sp_210821_jo1_main

特集
2021.08.21
JO1「STRANGER」インタビュー

Vol.2――まだ見たことのないJO1

前作「CHALLENGER」の勢いそのままに早くも4th シングル「STRANGER」を解き放つJO1。夢と現実=“REAL“を行き来する彼らのありのままを!全2回のインタビュー、Vol.2は與那城奨、金城碧海、木全翔也、川西拓実、豆原一成、佐藤景瑚 編

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



――4thシングルとなる「STRANGER」には様々なタイプの楽曲が収録されています。リード曲の「REAL」でより成長を感じたことを教えてください。

木全翔也「景瑚くんの歌がめちゃくちゃうまくなったよね」

金城碧海「うん。「REAL」ではないんですが、同じ収録曲の「STAY」で、景瑚くんが声帯を鳴らして歌う“エッジボイス”というものを習得していて、すごくカッコよかったんですよ。そこには大きな成長を感じました」

木全「セクシーな感じですごくカッコいよね。景瑚はオーディションの時に、“歌に自信がない”と言っていたのに、そんなことがなかったように成長していてビックリします」

佐藤景瑚「まだまだです。ボーカルの奨くん、(河野)純喜くん、碧海の3人は本当に上手いですし、その歌声を聴いていると“まだまだ練習しなくちゃ!”って思うんです。だからこそ、技術をもっと磨いて、頑張らなくちゃいけないなって思っています」

與那城奨「あとは、MVを撮影したときに、みんな自分の見せ方がすごく上手くなったなと感じましたね。アピールの仕方や、自分がこうしたらカッコいいというポイントがどんどんわかってきているように思うんです。なかでも「REAL」で二人一組になってハグをする振り付けがあるんですが、景瑚とマメがハグしているときに、景瑚がカメラ目線をバチっと決める瞬間は、本当にカッコいいんですよ」

佐藤「そこは!間違いなく!僕のポイントなので注目してください!」

全員「ははは!」

――撮影はいかがでしたか?

川西拓実「今回は水や草木など、自然なものが多く使われているんです。なかでも印象的なのは、表情でしたね」

與那城「アドバイスをたくさんもらっていたよね?」

川西「はい。とくに最後のサビは感情をしっかりと表情で表せられるように意識しました。最初と最後を見比べてもらえたら、その表情の違いも感じてもらえると思います」

木全「鏡を持っているところはカッコよかったよね」

與那城「すごくカッコよかった! しかも、拓実は“もう一回お願いします!”って何度も挑戦していてその貪欲さに痺れましたね」

川西「MVやレコーディングって、終わったときになにかしら後悔が残るんです。なので、それをできるだけ少なくしたいんですよね。とはいえ、どれだけ頑張っても全部はぬぐい切れないとは思うんですけどね」

與那城「この姿勢はすごくいいですよね」

金城「しかもこの日、本当に撮影している場所が暑かったんですよ。照明が大きかったんですよね?」

與那城「そうそう」

金城「太陽にみえるくらいの大きさの照明をつけた途端、すごく暑くなるんです。あれを浴びて“もう一回やらせて下さい!”とはなかなか言えない!」

與那城「途中でスタッフさんが確認するときだけ照明が消えるんですけど、その瞬間だけものすごく涼しくて(笑)」

豆原一成「でもその照明のおかげですごくカッコよくなりましたね」

與那城「衣装もジャケットなので本当に大変ではあったんですが、その分クールな仕上がりになりました」

木全「僕は円の形にレールを敷いて、その上をぐるぐる回るカメラの真ん中で撮影したんです。その回ってくるカメラに合わせてポーズをとるのが本当に大変だったんです。上手いこと目線を合わせないといけないんですが、なかなか合わなくて、最終的には自分で合わせにいっていましたね。その苦労も感じ取ってもらえたら嬉しいです(笑)」

豆原「JO1のMVって、CGが本当にカッコいいですよね。(川尻)蓮くんのシーンで炎が燃えているところがあるんですが、現地では赤く炎のような照明が照らされているだけなんです。どんな仕上がりになるんだろうなと思っていたら、あんなにもカッコよくなっていて驚きました。さらに(白岩)瑠姫くんや純喜くんが浮いていたりとか、CGだからこそ出来るMVは本当にカッコイイんですよ」

與那城「(鶴房)汐恩が3人いたりするもんね」

豆原「すごいですよね。あとは、鏡を使った撮影だったので、自分の肌をまじまじと見て、ちょっと荒れていたので、もっと健康に暮らさないとダメだなって思いました(笑)」

川西「そんなこと思いながら撮影してたんだ(笑)」

豆原「もっとキレイな肌にならないといけないなって思っていました(笑)。あとは、ダンスパートも練習をしっかりできていたので、揃ったダンスを堪能できると思います」



――今回のダンスの難しさはどのくらいなんですか?

