Information

2018.11.28
中川翔子「blue moon」インタビュー――あなたにとって月のような存在って誰ですか?
2018.08.29
mabanua『Blurred』インタビュー
2018.08.20
SING LIKE TALKING『3rd REUNION』インタビュー
fl_181205_usen_main
選曲家の声
2018.12.05

発表!2018 年間 USEN HIT ランキング表彰式――イベントレポート

2018年12月5日、株式会社USEN(代表取締役社長 田村公正)は「2018 年間 USEN HIT ランキング」を発表。J-POP、洋楽、演歌/歌謡曲のジャンルで1位を獲得した楽曲に対し、レコード会社各社に楯が贈られた。贈呈式には、J-POP部門1位のDA PUMP、演歌/歌謡曲1位の三山ひろしが登場、記念品が贈呈された。 “全国の街でもっとも流れていたヒット曲”を讃え、2018年の日本の音楽シーンを総括する表彰式の模様をレポートする。

enj_181212_fuki_main
ピックアップ
2018.12.12

FUKI『IN LOVE』インタビュー――包み込むような好きって気持ち

ラブソング、夏、海といったキーワードで語られることが多かったシンガー、FUKI。しかし、ストレートに『IN LOVE』と綴られた最新作には、そうしたイメージを覆す「Christmas Time Again」や「あと少しだけ」などこの季節に相応しい楽曲が集められている。ジャケットのアートワークのように穏やかで暖かい光に包まれたFUKIの歌声を聴きながら読んでもらいたいインタビュー。

tpcs_181214_junretsu_main
トピックス
2018.12.14

祝!紅白初出場「純烈のドラマチック歌謡」公開収録@LOFT/PLUS ONE――「純烈の歌舞伎町で逢いましょう」イベントレポート

12月7日、USENの音楽放送サービス、SOUND PLANET「C-42 元気はつらつ歌謡曲」の人気番組「純烈のドラマチック歌謡」がスタジオを飛び出し、新宿LOFT/PLUS ONEで公開収録イベントを行いました。純烈の酒井一圭、小田井涼平、白川裕二郎、友井雄亮、後上翔太によるトークライブ「純烈の歌舞伎町で逢いましょう」の模様をたっぷりの撮りおろし写真とともにレポートします。

enj_181204_ryokushaka_main
ピックアップ
2018.12.04

緑黄色社会『溢れた水の行方』インタビュー――明るくて、未来が開けるような

20代前半にして、すでに6年の活動歴を誇る緑黄色社会。J-POPとエヴァーグリーンな洋楽のエッセンス、卓越した演奏力やアレンジ力でポップミュージックの色を塗り替える頼もしい存在だ。ミニアルバム『溢れた水の行方』の出来映えとユニークなバンドの構造について聞いてみた。

enj_181214_cubocci_main
ピックアップ
2018.11.30

「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」特別編!ジュンの佐々木 進さん、ユナイテッドアローズの小木“poggy”基史さんとクボッチのクロストーク in SOLEIL TOKYO(後編)

10月23日から3日間にわたって開催されたファッションブランドの合同展示会、ソレイユトーキョー(SOLEIL TOKYO)。我らがクボッチ編集長と石田紗英子さんが、その会場となったEBiS303で「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」の公開収録を行いました。12月のencoreでは、会場を訪れていたSOLEIL TOKYOアドバイザーの方々を紹介しつつ、シークレットゲストを招いてのトークショーの様子もお伝えします。

enj_181129_hoop_main
ピックアップ
2018.11.29

ザ・フーパーズ『FANTASIC SHOW』インタビュー(後編)――トピックス&プライベートなにしてた?編

2ndアルバム『FANTASIC SHOW』をリリースしたばかりのザ・フーパーズへのインタビュー。後編は未来、星波、陽稀、つばさ、千知、Lee、乃愛、7人それぞれのトピックスとプライベートの話題、そして大いに盛り上がった「メンバーのこんな一面があることに気付いた!あんな秘密を知っちゃった!」コーナーを。

enj_181128_shokotan_main
ピックアップ
2018.11.28

中川翔子「blue moon」インタビュー――あなたにとって月のような存在って誰ですか?

しょこたんこと、中川翔子の3年半ぶりのシングル「blue moon」がリリースされた。meg rockとともにTVアニメ「ゾイドワイルド」の世界観に自身の想いを重ね合わせ、描き出したというタイトル曲の「blue moon」。劇作家の根本宗子作詞による衝撃の「Heavy Girl」、そしてCHiCO with HoneyWorks meets 中川翔子「ミスター・ダーリン」のセルフカバー。3曲それぞれに全く違った顔を見せてくれるアーティスト、中川翔子が語った過去、現在、未来。

記事をもっと見る