enj_160624_beni_main

ピックアップ
2016.06.24

BENIが語るニューアルバム『四季うた summer』
前編 新たなコンセプトを打ち出したアルバム

さまざまな夏のシーンをパッケージしたBENIのニューアルバム『四季うた summer』。ここに収録された、夏の恋に効く10曲について、BENI本人に語ってもらいました。前・後編2回連載でお届けします。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「SMART USEN」
★★★★★★★――詳細はこちら


the 1st volume

――6月29日に『四季うた summer』がリリースされることになりました。今回“四季”をテーマにアルバムを制作しようと考えたのには、何かきっかけがあったんですか?

「やっぱり日本と言えば四季ですから、今まで曲を作ってきた中でも、季節感はひとつの大きな表現の仕方になっていたんですね。でも、一歩日本から離れてみると、意外とそれが日本ならではの感覚なんだなって気づかされた。だったらそれをコンセプトに、より深く季節に潜り込んでアルバムを作ったら面白いんじゃないかなと思って始めました。最初の作品を夏にしたのは……、とりあえず夏が来るからっていうだけですけど(笑)」

――夏って、開放的なイメージが強いですけど、もちろん、それだけじゃないですよね。そういう夏のいろいろなシーンを切り取って、楽曲の中に落とし込んでいった感じですか?

「そうですね。パーンと晴れたときに海に向かいながら聴きたいような曲もあれば、夕日が落ちていく瞬間に、ゆったりと落ち着いて聴きたい曲もありますから。それに今、目の前で起こっている出来事が昔の夏を思い出させることもあったりするので、そういうものも描いてみました。例えば、このアルバムの中に〈花火〉っていう曲があるんですけど。花火は毎年見ますけど、隣にいるのは違う人だったりする。同じものを見ていても、そこでは違う思い出が作られていくんです。だから、それを思い返したりするのも夏ならではだなって思ったんです。そういういろんな場面にフィットするような曲たちが、今回は、たくさん思い浮かんだ。それで、“夏だからアゲアゲ”というわけではなく、いろんなタイプの曲作りに挑戦してみたんです」

――例えば1曲目の「サマーラバーズ」なんかは、まさに先ほど言っていた“晴れた日に海に向かいながら聴きたい曲”ですよね。

「はい。それをテーマに作りました。私、海が大好きなんですよ。だから、“夏が来た!”と思ったら毎年海に行くんですけど、そのときに聴くBGMが、その夏のテーマソングになったり思い出になったりするんですね。それもあって、私の曲がみなさんにとって、そういう曲になったらいいなと思いながら作ったんです。それに意外と今まで、私には夏をイメージした曲がなくて、今回も収録した〈OUR SKY〉くらいだったんですよ。そういう意味でも夏っぽい曲が欲しかったので、〈サマーラバーズ〉は、すごく楽しく作れました」

――リスナーは、この曲を聴いた瞬間、ああ、“夏に連れて行かれた!”って感じると思います。

「レコーディングしていたのは春だったんですけど、そのときから完全に私の夏は始まっていましたね(笑)。だから、そういうパワーのある曲なんだと思います」

――そして、2曲目はケツメイシの〈夏の思い出〉。BENIさんならではのイングリッシュカバーが、とても素敵でした。

「『四季うた summer』を作ろうと思ったとき、私が今まで出してきた『COVERS』流に、男性ボーカリストの楽曲を英語に変えたものを1曲入れたほうがファンの方が喜んでくれるかなって思ったんです。その瞬間、パッと浮かんだのが、私自身も大好きな〈夏の思い出〉。それでケツメイシさんにお願いしたら、快諾してくださったんです。でも、そのあとラップだったって気づいて、“うわ~、どうしよう!?”って(笑)。でも、すごく楽しいチャレンジになりましたね。ケツメイシさんは、メンバーの方それぞれが個性のある歌詞を書かれるので、私も彼らのフロウを意識しながら英語にしたんです」

――ラップもすごくカッコイイですよ。

「ありがとうございます。“Fuu!”とか“Yo!”みたいなヒップホップ的な効果音も自分でやったので、レコーディングも楽しかったです。普段はできないことですからね(笑)」

――じゃあ、今後はラップもやってみたらどうですか?

「そうですね。ラップの『COVERS』もやってみようかな(笑)。今回のことで、ちょっとだけ自信もつきましたし、私、ヒップホップも大好きですから。〈夏の思い出〉も私の周りの人たちに、すごく評判がいいんですよ。だから、みんなに楽しんでいただける曲になったらなって思ってます」

――ウエディングソングとして人気の「永遠」は、リアレンジバージョンを収録。

「この曲は3年前にシングルとしてリリースしたんですけど、そのあと、ビックリするくらい結婚式で使われて。まさか、そこまで浸透するとは思っていなかったので、すごく嬉しかったです。だから、せっかくなら、さらにしっとりしたアレンジも出したいなと思って、セルフカバーしたんです。結婚式は、人生の中の重要なポイントのひとつ。きっと、その人の一生の思い出として残っていくはずなので、それに〈永遠〉が色を添えられたらいいなと思いますね」
(つづく)

文/高橋栄理子

[  前編  ]|[  後編はこちら  



<PR>
音楽聴き放題アプリ「SMART USEN」
★★★★★★★――詳細はこちら




■「四季うた summer」ダイジェスト映像はこちら(YouTube)

■「四季うた summer」スペシャルムービーはこちら(YouTube)



BENI『四季うた summer』
BENI『四季うた summer』
【初回限定生産】6月29日(水)/UPCH-29220/3,980円(税込)/EMI Records
【通常盤】6月29日(水)/UPCH-20420/2.300円(税込)/EMI Records




「SMART USEN」は150万曲以上! だからJ-POPを思いきり楽しめる

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play