enj_201223_amatsuki_main

ピックアップ
2020.12.22

「天月-あまつき- 10th Anniversary Live Final!!~Love&Pop~/~Rock&Cool~」ライブレポート

遅ればせながら、8月29日、30日に行われた天月-あまつき-の配信ライブ「天月-あまつき- 10th Anniversary Live Final!!」のレポートをお届けする。12月23日には新曲「ウインター・ワンダーランド」の配信リリース、12月30日開催の「ワンマンライブ"Resfeber"」や、関連イベントの情報解禁など、なにかとトピックスの多い天月の動向をフォローしよう。

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



天月-あまつき-は、ボカロや動画配信といったカルチャーをネイティブに体験してきたアーティストの第1世代と言えるかもしれない。声優アーティストという立ち位置も備わっているし、アニメやリリックビデオなどの映像表現を駆使したライブ演出もユニークだ。

そんな天月が、自身のアーティスト活動10周年のファイナルを飾る配信ライブ「天月-あまつき- 10th Anniversary Live Final!!」を、8月29日、30日の2日間に渡って開催した。この公演は「Love&Pop」、「Rock&Cool」というサブタイトルが冠せられており、それぞれに異なったコンセプトのセットリストと演出のもとにパフォーマンスが繰り広げられた。




会場はもともと4月に通常の有観客ライブとして本公演を開催するはずだった幕張メッセ イベントホール。人けのないメッセホールでひとりギターを掻き鳴らし、「やっぱりだめだなあ」とうなだれる天月。と、そこに現れたのは、自宅待機中の正宗ならぬ“まさえもん”。アーティスト活動を始めた当時の映像を眺めながら「こんなふうに天月の活動は始まったんだ……」と諭すまさえもんに、「いや、やる!そして証明して見せる……自分の成長した姿を」とライブに臨む決意を告げる天月。

無観客であることを逆手にとったオープニング映像から、1曲目の「かいしんのいちげき」へ。ホーンセクションが奏でるスウィンギンなメロディに乗せて、男女4人のダンサーとともに軽やかなステップを刻む天月。細身のパンツルックにストライプのジャケットをあわせた天月はどことなく中性的な印象で、ボーイッシュなハイトーンボイスがいつにもまして際立って感じられた。

途中のMCでは手元のタブレットでオーディエンスの反応を確かめながら「僕から見える景色はめちゃくちゃ広い会場なんですけど、10th Anniversaryの大事な一日を素敵にしようとバンドメンバーやスタッフとこの日を迎えて、久しぶりにライブをやったりするわけよ……暑いのなんのって!息が上がるのなんのって!でもめちゃめちゃ楽しいです。やっぱライブってこういうもんだよな。だからこそ聴いてくれている人たちにもっともっと楽しんでもらいたいな」と、画面の向こう側に語りかける。




「今日のこの日はみなさんにとって365日のなかの1日で、さらにその1日のなかの2時間くらい……このライブがみなさんの気持ちのなかにどう残るのか?僕はわからないけれど、どうか最後まで楽しんでいって!」という言葉に続けてドラマチックなバンドアンサンブルに彩られた「きみだけは。」へ。疾走感あふれるギターのフレーズと少年ぽさを漂わせた天月の歌声、夏の日の思い出を切り取ったようなスクリーンのイラストレーションが気分を盛り上げる。さらに「ホシアイ」、メンバー紹介を挟んで「月曜日の憂鬱」と続けたパートは、まるで甘酸っぱい思い出が詰まったジュブナイル小説を繰っているようなノスタルジーがあった。

セットリストの中盤を越えてなおダンサブルな曲を立て続けに繰り出しながら、ビッチやテンポの乱れもなく、高音もよく伸びる。むしろライブ勘を取り戻したかのように生き生きと楽しげな表情を見せる天月に、一流のショーマンシップを感じないわけにはいかない。反面、鍵盤の弾き語りで披露した「キミトボク」で紡がれるひたむきな言葉もまた天月というシンガーの本質に違いない。




