたろう)



――アルバムにはさまざまなタイプの楽曲が収録されていますが、みなさんそれぞれお気に入りは?

春斗「それはやっぱり僕たちの想いがいっぱい詰まった「顔面国宝!それなー」じゃないですかね。9太郎さんが作詞して、9太郎さんが歌ってるっていうのがいい」

TAKA「嘘やろ!?」

綾介「9太郎ファン?」

春斗「そうです(笑)」

9太郎「怖っ!!(笑)」

TAKA「じゃあ、そういうことにしときましょう」

春斗「やっぱりやめて(笑)「Yeah! 僕らは変わらない」です。初めて聴いた時、すごく元気が出る曲だなと思ったんです。作曲をしてくださったひろせひろせさんは「妄想ロマンス」以来2回目ということで、レコーディングも楽しくやらせていただきつつ、元アンジュルムの福田花音さんに書いていただいた歌詞に込められた気持ちもすごく表現できたなと思ってます」

TAKA「「僕は「Beautiful world」です。すでにライブで披露したりしてるんですけど、歌ってて気持ちよくなる曲というか。振り付けも結構好きなんですよね」

綾介「すごくかっこいいよね」

TAKA「そう。だから、ライブでやりたくなる楽曲です」

――綾介さんのお気に入りは?

綾介「“プリコ”が大好きです」

春斗「“プリコ”って何?」

綾介「「Please call me」」

春斗「そんな略、ないだろ!(笑)」

TAKA「え、逆にどう略すの?」

春斗「略さない!」

綾介「「Please call me」って全部言うの?」

春斗「言う!」

TAKA「「ちなみにメジャーボーイ」のことは何て言う? 正直に言ってみて」

春斗「“メジャボ”……」

全員「ははは!」

TAKA「2か月後、絶対“プリコ”って言ってるよ(笑)」

春斗「そうかなぁ?」

綾介「絶対言ってるから。で、この「Please call me」なんですけど、この曲も「Beautiful world」と同じくかっこいいですよね。歌詞も紳士的というか。個人的にこういうテイストの楽曲はすごく好きです」

――優さんと9太郎さんは?

優「「全然今しかない」です。この曲と「メジャーボーイ」は夏まゆみ先生に振り付けをしていただいたんですけど、夏先生は振り付けをする時に歌のことをすごく考えてくださるんです。ちゃんと歌を届けるってことをいちばん大切にして作ってくださっているので、ライブではダンスはもちろんですけど、歌も聴いてほしい。見どころ、聴きどころがあるので、お気に入りの1曲です」

9太郎「僕は……「顔面国宝!それなー」はもちろんなんですけど、「空の上」かな。アルバムではこの曲の前に「Fire Dance」っていう僕たちの等身大の姿というか、僕たちの夢について歌った曲が入ってるんです。そんな「Fire Dance」から「空の上」を聴くと、「空の上」に出てくる“夢”が、「Fire Dance」のそれと掛かって聴こえたりもして。そういう風に僕たちの夢と重ねて聴いてもらってもいいし、みんなが持つそれぞれの目標や夢と重ねてもらってもいいし。いろんな聴き方ができるところがいいなと思います。あとは、後半に出てくる“同じ間隔で 未完成で 明日なら来るから”っていう歌詞が僕は大好きで。やっぱり今、不安定なこの状況の中で、不安な気持ちを抱えてる人も多いと思うんです。でも、平等に未完成な明日は必ずやって来るっていう。そんな風にちょっとほっとできる歌詞に僕自身も自粛生活を送る中で支えられたりしたんですよね。だから、「この空の上」がみんなにとっても、ちょっと気持ちが楽になって、前に進んでいける曲になったらいいなって思います」





――そしてCUBERSと言えばダンスパフォーマンスですが、新曲の振り付けはどんな感じですか?

春斗「まだ途中のもありますが、ほぼほぼ入ってます」

綾介「「Please call me」の振りがめちゃくちゃかっこいいよね」

優「「Please call me」はデモを聴いた段階から、たぶんすごく踊るんだろうなと思って、振りが付く前から楽しみでした」

――実際どんな振りが付いたんですか?