豆原「気持ちよく踊れるくらいなのでそこまで難しくはないんです。でも、今回はふたりや3人で踊るところが多かったので、カメラワークを見てもらえたら嬉しいですね」

佐藤「撮影は2日間、かなり夜遅くまであったんです。僕が鏡を持っているソロシーンが最後のラストカットだったんですが、みんながもう疲れちゃっていたんですよね。そんなときに、スタジオに食事の宅配に使うリュックがあったので、それを背負って“宅配で~す!”って言ったらみんなが笑ってくれて! そしたら、違うスタッフが、僕の真似をしてそのリュックを背負って、撮影しているスタジオの現場まで突入していったんですよ。そしたら監督さんもスタッフさんも大ウケしていて、僕がやったときより大きな笑いをもらっていたんです!」

木全「悔しかったの?」

佐藤「めっちゃ悔しかった! でも俺の方が絶対に面白かったけどね!」

木全「でもそれで場が和んでよかったね(笑)」

佐藤「うん(笑)。そのスタッフさん、輝いていましたね……悔しいけど!」

――あはは。さて、今回の収録曲で、みなさんがレベルアップしたなと思う曲を教えてください。

與那城「今回は収録曲すべてのキーが高くて、アドリブなどはかなり技術を求められたんです。今回は純喜がアドリブをしたんですが、彼でさえしんどそうな高いキーだったんですよ。「STRANGER」というタイトルなので、まだ見たことのないJO1を見せるためにも、この挑戦は必要だったのかなと思っています」

――「Freedom」は妖艶さも求められる曲ですが、より色気を感じるようになったメンバーはいますか?

與那城「マメは最年少なのにすごく感じるよね。「Freedom」のPVでもすごくカッコよかったでしょ」

佐藤「どうやって色気をだしてるの?」

豆原「えっ……わかんないっす!(笑)」

與那城「踊っているときに魅せ方を研究するタイプとはまた違って、マメは音楽が流れたら勝手に身体が動くし、表情も変化するんだよね」

豆原「……あっ!高校卒業したからだ!」

佐藤「卒業したら大人だもんね!」

豆原「うん。気持ち的にも違いますね!」

與那城「そうなの? それって妖艶と違くない?(笑)」

豆原「お仕事に集中できるので!」

木全「いまはエンターテインメントを勉強しているんだよね」

豆原「そうです!」



――「Dreaming Night」では、妖艶さとはまた対極の可愛らしさを求められていますよね。

豆原「はい!」

川西「どうした?」

豆原「僕、かわいいって言われがちなんですが、本当の性格は逆なんです。どちらかというと、クールな方が好きだから、かわいい表情は簡単にはできないんですよ。でも、みなさんにかわいいって言ってもらっているので、そのイメージと自分とのギャップにちょっとプレッシャーを感じていて…。でも期待に応えられるように頑張っています」

與那城「マメはかわいいもカッコいいもできるもんね」

佐藤「僕も一緒ですね。でも、本当に心から楽しいと思うと自然と笑顔になりますし、気持ちよくなれるんです」

與那城「あとは、声を出すようにしています。サビの時も掛け声や、ワイワイするところを楽しみにしていて。音楽が鳴って始まると笑顔になったり、身体が勝手に動くのはすごく楽しいですね。声を出すと、お互いがもっと盛り上げていこうという気持ちにもなりますし、どんどんエネルギーが広がっていくのがわかるんです」

川西「ダンスをする前に奨くんや純喜くんが“楽しもう!“と盛り上げてくれるのはすごく助かっていますね」

與那城「自分に言い聞かせているところが大きいんですけどね(笑)」

佐藤「そう言えば、「Dreaming Night」で、碧海にパートが変わったところがあったんですよ!」

金城「え !?」

木全「最近気づいたんだよね」

佐藤「そう!たしかにレコーディングで上手く歌えなくて、“かわいい系はやっぱり苦手なのかな”って思っていたフレーズがあったんです。でもそのあとに碧海がそこをレコーディングしたんだよね?」

金城「たまにこういうことがあるんです。自分のパートはしっかり練習してから行くんですが、たまに“ここ歌ってみて”と言われて追加されることがあるんです。でも、あのときはたまたま僕しかいなかったんだよ」

佐藤「いや、でもやっぱり上手くて。負けないように頑張ろうって思いましたね。奨くんとかそういうことよくありそうじゃない?」

與那城「いや、意外とないかも。例えば、誰かが本当に喉の調子が悪くてかわりに歌うことはあっても、パートが変わることはないかな」

木全「僕は合いの手をよく要求されます!」

與那城「それぞれの得意分野が活かされているね」

――「STAY」はさわやかな曲ですよね。

木全「この曲は、写真を撮るときに、“待って、今の状態でステイ!”というような瞬間を表しているんです。そんな変わらずにいたい素敵な瞬間をこれからもJAMのみなさんと作っていきたいという想いも込めました」

――最近でそのような瞬間はありましたか?

