enj_200904_bis_main

ピックアップ
2020.09.05

BiS「ANTi CONFORMiST SUPERSTAR」インタビュー――正義を押しつけない感じ

ゾンビのごとく またもや“新生”してしまった新生アイドル研究会こと第3期BiS。チャントモンキー、ネオ・トゥリーズ、トギー、イトー・ムセンシティ部という個性に、JxSxKこと渡辺淳之介とプロデューサー・松隈ケンタのコンビが与えた夢の続きとは?

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



──全7曲入りのEP「ANTi CONFORMiST SUPERSTAR」がリリースされました。ハードでラウドなロックナンバーが並びつつ、カラフルな印象もある作品になっているなと感じました。

チャントモンキー「7曲とも曲調は違うんですけど、その中で統一感もあって、全体的なバランスがいい作品だなと思っています。統一感を感じる理由の一つは、歌詞だと思うんですけど、EPのタイトルには“自分の正義を貫く”というような意味があるんですけど、そのタイトルに合った歌詞をいただいたなって思います」

──収録曲の「IT’S TOO LATE」では、チャントモンキー×JxSxK名義で作詞を手がけています。

チャント「最初に曲を聴いたときにすごくかっこよくて、歌うというよりは叫んでいる感じの曲だなって思ったので、暗い気持ちや怒りの感情を伝えようと思って書きました。それをマネージャーの渡辺さん(渡辺淳之介=JxSxK)が整えてくれたので、渡辺さんがすごいです(笑)」




──なるほど(笑)。トギーさんはいかがですか?

トギー「このEPは、すごくかっこいいです!」

──それに尽きる?

トギー「尽きます!毎回かっこいいなって思ってるんですけど、いつも最新作が一番かっこいいなって思います。ずっと、過去のかっこいいを超えてきているというか。歌詞も、以前とは変わったきたなと思います。デビューアルバムの時は、“これからどうなるか不安で怖いね”っていう感じの歌詞が多かったと思うんですけど、今回はすごく強気の歌詞が増えていて。そういう歌詞を歌えるようになったことがうれしいです」

イトー・ムセンシティ部「1年活動してきたから歌える曲、歌っていてしっくりする曲が増えたというか、そういう面ではすごく変わったと思います。その結果、BiSの幅が広がったと思います。ただ、メンバーの人間性が変わったわけではない(笑)」

チャント「でも、キャラは立ってきたというか」

イトー「安定してきたというか(笑)」

トギー「個人個人が少しずつ極められてきた感じはあるよね」

イトー「作品の話に戻ると、私はすごく贅沢な一枚になってるなー!って。個人的には、どの曲もシングルのリード曲になったらいいのになっていう曲ばっかり。その上で、7曲の中で喜怒哀楽が表現されているなと思います。例えば、喜びだったら「DESTROY」とか「DiRTY and BEAUTY」で、怒りだったら「I WANT TO DIE!!!!!」や「IT’S TOO LATE」、哀しみは「GETTiNG LOST」、楽しいは「CURTAiN CALL」みたいな。あと、ふだんの私は音楽を聴くときに曲単位で聴きたい音楽を選ぶんですけど、このEPは7曲を通して聴かないと満足できない、通して全部聴きたい欲が掻き立てられる一枚になってるなって思います」

ネオ・トゥリーズ「私が、この歌詞を歌えるのが本当に幸せです。それぞれ感情は違うけど、共通しているのはどストレートなこと。普通は言いにくいこともバンバン歌ってて、自分的にもすっきりします。強気だけど、自分は一人じゃないって感じさせてくれるというか、寄り添ってくれる部分もあって、だから私は大好きです」




──タイトルの「ANTi CONFORMiST SUPERSTAR」は、直訳すると“反適合者のスーパースター”、“同調しないスーパースター”というような意味合いですけど、共感する部分はありますか?

