韓国のプロデューサー/DJNight Tempoが来年2月に行う来日公演が即日完売した事に伴い、東京での追加公演が決定した。彼からのクリスマス・プレゼントとなるこの公演は、222日(水)の祝前日に東京のSpotify O-Eastで開催される。「The Night Tempo Show with FANCYLABO Extra」と銘打ち、この公演にも新プロジェクトFANCYLABOの出演が決まっている。本日17時からオフィシャル先行予約が開始となった。

また明日1221日(水)には、昨年リリースのオリジナル・アルバム『Ladies In The City』の収録曲「One Way My Love feat. 上坂すみれ」のNeon Mixが配信開始となる。

現在放送・配信中のアニメ「うる星やつら」でラム役を務めている人気声優の上坂すみれをフィーチャーしたこの曲を、ホリデー・シーズンにピッタリのアレンジでNight Tempo自らがセリフ・リミックス、今年4月に配信リリースした「Sentimental feat. 竹内美宥」に続く、Neon Mixシリーズ2作目だ。配信シングル・ジャケットは韓国の新鋭イラストレーター、쭈쭈해(チュチュエ)氏による描き下ろしで、ビジュアライザーは同日22時に本人のYouTubeチャンネルでプレミア公開される。

Night Tempo - One Way My Love (Neon Mix) feat. Sumire Uesaka [Official Visualizer]

この配信リリース日にNight Tempoはアメリカ・ロサンゼルスで開催されるCity Pop Nightに出演する。このイベントで1月に来日公演を行う話題Ginger Rootと、Nulbarichのボーカル、JQとハリウッドにあるFonda Theatreで共演、再びアメリカのオーディエンスに昭和ポップスを届ける。

そして1229日(木)にはニッポン放送でNight Tempoの特別番組「Night Tempoのネオ昭和ライフ」のオンエアが決定した。自身が好きな昭和ポップ・カルチャーを語りっぱなしの1時間。番組用に用意したスペシャル・DJミックスも披露する。

国内外、多岐に渡る活動を続けてきたNight Tempo2023年も「ネオ昭和」をキュレーションする彼の旅は続く。

Night Tempo

80s Japanese Popsをダンス・ミュージックに再構築したネット発の音楽ジャンル「フューチャー・ファンク」のシーンから登場した韓国人プロデューサー兼DJ米国と日本を中心に活動する。竹内まりやの「プラスティック・ラブ」をリエディットしてネット中心にバイラル・ヒット、昨今のシティポップ・ブームへと繋がった。角松敏生とダフト・パンクをこよなく敬愛する、昭和カセット・テープのコレクターでもある。昭和ポップスを現代にアップデートする『昭和グルーヴ』シリーズを2019年に始動。Winkを皮切りに、杏里、1986オメガトライブ、松原みき、秋元薫、菊池桃子、八神純子、飯島真理等これまでに15タイトルを発表。202112月には初のメジャー・オリジナル・アルバム『Ladies In The City』をリリース。翌年7月にはフジロックフェスティバル‘22の出演、そして8月には全国7都市を周る来日ツアーを開催。80s Japanese Popsの魅力を海外へ広めようとしている彼は、地上波TVでも数多く取り上げられ、今最も注目される海外アーティストの1人である。

Official Website

関連リンク

一覧へ戻る