enj_181212_fuki_main

ピックアップ
2018.12.12

FUKI『IN LOVE』インタビュー――包み込むような好きって気持ち

ラブソング、夏、海といったキーワードで語られることが多かったシンガー、FUKI。しかし、ストレートに『IN LOVE』と綴られた最新作には、そうしたイメージを覆す「Christmas Time Again」や「あと少しだけ」などこの季節に相応しい楽曲が集められている。ジャケットのアートワークのように穏やかで暖かい光に包まれたFUKIの歌声を聴きながら読んでもらいたいインタビュー。

<PR>
FUKIのニューアルバム『IN LOVE』も聴けちゃいます! by SMART USEN



――『IN LOVE』はFUKIさんにとって3枚目のアルバムですが、この作品でFUKIさんが表現しようとチャレンジしたことは何ですか?

「決めていたことっていうのは特になくて、そんなの気にせずに作り始めていた感じですね。でも、これまででいちばんまとまった作品っていう想いはあります。1枚目の『LOVE DIARY』で恋愛にフォーカスして、2枚目の『LIFE DIARY』でちょっとライフソングをやって、今回のはそれらの“いいとこ取り”というか。その2作を経たことで、LOVEとLIFEが融合したようなアルバムができたんじゃないかなと思ってます」

――それは作り終えたときに感じたんですか?

「そうですね。全曲ラブソングということで、形としては『LOVE DIARY』に似てると思うんです。でも、『LOVE DIARY』では“好き”とか“会いたい”とか、そういう率直な想いのラブソングが多かったんですけど、今回はもっと、好きの裏側にある気持ちなど深い部分についても歌えたんじゃないかなって。それは『LIFE DIARY』があったからこそ表現できた言葉や歌い方だと思うんです」

――収録されている曲というのはこのアルバム用に作ったものになるんですか?

「ボーナストラックの「キミじゃなきゃ」、「ホンモノの恋、はじめませんか?」と、すでに配信されている「星が降る夜」や「大切なひと」以外は全部このアルバム用に作った曲になります」

――制作している中でアルバムの根幹を支えるというか、キーになる曲だと手応えを感じた曲はありますか?

「「Christmas Time Again」とか「シアワセ」とかは結構先にできていて、そのあと「あと少しだけ」ができたんですけど……この曲がなかなか出てこなくて。「あと少しだけ」を作るときにすごく悩んで、何を書けばいいんだろう、何が求められてるんだろうって考えたんです。そんなときにちょうど、「ホンモノの恋、はじめせんか?」と「キミじゃなきゃ」がAbemaTVの恋愛リアリティーショー「私の年下王子さま」のタイアップに決まったんですね。番組をきっかけに、自分の曲を聴き直したときに、いい曲だなあと思って(笑)。これでいいんだ!って初心に返ったというか……。なので、「キミじゃなきゃ」の続編を作ってみようということで、「あと少しだけ」ができたんです。そういう意味では、制作過程でターニングポイントになった曲ですね」

――いまお話に出ましたけど、「ホンモノの恋、はじめせんか?」と「キミじゃなきゃ」がまた多くの人に聴いてもらえるっていうのはうれしいですよね。

「3年越しぐらいですからね。ふつうは新しい曲が使われると思うんですけど、3年越しだからこそ、逆に、ちゃんと届いてるんだなと思って素直にうれしかったです。しかも、番組の中でめちゃくちゃいい場面で流してくださるんですよ!私も番組を観ながらいつも泣いちゃって(笑)。私、映画がすごく好きで、映像と音楽の相乗効果に感動を覚えるんですけど、自分の曲がそういうふうに番組の中で使われてるかと思うと、夢がひとつ叶ったような気持ちになりました」

――ちなみに番組は年下の男性との恋愛がテーマですけど、FUKIさん自身は年下の男性に恋をしたり、年下の男性をイメージした曲を作ったことはあるんですか?

「んー……言われてみればどっちもないですね(笑)。でも、番組を観てると7歳とか8歳下の男性でもすごくしっかりしてますよね。今度は、番組内のそういう恋愛模様をモチーフにした曲を書いてみようかな(笑)」

――ちょっと話が逸れてしまいましたね(笑)。本作ではFUKIさんが作られた楽曲のほかに、クリス・ハートさんの「I LOVE YOU」をカバーされていたり、「サヨナラ、あいしてる。」という楽曲では傳田真央さんが楽曲を提供されていたりと、また新たな試みをされていますね。

「今回、初めて自分じゃない人が作った曲を歌いました。「サヨナラ、あいしてる。」は、初めて女性の方と制作して。いつもは1人か、EIGOさんと制作するかのどちらかなので、すごく勉強になりましたね。この曲は、私のことを想像して書いたって真央ちゃんが言ってくれて。そのせいか、何の違和感もなくスッと入ってきたんですよ。とくに<私らしさとか ホントの幸せとか/映えてる写真みたいに 簡単に盛れないね>っていうフレーズを見たとき、わかる!と思って(笑)。私自身もそうですけど、今の子たちってやっぱりSNSに疲れちゃったりもしてるから、すごく刺さる歌詞だと思うんですよね。そういう意味ではすごく歌いやすかったです」

――傳田さんとのコレボレーションはどういうきっかけだったんですか?

