encore_tp_201015_saitoukazuyoshi_main

トピックス
2020.10.15

斉藤和義 、『歌うたいのバラッド』が 野村不動産「プラウド」ブランドムービー「僕は、父が苦手だった。」 の主題歌に起用。King Gnu・井口理が主演で物語を熱演。

斉藤和義の『歌うたいのバラッド』が野村不動産「プラウド」のブランドムービー「僕は、父が苦手だった。」の主題歌として起用され、10月15日より公開されることが明らかとなった。

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



斉藤和義の『歌うたいのバラッド』が野村不動産「プラウド」のブランドムービー「僕は、父が苦手だった。」の主題歌として起用され、10月15日より公開されることが明らかとなった。

このブランドムービーには、音楽活動のみならず映画・ドラマ等俳優業にも活躍の場を広げているKing Gnuの井口理が主演。その父親役を務めるのはベテラン俳優の平田満、婚約者/妻役は女優兼モデルの瀬戸かほ。

今回のムービーは、井口扮する主人公である、獣医師「高橋正樹」の元に、ある日、亡き父親が密かに書きためてきた日記が届くところから物語がはじまる。自らの家を持ち、もうすぐ自分も親になる主人公が、父の日記を通じて、知られざる父の想いや、自分に注がれてきたあたたかな愛情を知ることで、家を舞台に積み重ねられていく、家族の時間の素晴らしさに気付かされていく。「プラウド」のミッションである“世界一の時間へ”をテーマに、これから「家族の時間を育む家」を購入する世代に向けて制作したストーリー。そして、世代をこえて幅広く受け入れられてきた「歌うたいのバラッド」が物語に寄り添い、熱く盛り上げている。

ブランドムービー概要

タイトル:野村不動産【プラウド】ブランドムービー 『僕は、父が苦手だった。』
出演:井口理/平田満/瀬戸かほ 他
野村不動産【プラウド】ブランドムービー主題歌:斉藤和義「歌うたいのバラッド」
公開日時:2020年10月15日(木)~2021年3月31日(水)
動画URL:https://youtu.be/BtLKH6vLbz4



出演者プロフィール

井口理(いぐち さとる)
1993年生まれ、長野県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。2017年に常田大希、勢喜遊、新井和輝とともにバンドKing Gnuを結成し、ボーカルとキーボードを担当する。2019年、アルバム「Sympa」でメジャーデビュー。SUMMER SONIC 2019に出演し、「白日」でMTV VMAJ 2019の最優秀ビデオ賞と最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞を受賞した。俳優としても活動しており、「ヴィニルと烏」「佐々木、イン、マイマイン」「劇場」といった出演映画がある。

平田満(ひらた みつる)
愛知県出身。つかこうへい事務所の旗揚げに参加。映画『蒲田行進曲』(’82)でヤスを演じ、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞などを受賞。また演劇では第9回、27回読売演劇大賞最優秀男優賞、第49回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。近年では映画『蜂蜜と遠雷』(19)、『Fukushima50』、『燕-イエン-』、『浅田家!』(20)、舞台「荒れ野」(19)、「美しく青く」、「THE NETHER」(20)等に出演。10月30日より自身が主宰する〈アル☆カンパニー〉にてリーディング公演「POPPY!」(SPACE 雑遊)がある。

瀬戸かほ(せと かほ)
1993年生まれ。神奈川県出身。2015年に映画『orange -オレンジ- 』でデビュー。映画、舞台、ウェブドラマで女優として活躍し、ミュージックビデオへの出演も多数。映画『リビングの女王』では第6回賢島映画祭にて助演女優賞を受賞した。広告やファッション雑誌、ブランドのカタログなどモデルとしても活躍の場を広げている。









J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play