優「すごく踊ります」

TAKA「案の定(笑)」

優「想像以上に踊るけど、めちゃくちゃかっこいい振り付けです」

――特に注目してほしいところは?

綾介「サビの最後でメンバー全員が指を差すところもかっこいいですし、間奏で“Wow Wow Wow”ってコーラスがあるんですけど、その時に手を高く上げるポーズはお客さんもいっしょにできると思います。激しいという意味では、この「Please call me」と「Beautiful world」がアルバムの中だとダントツなんじゃないかなって僕は思います」

TAKA「「Beautiful world」はアウトロでいちばん踊るんだよね。それがめちゃくちゃキツい(笑)。しかも、そのアウトロで春斗くんはフェイクしながら踊るから、すごくしんどいだろうなって」

春斗「ライブ本番でやったらどうなるんだろう?っていう(笑)」

TAKA「やっぱりしんどい?」

春斗「めちゃくちゃしんどい(笑)」

9太郎「春斗くんだけヘッドマイクにしてもらったら?」

TAKA「それもいいかも」



――ところで、CUBERSの作品はジャケット写真が毎回イラストになっていますが、今回のジャケットは?

9太郎「今回、通常盤のジャケットが飛行機のイラストになっているんです。今までは“CUBERSバス”っていうのが描かれていて、メンバーがバスに乗って進んでいくみたいなイメージだったんですけど、それが飛行機になりました。というのも、アルバム1曲目の「メジャーボーイ」の中に“Take Off!”って歌詞があって、CUBERSはここから飛び立ちます!っていう気持ちがこめられたジャケットになっています」

――ちょっとイジワルな質問かもしれませんが、イラストじゃなくて自分たちが出たいと思ったことは?

9太郎「僕はずっと出したいなって思ってました(笑)」

優「あ、それで3rdシングルWOW【末吉9太郎盤】」でガッツリ顔出したの?」

9太郎「そう!いいじゃん(笑)」

優「CUBERSで唯一ジャケットで顔出ししてる!」

9太郎「素敵なジャケ写で良かったなって思います」

優「僕は、逆に顔を出してないっていうところもすごい好きというか、かっこいいなって思ってます。特に今回の『MAJOR OF CUBERS』はメタファーじゃないですけど、想いがこもってますし」



CUBERS

USENのトークバラエティ「音ナ図鑑(おとなずかん)」の出張収録は、いつものスタジオではなくレーベルのインタビュールームで

CUBERS

決めカットの撮影中!



――ですよね!では、最後にCUBERSの今後の目標を教えてください。

TAKA「本来であれば、5月23日に僕たち史上最大キャパの国際フォーラム ホールCでライブを行う予定だったんですけど、この状況で見合わせになってしまって……僕らもそこに照準を合わせて準備をしてきたところではあったのですが、ここから再スタートを切っていこうと思っています。国際フォーラムはもちろん、むしろもっと上に行けるように、目標を高く持って頑張っていきたいな、と。そして、いつか必ず国際フォーラムのステージに立ちたいなと思っているので、楽しみに待っていてほしいなと思います」

――その日までアルバムをたくさん聴いてもらいたいですね。

TAKA「本当にそう思います。聴けば聴くほどさまざまな発見があると思うし、気持ちが明るくなったり、背中を押してあげられたりっていういろいろな曲が揃っているので、会えない時間はこの『MAJOR OF CUBERS』を聴いて、気分をアゲてほしいなって思います」

(おわり)

取材・文/片貝久美子
写真/いのうえ ようへい



■2020年6月22日(月)~6月28日(日)の「C-43 MUSIC&TALK WAGON ~音バナ~ “音ナ図鑑”」はCUBERS(music.usen.com)

■SOUND PLANET「音ナ図鑑」の放送予定
第64頁/CUBERS――2020年6月22日~6月28日





CUBERS
CUBERS『MAJOR OF CUBERS』
2020年6月24日(水)発売
豪華初回限定盤(CD+DVD)/KICS-93921/6,000円(税別)
キングレコード
CUBERS
CUBERS『MAJOR OF CUBERS』
2020年6月24日(水)発売
通常盤(CD)/KICS-3921/3,000円(税別)
キングレコード




J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play