tpcs_180215_alfee_main

トピックス
2018.02.15

THE ALFEEがリュック・ベッソン監督のSF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』で声優に挑戦

THE ALFEEの高見沢俊彦、坂崎幸之助、桜井 賢が3月30日公開の映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』で日本語吹き替え版声優に挑戦した。

<PR>
SMART USENのTHE ALFEE特集チャンネルはこちら



THE ALFEEが声優を務めたのは、情報屋トリオのドーガン=ダギーズ。超巨大宇宙ステーション、アルファに住む“ぶさ可愛い”ハト風エイリアンの3匹だが、実は物語のカギを握るキーマン。三位一体のおしゃべりが、まさにTHE ALFEEにも通じる憎めないキャラクターだ。

今回のオファーを受けた理由について、「こういうチャンスはなかなかあるもんじゃない。しかも人間の役じゃないもんね。俳優さんはイメージがあるから難しいけど、うちらは関係ないからこういうキャラが出来るんです(笑)」と坂崎。

桜井が「役作りしようがない。これは現場でプロに教えてもらおうと。3人の掛け合いはコンサートといっしょだからね」と言えば、「今年はグループ名を、ドーガン=ダギーズにしようか」と坂崎。

プライベートでもよく映画を観るという高見沢は、本作を「この手の映画が好きなんですが、今までに観たことがないようなSF映画。映像が美しい!それと冒頭で流れるある音楽にやられたので、ぜひご注目ください」と絶賛。

また、坂崎が「映像もきれいで、内容も愛にあふれているので、楽しんでください」と本作の見どころを紹介。桜井は「もう数回観ているんですけど、大きなスクリーンで観たいと思っていました。ぜひ楽しんでください」、高見沢は「僕らドーガン=ダギーズの出演シーンはあんまり美しくないですけど(笑)、映像がとにかく美しい。スクリーンで楽しんでください」と、しっかりアピール。

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は『レオン』、『LUCY/ルーシー』のリュック・ベッソン監督最新作。3月30日から全国ロードショー公開される。



THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」
2017年12月20日(水)発売
通常盤/TYCT-30070/1,000円(税別)
Virgin Music


THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」
2017年12月20日(水)発売
初回限定盤A/TYCT-39068/1,000円(税別)
Virgin Music


THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」
2017年12月20日(水)発売
初回限定盤B/TYCT-39069/1,000円(税別)
Virgin Music


THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」
2017年12月20日(水)発売
初回限定盤C/TYCT-39070/1,000円(税別)
Virgin Music


SMART USENのTHE ALFEE特集チャンネルはこちら



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play