月間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング

純烈が月間ランキング1位に返り咲き!メンバーから喜びの声も!!

1.純烈「君がそばにいるから」
2.氷川きよし「Happy!」
3.三山ひろし「浮世傘」
4.松原健之 feat. 植村あかり(Juice=Juice)&川村文乃(アンジュルム)&小片リサ「風のブーケ」
5.八代亜紀「舟唄」
6.市川由紀乃「秘桜」
7.山内惠介「古傷」
8.福田こうへい「男の残雪」
9.新浜レオン「さよならを決めたのなら」
10.丘みどり「明日へのメロディ」

【サマリー】

2月の月間ランキングで初登場1位を獲得した「君がそばにいるから」。630日にはタイプCDがリリース、9月に純烈が映画初主演を果たしたヒーロー映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』が公開されるといった嬉しいニュースの一方、純烈にとって東のホームグラウンドとも言える「東京お台場 大江戸温泉物語」の閉館と言う残念なニュースもありました。様々な話題に事欠かない純烈が、"やる気!元気!"10月の月間ランキングで再び1位に返り咲きました。
そして、純烈に1位を阻まれたのは1030日公開の映画『老後の資金がありません!』主題歌、「Happy!」。氷川きよし初の映画主題歌となる底抜けに明るいポジティブソングは純烈「君がそばにいるから」の"どっきゅんどっきゅんダンス"(小田井涼平命名)同様、親しみやすい振り付けの"Happy!ダンス"を踊ったミュージック・ビデオも話題で、初登場2位を獲得しました!

Message from 純烈
「君がそばにいるから」がおかげさまで、月間USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング10月度で1位!すごい結果です!いつも僕たちの曲を聞いてくださっているファンの方、USENで初めて僕たちの曲を知って下さった方、たくさんの方が選んでくださったことが幸せでとても嬉しく感じています。スーパー銭湯アイドルとして、これからも皆さんをあったかく包み込んでいけるよう頑張っていきたいと思います。

純烈オフィシャルサイト

月間 USEN HIT 洋楽ランキング

世界中が期待していた奇跡のカムバックを果たしたアバの新曲が初登場3位に!

1.ザ・キッド・ラロイ×ジャスティン・ビーバー「ステイ」
2.リル・ナズ・X「ザッツ・ワット・アイ・ウォント」
3.アバ「ドント・シャット・ミー・ダウン」
4.デュア・リパ「レヴィテイティング」
5.エド・シーラン「バッド・ハビッツ」
6.マネスキン「ベギン」
7.カミラ・カベロ「ミリオン・トゥ・ワン」
8.エド・シーラン「シヴァーズ」
9.ビリー・アイリッシュ「NDA」
10.イアン・ディオール「V12 feat. リル・ウージー・ヴァート」

【サマリー】

「ダンシング・クイーン」や「チキチータ」、「ヴーレ・ヴー」など、世界的な大ヒット曲を1970年代に連発していたアバが40年ぶりのニュー・アルバム『ヴォヤージ』をリリース。この奇跡のカムバック作に収録されている「ドント・シャット・ミー・ダウン」が初登場3位にランクインです。解散状態となっている間もベスト・アルバムのヒットや、アバのヒット曲によるミュージカル『マンマ・ミーア!』の舞台化や映画化で、彼らの名曲に触れる機会は常にありましたが、不動の4人による新曲が初登場3位にランクインしました。そして、初登場15位には、アルバム『レット・イット・ビー』のスペシャル・エディションが1015日にリリースされたザ・ビートルズの「レット・イット・ビー」がランクイン。洋楽レジェンドたちの驚異のランキング・アクションです。
そんな10月の月間ランキングですが、ザ・キッド・ラロイ×ジャスティン・ビーバー「ステイ」が3ヶ月連続1位を獲得しました。恐るべし、恐れを知らぬティーンエイジャー=ザ・キッド・ラロイ!

月間 USEN HIT J-POPランキング

5年ぶり!AKB48が月間ランキング首位を獲得!!

1.AKB48「根も葉もRumor」
2.King&Prince「恋降る月夜に君想ふ」
3.乃木坂46「君に叱られた」
4.Vaundy「Tokimeki」
5.Official髭男dism「Cry Baby」
6.back number「水平線」
7.優里「ドライフラワー」
8.Ado「踊」
9.YOASOBI「大正浪漫」
10.aiko「食べた愛」

【サマリー】

華々しく人気アイドルグループの新曲がTOP3に立ち並んだ10月度のJ-POPランキング。その中で首位を勝ち取ったのはAKB4858枚目のシングル「根も葉もRumor」でした! 週間ランキングでは度々上位を賑わしているAKB48ですが、月間ランキングの1位を獲得したのは、2016年にリリースした「LOVE TRIP」以来、なんと5年ぶりの快挙。また、今回のシングル表題曲「根も葉もRumor」では、109か月ぶりに姉妹グループは参加せずにAKB48メンバーのみで歌唱しており、さらにMVで見せるAKB史上最難度の“どえらいダンス”が圧巻、と話題沸騰中です。
結成15周年を越えた現在だからこそ見られる、躍進したAKB48の魅力が詰まった今回の楽曲。これまでとは一味も二味も違うことを証明しています!

関連リンク

あわせて読みたい関連記事

一覧へ戻る