「私がずっと真央ちゃんの「耳もとにいるよ」って曲をカバーさせてもらっていて、真央ちゃんがライブを観に来てくれたり、私も遊びに行かせてもらったりっていうのを、私がデビューする前からやっていたんです。なので今回、誰かいっしょにやりたい人いない?って言われたときに、真央ちゃん!って即答しました(笑)」

――楽曲を作っていただくときに何かリクエストしたんですか?

「何も(笑)。特に何も言わなかったのにこの曲が出てきたので、やっぱりすごいなあって」

――でもきっと、これまでの関係性があって傳田さんもFUKIさんにはこの曲っていうイメージがあったんでしょうね。

「そう言ってました。私のことを想像して、自分では歌えないものを歌にしたと言っていて。確かに、真央ちゃんの曲とはまたちょっと感じが違うタイプだったので、レコーディングも楽しかったです」

――レコーディングの現場には傳田さんも?

「そうですね。ディレクションもしてくださって」

――傳田さんとのレコーディングで印象に残っていることはありますか?

「最初にもらったデモに真央ちゃんが仮歌を入れてくれていて。私が作った曲だと当然自分のクセが出ちゃうじゃないですか。なので、この曲に関しては真央ちゃんを完コピしようと思って練習してたんですけど、それでもやっぱり実際の歌入れは難しかったですね。実はこの曲のキーは結構低くて、私自身低いキーで情熱的に歌うのが得意じゃないので、ブレスの位置とか伸ばし方など、真央ちゃんにアドバイスをもらいながらがんばりました」

――新しい表現方法を手に入れた感じ?

「そうですね。レコーディングを始めるときに、真央ちゃんとも“大人のFUKIを見せよう!”ってテーマを掲げたので、ちょっとお姉さんな感じが出てるんじゃないかなと思います(笑)」

――また、「Christmas Time Again」はタイトルどおりクリスマスソングですけど、FUKIさんと言えば夏とか海とかのイメージがあるので新鮮でした。

「私も夏が大好きで、冬はあんまり好きじゃないんですけど、クリスマスの時期だけは好きなんです(笑)。なんか、夏と違って、ワクワクもあるけど切ない感じがするというか。あと、クリスマスの時期がいちばん、好きな人や大切な人のことを思うような気がするんですよね。なので、そういうクリスマスソングを作ろうと思って作りました。これは結構あっという間にできたかな」

――作るのも楽しかった?

「そうですね。でも、作ったのが夏だったんですよ。だから、気持ちをクリスマスに持っていくのが大変で(笑)。ずっとクリスマスソングを聴いて、精神統一して制作するみたいな感じで作りました」

――先ほど「Christmas Time Again」と同じくらいの時期に「シアワセ」もできたとおっしゃっていましたが、この曲が誕生するきっかけは何だったんですか?

「いちばん最初は親友の結婚式で歌ってほしいと頼まれたのを機に作り始めたもので、それをアルバムに入れるってことでブラッシュアップさせた曲ですね」

――歌詞にある<幸せってきっとそんなふうに/誰かと未来を分け与える事だから>っていう部分にグッときました。

「ありがとうございます」

――「大切なひと」の中にも<「運命」は「出会う」わけじゃなくて/共に歩み「命(みらい)」を「運」ぶこと>というフレーズがあったりして、アルバム全体を通して未来を描いたものが多い印象を受けました。それは、FUKIさん自身の――たとえば恋愛観だったり――心境の変化みたいなものも影響してるんですか?

「そうですね……最近特に“LOVE=ありがとう”だと思うようになって。それは別に恋愛だけじゃなくて。生まれてきてくれてありがとうとか、いっしょにいてくれてありがとうとか、今までありがとうとか、何でもいいんですけど――愛っていうと、好きとか会いたいとかになりがちだけど――回り回ってありがとうに繋がるんだなって思うようになったんです。なので、未来っていうフレーズが出てきたり、たとえ失恋をテーマにしていても、聴いてくれた人が悲しいだけで終わらず、ちゃんと前を見ていけるようなものに自然となっていったかなって思います」

――そして、タイトル曲の「In Love」。この曲では今までにない、FUKIさんの素直な気持ちが表現されているように感じたんですけど、こういう曲を作ろうと思ったきっかけは?

