main

encoremode
2020.04.24

「ミュベール」森の仲間を思い描いた20~21年秋冬コレクション。今春夏ではコンバースとのコラボレーションで初のシューズも登場

「ミュベール(MUVEIL)」は、地球ではない、ある惑星で出会った森の仲間たちをインスピレーションに20~21年秋冬コレクションを発表した。

<PR>
「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN





SF映画の『イウォーク・アドベンチャー』に着想を得たコレクションで、ある惑星の自然豊かな森で暮らす仲間をイメージし、エレガントながらも温かみのあるスタイルを提案した。リバーシブルで着られるボア付きのダウンジャケットやキルティングコートなど、厚みのあるアイテムも縦長のシルエットと同色系にまとめたカラーリングですっきりとした印象に。花のカモフラージュパターンやビンテージライクなカーテンレースではファンタジーな世界感を描き出していた。





また今春夏では、「コンバース トウキョウ(CONVERSE TOKYO)」と「ミュベール(MUVEIL)」のコラボレーションライン「コンバース トウキョウ × ミュベール」から、初のシューズ「オールスター(ALL STAR) 100 HI / MV」が登場する。2020年4月25日から、コンバース トウキョウとMUVEILの各店舗、オンラインストアで発売する。



コンバース トウキョウ×ミュベール「オールスター 100 HI / MV」15,000円(以下税別)



東京を代表するデザイナー、クリエイターを中心に新たな価値を創造するカプセルコレクションの一環として始動した「コンバース トウキョウ × ミュベール」は、19年春夏シーズンよりスタートし、3シーズンとなる20年春夏がラストコレクションとなる。そのラストシーズンで遂に、初のシューズが登場することとなった。コンバースの「オールスター」生誕100周年を記念して誕生した「オールスター 100」がベースとなり、アッパーにはイチゴ柄を全面にあしらっている。





履き心地にこだわった「リアクトR(REACTR)」インソールにはイチゴの匂いに誘われたハチをイメージしたプリントを施した。かわいらしさと遊び心を持たせたデザインに加え、両足のトウキャップにさりげなくプリントされたミュベールの筆記体ロゴなどディテールにもこだわっている。シューレースは、プレーンのホワイトをはじめ、ミュベールのロゴを連ねたレッドとブルーの3セットとなっており、その日の気分やコーディネートに合わせ気軽にシューレースを付け替えられるのもポイント。ミュベールらしいロマンチックでフェミニンな大人顔のシューズに仕上がっている。





【商品概要】 コンバース トウキョウ×ミュベール「オールスター 100 HI / MV」15,000円
発売日:2020年4月25日(土)
サイズ:22.5cm~26.0cm

(おわり)

取材・文/久保雅裕(encoremodeコントリビューティングエディター)





「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN





アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play