main

encoremode
2020.07.28

特別なあたらしい夏 ―― 小松康弘(ジュン)

encoremodeブレーンメンバーによるコラムをお届けします。今回の寄稿者は、ジュンのギフト事業部、小松康弘さん。テーマは「特別なあたらしい夏」です。

<PR>
「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN



今年の夏は、音楽フェス、花火大会、海の家も延期になってしまったNEW NORMALな新しい夏。 外出自粛宣言の中、オンラインのエンタメなどもチェックしつつ、ラジオから聴こえてきた若干24歳イギリスのミュージシャンJacob Collierの先行シングル曲『All I Need』(アルバムが8月リリース予定)。グラミー賞を受賞しているのでご存知の方も多いかもしれません。

彼はボーカルをはじめ全ての楽器をこなす、いわゆるマルチプレイヤー。さらに映像の撮影・編集まで行いYoutubeで広がった人です。まさに今なアーティスト。クインシージョーンズやハービーハンコックとも交流があります。「Tiny Disk Home Concert」では、約16分、ひとりで全楽器をこなすライブ (撮影編集も本人!) が放映されました。撮影や編集方法など非常に興味深いです。

現在、娘世代の20代のスタッフと仕事をしています。彼女(彼)たちの世代は生まれた時にはすでに、スマホがあり、コンピューターを学習する授業がある世代です。いわゆるZ世代は情報量も多く、オジサンの会話にもしっかりついてこられるんですね。映像や音楽編集も手軽にSNSにアップしていくという。テクノロジーの進化とともに表現の幅も広がりますます面白い時代になってきましたね!(僕らの世代は先輩たちがかけている、回っているレコードを必死に見て曲名やアーティストを必死に覚えたりしたものでしたが…。)

しかし、やはり音楽はライブで、みんなで体験するのが一番! エンタメシーンは今、特に辛い時期を過ごしていると思います。さまざまな支援サイトがありますので、文化を絶やさないためにも是非応援してもらえたら嬉しいです。 この事態が終息した日には、みんなでまた青空のもと会って音楽を聴きながら、踊りつつビールで乾杯したいです。早くその日がくることを願っています!!!

P.S. ファッションは気分転換に身近な存在。この時世を背景になかなか会えない人とのコミュニケーションのためにギフトプロジェクトが立ち上がりました。7月28日には雑誌『TOKION』とのプロジェクトも立ち上がります。藤原ヒロシさんのラジオ番組も好評放送中です!これらもぜひチェックのほどを!

(おわり)

文/小松康弘 (ジュン)

小松康弘 (こまつ やすひろ)
ジュン・ギフト事業部。音楽のセレクトショップ bonjour records~音楽レーベル PLANETGROOVEを経て、2011年 ジュンの展示会、ビーチハウス Cafe de Rope´ La mer、ジュンの文化祭、ジュンの縁日などの企画・運営などを担当。この6月よりギフト事業部所属。







「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN





アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play