イトー「BiSっぽいなって思います」

トギー「最初は意味がわからなくて和訳したんですけど(笑)、確かに私たちの気持ちはそうだなと思います。周りが正しいとは限らないから、最終的には自分の意志を貫こうって、あらためて思わせてくれるタイトルだなって」

イトー「ただ、知らないうちに勝手に何かや誰かに同調していることもあるし、むずかしいよね。Twitterを見ていると、誰かの意見について、自分は深く知らなくても“確かに!”ってすぐに思っちゃってり、表面しか見えてないのに変に納得しちゃったりして。逆に、その意見に反抗している人がいたらいたで、そっちの考えにも揺れ動く感じもあったりするんですよね。自分で考えているわけじゃないのに」

チャント「SNSを見てると、流されやすくなるよね」

トギー「学校とかでも、同調圧力がすごいからね。私は、そういうのには抗って生きていきます!」

イトー「めっちゃ発信力がある人がBiSのこといいって言ったら、それは乗っかってほしいけどね(笑)。それまではBiSに興味がなかったり、嫌いだったりしても、自分が好きな人がいいって発信したら、みんな意見を変えるから。それも同調だけど、BiSにとってプラスになるなら、そういう同調はアリかなって」

──さっき、「キャラが安定してきた」という話がありましたが、それぞれどんなキャラクターなのか教えてもらってもいいですか?

イトー「トギーは、マジ元気ちゃんって感じだよね?」

チャント「そう、ずっと元気」

イトー「元気で泣かないんですよ。めちゃくちゃすごい根性とソウルを持っていて、それがかっこいい。裏で泣くことは、たまーにあると思うんですけど」

──実際、裏では泣いているんですか?

トギー「そうですね。夜は、ベッドで枕を濡らす日々です(笑)」

イトー「トギーがポジティブだから、うちらも元気が続くし、救われてる!」

チャント「人懐っこいんだよね。本当に誰にもで話しかける」

トギー「目が合ったら、友だちみたいなね」




──イトーさんは、どんなキャラなんですか?

チャント「面倒見がいいんですよ。風邪を引いたら、めちゃ心配しておかゆと水と家まで届けてくれたり」

ネオ「精神的にきついときに気づいてくれて、症状とか聞いてくる」

──医学の知識があったりするんですか?

イトー「いや、まったくないです(笑)。ただ、いろいろ調べちゃうんですよ。症状をから原因を探って、改善法を見つけたり。自分の調子が悪いときも、病院まで行きたくないから、自分で調べて自分で症状を改善させたり。メンバーを見ていると、わかるんですよ。先週と比べたら、何か違うってわかっちゃう。特にネオは、調子が悪くても口に出さないから。言えよって思うんですけど」

チャント「ネオは、いい意味で干渉しすぎないところもあるよね」

イトー「ネオは、聞き上手!相づちのプロ!」

チャント「でも、聞いているようで聞いていない時はわかる」

イトー「無愛想って言われることもあるでしょ?」

ネオ「言われるね。でしょうねって思う(笑)。こんな感じだからね」

イトー「あと、口が悪いんですよ」

ネオ「それは、みんな悪いでしょ。私の場合、母親の口が悪いから。全部命令口調みたいな(笑)」

イトー「親あるあるだよね。わかる(笑)」

チャント「でも、ネオはかわいいところもあるんですよ。ぬいぐるみを集めるのが趣味だったり、ギャップがいいんです!」

イトー「ガチャガチャも好きなんだよね。見つけると、“ちょっと待ってー!ガチャガチャやりたい!”って」

ネオ「ツナ缶の指輪とかあるんだよね。超かわいい」

トギー「ツナ缶は好きだけど、ツナ缶の指輪はいらないかな(笑)」




イトー「モンちゃんは、東京に染まらない担当。いい意味で田舎の福岡を失ってない。きっと周りの人がやさしい人ばっかりで、幸せに育ってきたんだろうなって思う。人に騙されて生きてこなかった気がする(笑)。そのぐらい純粋!」

