世界中を席巻しているイタリアのロック・バンド“マネスキン”。12月に行われる来日公演も瞬く間にSOLD OUTするなど、日本でも高い人気を集めている彼らが、大人気コミック『BEASTARS』とコラボレーションした最新ミュージック・ビデオ"TIMEZONE - BEASTARS for Måneskin (Animated Video)"が全世界で公開になった。

日本文化にも関心の深いマネスキンのメンバー。なかでもヴォーカルのダミアーノ・デイヴィッドは日本のアニメの大ファンとして知られている。そんな彼のフェイバリット作品のひとつは、擬人化された動物たちが複雑なサスペンスと人間ドラマを繰り広げる異色の物語で大ヒットした『BEASTARS』(板垣巴留(読み:いたがき ぱる) 作、週刊少年チャンピオン連載)。このたび、その熱い想いが結実し、全世界で1,000万部以上の発行数を記録し、アニメ化もされた人気コミック作品と、同じく全世界で現在圧倒的な支持を受けているバントとの、ワールドワイドなコラボレーション映像が完成した。

今年1月にリリースされ、12か国で1位を獲得したアルバム『RUSH!』に収録されているバラード曲「TIMEZONE」にのせて、映像はコミック『BEASTARS』から数々の名シーンをピックアップし構成。恋人同士への様々な困難や偏見等があっても、お互いの想いは決して離れないという楽曲の世界を、コミックの主人公であるレゴシ(オオカミ)とヒロインのハル(ウサギ)に投影し描いている。

オープニングを飾る題字には作者である板垣巴留先生による、最新描き下ろしイラストが挿入。またエンディングにも、昨年8月にバンドが初来日公演果たした際に、先生が実際バンドと直接対面し、お互いにさまざまなアイディアを出しあい、描き下ろされたバンドとキャラクターのイラストが挿入されている。

今回のコラボレーションについてマネスキンのメンバーは、

「今回BEASTARSとのコラボレーションがついに実現して、すごくハッピー!僕たちの曲とコミックのシーンが融合して仕上がりにとても満足しているんだ。早くみんなにも見てほしいな。楽しんでくれることを心から願ってる。」

と語り、

また作者の板垣巴留先生も、

「自分がまだがむしゃらだったときの作品が、マネスキンさんの歌に乗せてどんどん流れていくのを見ていて感慨深いというか、ありがたいなと思いました。皆さんにも楽しんで頂けたらいいなと思います。また12月に来日した際は、日本の美味しいものを食べて下さいね。居酒屋がおすすめです(笑)」。

と述べている。

奇跡のコラボレーション映像、是非堪能してほしい。

関連リンク

一覧へ戻る