「これがいちばん最後にできた曲なんですけど、言っていただいとおり、私の素直な気持ちが入っておりまして(笑)。なんか私、気になった人とか、この人いいなと思っても、絶対自分から言うことができなくて。もちろん目を合わすなんてできないですし。アタック方法と言えば、その人の投稿に「いいね」を押すくらい(笑)」

――好きって気づいてもらえる要素がひとつもないじゃないですか(笑)。

「そうなんです(笑)。で、そんなことを思ったときに書いたのがこの曲で。片思いの曲ではあるんですけど、書き終わったときに、片思いの切なさとか寂しさとかを越えて温かい曲になったなと思ったんですよね。包み込むような好きって気持ちを書いた曲で、自分でもお気に入りの1曲になりました」

――この曲ができたことで、アルバムのタイトルも『IN LOVE』になったんですか?

「そうですね。「In Love」ができたこともそうですけど、最近のことを思い返してみても、聴いてくださる方はもちろん、スタッフさんとか家族とか友達とか恋人とか、私はみんなの愛の中で生きてるなあって感じていて。そういう日々の中で感じている愛を表したいと思ったらこのアルバムになったので、タイトルも『IN LOVE』にしました」

――しかも「In Love」で<君じゃなきゃ もうダメ>って歌っている後に、ボーナストラックの「キミじゃなきゃ」に続くっていうのがすごくいいなと思って。

「ありがとうございます。「In Love」の<君じゃなきゃ>っていうフレーズは敢えて入れてみました。他の曲も、後から聴き返すと歌詞がリンクしてる部分とかがあって。作ってるときは案外意識してないんですけど、完成して初めて、あ、私ってこうなんだなっていうのがすごく出せたアルバムになってると思います」

――サウンド面でのこだわりは?

「1人で聴いて大切な人を思い浮かべられるサウンド感……温かいサウンド感になればいいなという想いは持っていました。私は基本的に1人で音楽を聴くし、やっぱりラブソングって1人で聴くものだと思うんです。「In Love」も、生活音を入れてみたり、雨の音を弾いてみたり、いい意味で変なアレンジなんですけど、1人で浸れる音楽っていうのを追求した結果なんですよね」

――『IN LOVE』が完成し、気づけば2018年も終わりですけど、今年はどんな1年でしたか?

「とりあえず早かったですね。こんなにたくさんリリースできるとは思っていなかったですし、今年はとにかくやってみる!をテーマにしていたので、いろいろ挑戦できた年だったと思います」

――いろいろ挑戦した中でいちばん心に残っていることは?

「私がパーソナリティを務めているラジオ、Fm yokohama「YOKOHAMA RADIO APARTMENT to the OCEAN」の中で、ギターの弾き語りをするようになったんです。まだ全然下手なんですけど、始めてよかったなって。曲作りもちょっとずつですけどギターで作るようになって。ギターだとピアノでは浮かばないようなフレーズが浮かんでくるんですよね。なので、ギターで作った曲ももっとできればなって思ってます」

――2018年はチャレンジする年だったということですが、2019年はどんな年にしたいですか?

「私、結構Twitterとかを通じて地方のかたから「ライブしに来てください」ってメッセージをいただくことが多いんですけど、ライブはどうしても関東近郊が多くて。なので、まだ全国を回ったことがないし、来年はいろんなところに歌いに行きたいなっていうのがひとつあります。それから、これはデビューのときから変わっていないことですが、私自身、音楽で救われたという経験があるので、私の歌を聴いてくださった人が、まだ大丈夫だなとか、もうちょっとだけがんばろうとか、そういう気持ちになれるような心に寄り添った曲をひとつずつ書いて、ひとつずつ歌っていきたい。この想いだけは忘れないでいたいです」

(おわり)

取材・文/片貝久美子



■LIVE&EVENT INFO
2018年12月16日(日) みなとみらいKINGDOM Winter 2018@クイーンズスクエア横浜 1F クイーンズサークル(神奈川)
LINEUP/竹仲絵里、JILLE、トミタ栞、島谷ひとみ、大山愛未(MC)、FUKI他

2018年12月20日(木) FUKI “IN LOVE” リリースライブ@渋谷ストリーム稲荷橋広場 (東京)

2018年12月21日(金) VUENOS chillin@VUENOS(東京)
LINEUP/SPiCYSOL、Blue Vintage、sankara、FUKI、FREAK、SHiON

2018年12月24日(月) IN LOVE リリース記念フリーライブ@ラ チッタデッラ 中央噴水広場







FUKI『IN LOVE』
2018年12月5日(水)発売
VICL-65066/2,593円(税別)
AndRec


FUKIのニューアルバム『IN LOVE』も聴けちゃいます! by SMART USEN



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play