2年振りとなるNew AlbumW」をリリースしたばかりのGacharic Spinが、アルバムの発売を記念して、渋谷ストリームホールにて、一夜だけのスペシャルライブ(723日開催)を開催した。

このライブでは、アルバム「W」に収められている全10曲を収録順にプレイ。加えて、この日の為にファンから募ったリクエスト曲をプラスした、ファン歓喜のセットリストで、7月に終えた全国ツアーの内容とは一線を画す特別なライブとなっている。

アルバムのオープニングを飾るナンバー「レプリカ」のMVで着用した衣装に身を包んだメンバーが登場すると、ガチャマン&ガチャピン子で埋め尽くされた満員の会場は大歓声に包まれる。

ライブのスタートは、高速スラップにツインギターメロが、たたみかける生演奏でのインストを初披露し、アルバムの曲順通り「レプリカ」で幕開け。シリアスなテーマを、緊張感と、爆発的な演奏力で表現し、早くも会場を起爆する。

続く「The Come Up Chapter 」で、ツインギターの疾走感と、ギターソロで観客をけん引したところで、マイクパフォーマー:アンジェリーナ1/3(以降 アンジー)がご挨拶。「ついにアルバム全曲演奏する日がきましたよ。ムズいんだわ、アルバムが。。」

リーダー・BassのF チョッパー KOGA(以降 KOGA)も続き、「ガチャリックスピンってジャンル分けしづらいバンドだと思うんですよ。いろんなジャンルのものをやるし、ガチャリックスピンというのが1コのジャンルだと思っていて、そういう意味では、このアルバムを聴いていても、いくつものバンドがいるようなアルバムになったんじゃないかなと思って、それをさらに超えたライブに今日したいと思います。」

KOGAの意気込みから、3曲目「カチカチ山」を披露。アルバムのリードナンバーでもあるこの曲は、語りかける様なアンジーのスポークンボーカルが忠実に再現され、観客を昔ばなしと現代の社会風刺の不思議な感覚に連れて行く。

続く「rabbithole」では、アンジーとはな(G&Vo)のツインボーカルで聴かせ、アンジー熱唱のロックバラード「ロンリーマート」、はなとオレオレオナ(Key)のツインボーカル、更にアンジーのラップが絶妙に絡み合う「KIRAKIRAI」、そしてアンジーの心情が爆発する、亡き父を歌った「Voice」を初披露。ギタリスト・大村孝佳提供、プレイヤー泣かせの激ムズなハードチューン「Live Every Moment~ヒトヨバナ~」が続き、客席をヒートアップさせる。

また、こちらも初演奏となる「ナンマイダ」では、はな(G&Vo)とTOMO-ZOG)光線銃を使ったパフォーマンスなど楽しい演出が、盛りだくさん。そして、観客を暴れさせるために作った曲といわれ、強烈なグルーブを放つアルバムのクロージングナンバー「リバースサイコロジー」まで圧巻のパフォーマンスで一気にたたみかけ、アルバム「W」の世界観を集まったファンたちと共有した。

そして後半の+αでは、SNSで募った、ファンからのリクエストを元に選曲したGacharic Spinの人気曲、スタンダードナンバーの集中砲火!リクエストで「みんなシリアスな曲が、聴きたいんだー」からの意表をついた「Ben-Jan-Dan」をドロップ!

この曲は、アンジーが加入してから過去に1度しかライブでプレイされていないレア曲で、今回はアンジーがゴムパッチンの餌食になった!!。そして、久しぶりに演奏される「More Power」も各メンバーのソロパートが、追加されるニューアレンジで披露され、爆上がりナンバーに続き、リクエストが最も多く、実に2019年の中野サンプラザ公演以来となる「TAMASHII」を全力プレイ!TOMO-ZO(G)の独壇場、「ファイナルなファンタジー」を挟み、「Dear_____」を披露。

テクニック全開のハードチューン「MindSet」、メジャーデビュー曲「赤裸ライアー」で再び場内を盛り上げ、最後は、「ダンガンビート」で空間全員がタオルをぶん回し、本編が終了。

アンジー「新しい曲を作るというのは、ある種 子供を産むみたいな(笑)、6人の想いだったり気持ちだったりをこの1曲に込めて、このアルバムに込めて、『この曲たちが、たくさんの人たちに届いて、みんなと成長させていくんだな』という、子供の成長を見るような気持ちで、、。このアルバムを出したとき、『みんなに受け入れてもらえるかな?』という不安もある中、本当に今日は1曲目から大爆発してくれたみんなを見れて幸せです!ありがとうございます!」

アンコールの1曲目、シンガロングナンバー「365日」を観客と一緒に歌い上げた後、本編の演奏で、初披露にも関わらず、マイクにトラブルに見舞われた「ナンマイダ」を、納得いかないアンジーの提案により、急遽再演奏。ガチャピンのライブならではのハプニングとサプライズで観客を楽しませた。

ラストは、全員参加の腿上げ5分間一本勝負!ライブの大定番曲「WINNER」で、ボルテージをMAXに上げ切り、この日のスペシャルなライブは幕を閉じた。

新旧の曲を融合させた全20曲をプレイし、ファンをあらためて魅了したGacharic Spin。今年の108日には、デビュー14周年を祝う配信ライブの開催も発表され、この日を境に、いよいよ15周年のアニバーサリーイヤーに突入する。様々な事柄を乗り越え、紆余曲折を経て、バンドの最終形態を宣言している彼女たちの今後の活躍に注目だ。

SET LIST

Gacharic Spin

Special LIVE 2023 NEW ALBUMWRelease Party!!ALL PLAY+α!!!! Special Time

2023.07.23 (sun) 渋谷ストリームホール


  1. SE_NEW

  2. レプリカ

  3. The Come Up Chapter

  4. カチカチ山

  5. rabbithole

  6. ロンリーマート

  7. KIRAKIRAI

  8. Voice

  9. Live Every Moment~ヒトヨバナ~

  10. ナンマイダ

  11. リバースサイコロジー

  12. Ben-Jan-Dan

  13. More Power

  14. TAMASHII 

  15. ファイナルなファンタジー

  16. Dear_____

  17. MindSet

  18. 赤裸ライアー

  19. ダンガンビート


- Encore


  1. 365

  2. ナンマイダ

  3. WINNER



プレイリスト

一覧へ戻る