enj_200914_miwa_main

ピックアップ
2020.09.14

「miwa live at 下北沢LOFT ~Remote acoguissimo~」――ライブレポート

デビュー間もない2011年にスタートし、2018年に横浜アリーナで47都道県制覇という目標を達成したmiwaの弾き語りライブ企画「acoguissimo(アコギッシモ)」。その名を冠した彼女の初めての無観客配信ライブが、9月12日、下北沢LOFTで行われた。

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



今年3月、コロナ禍の中でデビュー10周年を迎えたmiwa。ステイホーム期間中に「Look At Me Now」、「Who I am」と2本の配信リリースや、YouTubeで弾き語り動画を公開するといった話題はあったものの、比較的静かな周年イヤーを過ごしてきた彼女だが、いよいよライブ活動を再開する。

9月12日、miwaにとって初めての無観客配信ライブ「miwa live at 下北沢LOFT ~Remote acoguissimo~」が行われた下北沢LOFTは、デビュー前の彼女がデモテープを持ち込んでステージに立ったという思い出のライブハウスだそうだ。



いつもの下北沢LOFTの風景の中でmiwaがギターを抱えて歌っている。オープナーはデビュー前の彼女を象徴するかのような「アコースティックストーリー」。歌い終わりのMCで、17歳当時のLOFTでのエピソードを紹介しつつ、「直接は会えなくても、リアルタイムで繋がっていられる……皆さんどこで見てくれているのかな?いっしょに歌ったり、タオルを回したり、もしかしたらグッズTを着てくれてりするのかな。とにかくいっしょに楽しく盛り上がっていけたらいいな」と画面越しに語りかける。

余計な演出も、凝った照明もなく、オーバーサイズめの白いブラウスにひざ丈のスカートというシンプルな出で立ちのmiwaが遠い夏の思い出を歌うように「441」、「君に出会えたから」と続け、acoguissimo恒例の「miwaに“聞きたい!”“言いたい!”コーナー」へ。

ファンからの質問に答えて、リモートライブでのモチベーションについて、いつものライブと違いはないと言いながらも「ライブ自体が久しぶりなので、うれしい気持ちとドキドキする気持もがあって、ギターも練習したり……モチベーションに違いはないです。むしろ俄然やる気です!ふだんと違うからこそ、もっともっと楽しんでもらいたい。元気ありすぎ?(笑)」と、ファンとのやり取りを楽しみつつ、ライブ勘を取り戻していく様子が伝わってきた。



2013年の『Delight』から「Napa」を披露すると、前日に出演した「ミュージックステーション」の感想や、主題歌を歌う「妖怪シェアハウス」の最終回にカメオ出演したという近況報告で画面の向こう側のオーディエンスを和ませる。

去年のロック・イン・ジャパン・フェスで初披露して以来という「リブート」、続く「again×again」でペースチェンジ。曲調も歌詞のメッセージも強度を増して、力強いストロークでギターを掻き鳴らす。



「今年は3月3日でデビュー10周年でしたが、イベントもできず、みんなにも会ったりすることもできなくて……アルバムも出さないことになって。次に歌う曲はアルバムの1曲目にしたいなと思っていた大事な曲なんです。皆さんも思いどおりにいかないことだったり、くやしいこともあると思いますが、でもいまの世の中はもっともっと思い描いていたことと違うなっていうことがたくさん起きていると思います」とコロナ禍のいまを憂いつつ、「ライブでは、みんなに前向きな気持ちになって欲しい。前向きな気持ちになれるときって、自分自身を肯定できたときだと思います。そんな自分を大切にしたいし、みんなにも自分自身をもっと好きになって欲しいという願いを込めて歌います」と、内に秘めた静かな思いを打ち明けるように「Who I am」へ。アウトロのない潔い歌い終わりが、かえって余韻を際立たせる。

「いまはみんなにも会えなくても、いつかまた会える日が来ると信じて、私の歌がみんなにとって光にとなれるように」と告げてラストの「ヒカリヘ」へ。聴き手の気持ちを揺さぶる「奇跡だって起こせるって信じたい」という歌声を響かせてmiwa史上初のリモートライブを締めくくった。



miwaは不思議なシンガーだ。あどけない少女に見えたかと思えば、ふとした瞬間に年相応の色香や悲しみを漂わせたり……歌声も、ステージでの立ち振る舞いも、そのときどきで変化するのだが、それは聴き手の感情によってそれぞれのmiwa像がかたちづくられているからかもしれない。

では、この日のmiwa像はどうか?さしずめ“コロナ禍にたくましく生きる市井の人”だ。配信ライブでのmiwaは、ギターを背負って下北沢LOFTに自転車を走らせていた17歳のmiwaと同じように、真っ直ぐに前を見て未来への希望を歌っていたはずだから。

(おわり)

取材・文/高橋 豊(encore)



■miwa live at 下北沢LOFT ~Remote acoguissimo~ セットリスト(2020年9月12日)
M1. アコースティックストーリー
M2. 441
M3. 君に出会えたから
M4. Napa
M5. リブート
M6. again×again
M7. Who I Am
M8. ヒカリへ



miwa
miwa「DAITAN!」
2020年9月9日(水)発売
初回生産限定盤(CD+DVD)/SRCL-11544/11545/1,545円(税別)
ソニーミュージック
miwa
miwa「DAITAN!」
2020年9月9日(水)発売
通常盤(CD)/SRCL-11546/1,091円(税別)
ソニーミュージック




J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play