初日「Love&Pop」本編はアップリフティングでポジティブな「Dear Moon」でフィニッシュ。そして「Love&Pop/Rock&Cool」のリハーサルや幕張メッセホールに機材を搬入し、ステージセットを設営する様子を収めたドキュメンタリー映像がスクリーンに映し出され、「次の10年も同じ10年を共有できますように。みんなに出会えて本当によかった」という天月のモノローグに続けてアンコールへ。

吹っ切れたように「恋人募集中(仮)」、「きっと愛って」の2曲を披露すると、「楽しい時間はあっという間で、Love&Popは次の曲で終了となります!」と告げる。と、なぜかバンドメンバーは苦笑い。「え、曲がない?これで終わり?ごめん、本当に勘違いしてた!やべー、なんか締まんねー(笑)」と実に天月らしい微笑ましいエンディング。タイトルに違わぬLoveとPopに溢れた天月の姿に声をあげて笑ってしまった。




翌日の「Rock&Cool」は、オープナーの疾走感あふれる「イデア」、中盤のゴシックでノワールな「儚きゴースティング」、デジロックな「マリオネットラヴァーズ」が象徴的なセットと言えるだろう。2日間に及んだステージを見届けて思ったのは、天月というシンガーの魅力はどこにあるのだろう?ということだ。少年ぽさを残したハイトーンボイス、ポピュラリティを外さないソングライティング、天真爛漫で真っすぐなキャラクター、映像表現と一体化したライブエンタテインメント……もしかしたらそんな理屈を超えたファンタジーを見せてくれるところかもしれない。




2日目の最後に「自分から見えている世界は簡単に変えることができます。でも自分の人生を大きく変えてくれる一瞬に出会うのは難しい。ありがたいことに僕はそれに出会えた。だからこそ僕はその感謝の気持ちを伝え続けていかなきゃいけないなと思っています」と語っていた彼の言葉を聞きながら、大丈夫!君はちゃんと“誰かの道標に”なれているから……そう伝えたい気持ちになっていた。


天月

Photo by Tatsuya Kawasaki(isai.inc)



天月は、12月23日に新曲「ウインター・ワンダーランド」を配信リリース、12月24日にはYouTubeチャンネルでスペシャル生配信を、同じく12月24日から期間限定でオリジナルプロジェクションマッピングやコラボグッズ、キッチンカーなどを展開する「天月コラボ神社東京タワー×天月-あまつき- 冬休みスペシャルコラボ」を実施。さらに12月30日には「ワンマンライブ”Resfeber”」開催と、年末に向けてその活動をますます加速させている。

(おわり)

取材・文/高橋 豊(encore)




■「天月-あまつき- 10th Anniversary Live Final!!~Love&Pop~」セットリスト――2020年8月29日(土)
1.かいしんのいちげき
2.恋に溺れて
3.ライフ イズ ビューティフル
4.小さな恋のうた
5.きみだけは。
6.ホシアイ
7.月曜日の憂鬱
8.Sing!Swim!Swing!
9.カラフルタッグチーム
10.ファンサ
11.キミトボク
12.Letters to me
13.流れ星
14.Dear Moon
EN1.恋人募集中(仮)
EN2.きっと愛って

■「天月-あまつき- 10th Anniversary Live Final!!~Rock&Cool~」セットリスト――2020年8月30日(日)
1.イデア
2.This Night
3.Mr.Fake
4.ヒロイックシンドローム
5.小さな恋のうた
6.きみだけは。
7.ホシアイ
8.儚きゴースティング
9.マリオネットラヴァーズ
10.Ark
11.キミトボク
12.Letters to me
13.流れ星
14.Dear Moon
EN1.スターライトキセキ
EN2.Hello,My Story

■天月-あまつき-ワンマンライブ”Resfeber”
2020年12月30日(水)@東京国際フォーラム ホールA/Streaming+ 天月-あまつき-オフィシャルサイト

天月

※ライブ、イベントの内容は開催当日までに変更される場合があります。必ずアーティスト、レーベル、主催者、会場等のウェブサイトで最新情報をご確認ください。




天月

2020年12月発売予定のDVD「天月10th Anniversary Live Final!!!〜Love&Pop/Rock&Cool〜」



天月
天月-あまつき-「ウインター・ワンダーランド」
2020年12月23日(水)配信
ユニバーサルミュージック




J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play