tpcs_210125_bt_main

トピックス
2021.01.25

ディズニー&ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』で注目を集めたジョン・バティステがニューアルバム『ウィー・アー』リリース&「アイ・ニード・ユー」先行配信

グラミー賞、エミー賞のノミネートもあり、ファッションアイコンでもあるジョン・バティステが、ニューアルバム『ウィー・アー』を3月19日にリリースする。

<PR>
J-POPも洋楽も充実のラインナップ――「SMART USEN」



グラミー賞、エミー賞のノミネートもあり、ファッションアイコンでもあるジョン・バティステが、ニューアルバム『ウィー・アー』を3月19日にリリースする。

すでに先行シングル「アイ・ニード・ユー」をリリースしているバティステ。解禁されたMVは、美術館を舞台に繰り広げられるファンタジーで、バティステがリトル・リチャードやジェームス・ブラウンを連想させるストーリーテラーとバンドリーダーの二役を演じる。1920~40年代のハーレムでのスイングダンスをオマージュしており、当時流行した映画のエッセンスも散りばめられている。

このMVにはカミラ・カベロや、Jay-Z作品も手掛けたアラン・ファーガソンが総指揮、ジョン・レジェンド、ジャネル・モナエの振り付けを手掛け、エミー賞ノミネートの芸術監督にして振付師ジャメル・マクウィリアムも参加している。

先行配信となった「アイ・ニード・ユー」は、ソングライターのオータム・ロウ、プロデューサーのキッゾとのタッグにより、20世紀初頭、黒人ミュージシャンたちに愛されたサウンドに、現代のプロダクションとHIP HOPのストーリーテリングを融合したジャンルレスな楽曲に仕上がった。

幅広い音域を縦横無尽に繰り出すバティステのボーカルが、ピアノとサックスの波に飛び込む爽快チューンで、ジョン・バティステ自身も「この曲は世間の雰囲気を浄化する、2020年以降の世界を包み込む暖かいハグのようなものです。さあ、バイヴスを取り戻しましょう!」とコメントしている。

3月19日リリースのアルバム『ウィー・アー』は、ジョン・バティステが「キャリア・チェンジング(=ターニング・ポイント)」になる作品と自負しており、パンデミックと不安定な世界を鼓舞するアンセムとしての役割も秘めている。

収録されている楽曲の大半が、バティステが音楽監督とバンドリーダーを務めるCBSの人気トーク番組「ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア」の楽屋でロウとキッゾと共に作曲され、ニューヨーク、ロサンゼルス、そして彼の故郷であるニューオーリンズでレコーディングされた。彼のルーツであるブラックミュージックへのラブレターでもあり、メイヴィス・ステイプルズ、クインシー・ジョーンズ、ザディ・スミス、マルーン5のメンバーであるPJモートン、トロンボーン・ショーティ、セント・オーガスティン高校のマーチング・バンド、バティステの父であるマイケル・バティステなど、多くのアーティストが参加。アンダーソン・パーク作品を手掛けたポーモ、リゾ作品を手掛けたリッキー・リード、ドレイク、エミネム作品を手掛けたジャハーン・スウィートなど豪華な制作陣も名を連ねている。

ジョン・バティステは、ディズニー&ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』の音楽担当に抜擢され、NBAのオールスター・ゲームでの国歌斉唱、アメリカの国民的番組「ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア」などで全米で抜群の知名度を誇り、あのブラック・ライヴス・マターでの平和的デモ活動でも注目を浴びた。さらにジェニファー・ロペス、マイケル・B・ジョーダンらとともに、コーチの広告にも登場し、2021年を代表するアーティストとの呼び声も高い。





バティステ
ジョン・バティステ『ウィー・アー』
2021年3月19日(金)発売
UCCV-1186(SHM-CD)/2,860円(税込)
ユニバーサルミュージック
V.A.『ソウルフル・ワールド オリジナル・サウンドトラック』
2020年12月23日(水)発売/配信
UWCD-1096/2,750円(税込)
ユニバーサル ミュージック
©2020 Disney Enterprises, Inc./Pixar




J-POPも洋楽も充実の音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play