チャント「でも、東京に来て騙されるようになったから(笑)」

イトー「それ、心配してるんだよね。最近、モンちゃん整体に行くようになったでしょ?週一ぐらいのペースで来てくださいって言われたって聞いたけど、それってカモられてない?」

チャント「肩がヤバいらしくて、週一ぐらいで来てって。でも、安くていいよ。15分で800円だから」

イトー「そうなんだ。そういえばだけど、最近マッサージの勉強を独学で始めたんだよね」

チャント「お金払うけん、今度やってよ!」

イトー「最終的には、柔道整復師の資格を取ろうと思ってるから!」

──柔道整復師は、国家資格ですよね。

イトー「国家資格なんですか!じゃあ、頭悪いから無理だ(笑)」




──BiSは、これまでもゲリラ的な活動を行なっていますが、正直どんな感覚なんですか?

トギー「楽しいですよ!ひどいことをやらされてるなって思う人もいるかもしれないけど、自分たちは楽しいと思ってやっています。また面白いことを考えてくれたんだ!わーいって(笑)」

──今後やってみたい、ゲリラ的な活動はありますか?

トギー「ラジカセで音を流しながら、日本全国を歩きたいですね」

イトー「参勤交代みたいな(笑)。私は、スカイダイビングしながら歌いたいな」

チャント「誰にも声が届かんよ(笑)」

イトー「気球とかもいいな。とりあえず、空を飛びたいんだよね。昔からの夢だから。鳥になりたい。空飛ぶアイドル」

トギー「だったら、宇宙行きたい」

イトー「わかる!」

チャント「私は、地方の駅前でゲリラ路上ライブがしたいです。特に、長野県上田市でしたいですね」

──なぜ、ピンポイントで長野県上田市?

チャント「以前、全国のタワーレコードさんを周らせてもらったんですけど、上田店に行った時にまだ全然知られてないな、上田市じゃまだまだだなと思ったんです。だから(笑)」




──リベンジ的な(笑)。最後に、今後の活動についてどんなイメージを抱いているのかを教えてください。

ネオ「絶対に、有観客で満員のライブがしたいし、いつかはできると信じて、そのときのためにやるしかないです」

イトー「変わり続けたいけど、いい意味で変わらない部分もあり……むずかしいですよね。でも、早く通常にライブが再開できるようになって、待ってて良かったなって存在にはなりたいと思います」

トギー「落ち込む時期はもう終わったので、以前のようなライブができる日のために、ずっと元気に、体も鍛えて、強くなったBiSを見せられるように、前だけを向いて活動していきたいと思います」

チャント「ライブに関しては、みんなが言ってくれた通りです。私は、個人的にもっと自分の感情をしっかり言葉にできるようになりたいですね。それは、作詞でもそうだし、ブログの文章でもそうです」

──こんなグループになっていきたいというイメージは?

イトー「あんまり“こうなろう!”と決めつけているところはないです。いろんなことを認めつつ、BiS内で正義を押しつけない感じがあるというか……この4人がBiSのことを好きなうちは、どんなグループになっても問題ないよねって思っています」

チャント「どんなグループになっても、それが結果的に良ければいいよね」

トギー「第1期のBiSは、全裸MVとかありましたけど、そこまでしても売れたい気持ちがあったんだと思います。それは私たちも同じで、どんなことをしてでも売れたいし、見てほしいし、聴いてほしいなっていう気持ちを持っています!」

(おわり)

取材・文/大久保和則
写真/いのうえようへい





サイサイ
BiS『ANTi CONFORMiST SUPERSTAR』
2020年8月19日(水)発売
初回生産限定盤(CD+Blu-ray)/CRCP-40604/5,500円(税別)
Revolver records


サイサイ
BiS『ANTi CONFORMiST SUPERSTAR』
2020年8月19日(水)発売
通常盤(CD)/CRCP-40605/1,819円(税別)
Revolver records




J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play