苦境(パンデミック)を音楽に昇華させたメッセージソング

今回の新曲「Tokyo 2020」は、Nao Yoshiokaが2020年から2021年に東京で過ごした生活をインスピレーションに制作されています。2019年8月にアルバム『Undeniable』をリリースし、アメリカ最大のサテライトラジオSirius XMの人気番組、元MTVの人気司会者SWAYがホストをするSWAY’S UNIVERSEに出演。番組では映画「ソウルフル・ワールド」でアカデミー賞を受賞したジョン・バティステとも共演しました。その勢いに乗ってワールドツアーや出演を控え、まさにここからというタイミングの2020年、パンデミックが起こりニューヨークのロックダウン直前に日本帰国。アメリカでの活動を一時的に断念せざるを得ない状態になりました。自粛文化も追い討ちをかけ、その後歌い手の命である喉を壊し歌えない日々を東京で過ごしました。無力さの中で思考を重ね、自分と同じように多くの人々が苦境を味わっていることに対して、それをどうにか音楽に昇華できないかと考え制作したのがこの楽曲です。

シタールの異国情緒を思わせる印象的なイントロから始まり、美しいストリングスと合わせ、Nao Yoshiokaのソウルフルなボーカルワークが光ります。70年代のノスタルジックな雰囲気とモダンなR&Bサウンドが共存したミッドチューンになっています。

5月7日には東京・代々木上原のOPRCTにてリリースパーティーも開催します。
Nao Yoshioka Tokyo 2020 Release Party at OPRCT

テーマはあらゆるフェイクゲームへのアンチテーゼ

「Tokyo 2020」というタイトルに関連して、平和の象徴であるはずの東京オリンピックでさえ分断が起こり、Nao Yoshiokaはそれぞれの価値観の違いや信念が異なることを再認識させられました。世界ではBLMに始まるないがしろにされてきた差別的な行いや、隠された社会の仕組みを見て、多くの人々が他人のゲームに踊らされていることに気づいた時代なのではないかと考え、そのインスピレーションを曲に込めています。

「現実はいつも理想とは違って痛くて、辛い瞬間があります。でも私たちは2022年の難しい世界に住んでいて、将来への希望が必要であり、私たちが住みたい世界を自分たちで選ぶことができると信じています。敵なんて誰もいなくて人々はこの世界を生き抜く仲間。他人が作ったゲームに惑わされることなく、一人ひとりが自分の人生を生きられればいい。私は本当にそのような世界が可能であると信じてこの曲を書きました。この歌は私が世界にあってほしい願いを込めた曲です。」
ー Nao Yoshioka

かつて多くのアーティストたちが、苦境から素晴らしい音楽を生み出したように、音楽を通して、Nao Yoshiokaが祈りを込めた2020年代のニュークラシックがここに誕生しました。

ワールドクラスの豪華制作陣にも注目

制作ではNao Yoshiokaの2019年の日本凱旋時のツアーメンバーでもある、コーリー・バーンハード(タリブ・クウェリ、スナーキー・パピー、アリアナ・グランデ)、カーリー・マティーン(ジル・スコット、ザ・ルーツ、エミー受賞)との共作。またミックスではディアンジェロの最新アルバム『ブラック・メサイア』でグラミー賞を受賞したニューヨークで最も注目されている若手エンジニア、ベン・ケインが担当。今回もワールドクラスのプロダクションで楽曲が完成しています。アートワークには、東京・代々木上原の個性派セレクトショップ「DELTA」がスタイリングに参加しました。

4月6日よりプリアド・プリセーブが開始され各ライブラリへの追加が可能になります。

RELEASE INFORMATIONNao Yoshioka「Tokyo 2020」

2022年4月22日(金)配信
SWEET SOUL RECORDS

プリアド・プリセーブ開始日:2022年4月6日(水)

50万回再生突破!YouTubeでバイラル中、アメリカを中心に世界中からアクセス

3月末時点、50万回再生を突破。現在Nao Yoshiokaが出演したブルーノート東京のライブストリーミング動画がYouTube上で話題を呼んでいます。400件以上のコメントが世界中から集まり、Nao Yoshiokaのパフォーマンスを始めとし、バンドの演奏や音楽のクオリティにポジティブな声援が集まっています。

「Tokyo 2020」リリースに合わせて、YouTubeのサブスクライブをすると動画の続編が先行して観られるキャンペーンも行われます。これからのNao Yoshiokaの世界でのアクションにご注目ください。

Nao Yoshioka Osaka Funk Sessions 2022

4月11日(月) Billboard Live OSAKA
1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00
Price Service Area : ¥6,500 / Casual Area : ¥6,500

Nao Yoshioka

大阪生まれ、NY仕込みのパワフルなヴォイスと表現力、ヒストリーに根ざしながらもレイドバックとは異なるモダンなテイストを兼ね備えた現在進行形ソウル・シンガー。

NYに単身で渡米後、ソウルミュージックとの出会いをきっかけに、サム・クックが作った名曲と自分の心がシンクロした経験から、人々の心の奥底に響く音楽をつくる道を志す。その後アポロシアターのアマチュアナイトで準優勝など実績を重ね日本に帰国。2013年から2018年は東京に滞在するも、米国最大級のソウルフェスCapital Jazz FesやBlue Note New Yorkに出演。2018年から再度単身渡米をし同年に日本人初となるビルボードUACチャート32位を獲得。エディトリアルプレイリストにおいてはアメリカの「ALT-R&B」(Apple Music)や「Next Wave Neo-Soul」(Spotify)日本人初の選出。ジョン・バティステ、ネイザン・イースト、エリック・ロバーソン、ママズ・ガンなどと共演歴を持つ。

関連リンク

一覧へ戻る