與那城「イヴ・サンローランのイベントで久しぶりに表舞台でパフォーマンスをしたときは楽しかったですね。その瞬間は収めておきたいと思いました」

豆原「あとは、みんなでダラダラしているときに“この瞬間に時が止まればいいのに”って思います(笑)」

佐藤「いま、レコーディングも終えて次への準備期間になっていて、少しだけ時間がゆっくり流れているんです。その落ち着いた時間がすごく楽しいですね」

豆原「みんなで話しているのが楽しいですよね」

――その他の曲もとても幅広い曲となっていますが、みなさんが今後挑戦したいことはどんな曲ですか?

佐藤「全英語詞の曲とかカッコいいよね?「マーガリン」とか?」

豆原「パロディはやめなさい(笑)。でも英語はカッコいいね」

金城「グルーヴィな曲が歌いたいですね。みんなの歌唱力もすごくレベルアップしていますし、今だからこそ歌える曲があると思うんです」

川西「カッコよさそうだね」

與那城「あとは、ライブでJAMのみんなが一緒にダンスができる振り付けがある曲が欲しいですね。

豆原「「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」みたいな?」

與那城「そうそう!キャッチーな振り付けをあてはめてみんなで分かりやすく楽しめる曲があったらいいよね」

川西「僕はチルな感じの曲が歌いたいですね。ちょっとクールな僕らをみせたいと思います」



――では最後に、ここにいないみなさんのリアルな姿を教えてもらえますか?

木全「蓮くんは毎日仕事場にパソコンを持ってくるんです。そこで音作りをしているんですよね。僕や純喜も音作りをしているので楽器を持ってきたりはするんですが、蓮くんは本当に毎日持ってきているんです」

――もしかしたらオリジナル曲が早い段階で聞けるかも?

全員「どうでしょうね~(笑)」

――楽しみにしていますね。

金城「汐恩は、オーディションの時の私服を知っていたので、洋服にあまり興味がないのかなって思っていたんですよ。この前の汐恩の誕生日の時に、服をプレゼントしようと思って“あまり興味ないの?”って聞いたら、”最近、目覚めたんです”と言っていて! ただ、買った服を着るタイミングがないから家に積んであるらしいんです。それが見られるのが楽しみですね」

與那城「練習があると、どうしてもレッスン着になっちゃうからね」

金城「たまに革靴を履いていたりするから、めずらしいなって思うんです」

木全「あいつ、シンプル目指しているらしいっすよ!」

佐藤「そうなんだ(笑)。シンプルな洋服いっぱい買い込んでいるのかもね」

木全「僕のリアル情報をお伝えしますね。瑠姫くんが、とある場所から目的地まで行く時に、どうやら近道を見つけたらしくて、カッコよく“俺が近道を教えてやるよ”って教えてくれたんです。そしたら本当に近くてビックリしたんですよ!」

金城「ええっ! 教えてほしい!」

木全「あれは知っていて損がない道! “瑠姫くん、ありがとう!”って心から思ったもん!」

與那城「僕は(大平)祥生のことについて言おうかな。祥生って、筋トレするときにかならず僕を呼ぶんですよ。“奨くん、腕立てするから一緒にやりましょう”って言われるんですが、僕はつかれているからあまりやりたくないんですよね(笑)。でも、付き合ってやると、僕より先に途中からやらなくなるんですよ!(笑)」

川西「奨くんは優しいからね(笑)」

豆原「ちなみに純喜くんは、いつもリアルであのままなんですが、家ではつねに上半身裸です! 夏も冬も関係なく、どうしても裸を見せたいらしくて(笑)」

全員「ははは!」

――ほっこりなエピソードありがとうございました!では最後にまとめをお願いします。

與那城「「STRANGER」というタイトルにある通り、まだ見ぬ自分に出会うというコンセプトになっているんです。鏡や水面に映る自分って、ほかから見れば違うことがあるんですよね。でも、それは新鮮ですし、誰にでもあることなのでポジティブに捉えて欲しいんです。まだ見たことのない潜在能力と挑戦していく姿は誰も見たことがない姿だと思うので、みずから、探し出してほしいというメッセージを感じ取ってもらえたら嬉しいです」

川西「100点のコメント!」

與那城「ありがとう(笑)」

(おわり)

取材・文/吉田可奈
写真/中村 功




encore Radioスペシャル・トーク・プログラム(YouTubeエディット)
4th Single「STRANGER」スペシャルトーク Vol.1――金城碧海、白岩瑠姫、鶴房汐恩
4th Single「STRANGER」スペシャルトーク Vol.2――豆原一成、川西拓実、佐藤景瑚、大平祥生
4th Single「STRANGER」スペシャルトーク Vol.3――川尻 蓮、河野純喜、與那城奨、木全翔也









JO1
JO1「STRANGER」
2021年8月18日(水)発売
初回限定盤A(CD+DVD)/YRCS-90196/1,900円(税込)
LAPONE ENTERTAINMENT
JO1
JO1「STRANGER」
2021年8月18日(水)発売
初回限定盤B(CD)/YRCS-90197/1,900円(税込)
LAPONE ENTERTAINMENT
JO1
JO1「STRANGER」
2021年8月18日(水)発売
通常版(CD)/YRCS-90198/1,400円(税込)
LAPONE ENTERTAINMENT




J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play