tpcs_160606_kyary_main

トピックス
2016.06.06

きゃりーぱみゅぱみゅ、ベストアルバム『KPP BEST』発売記念!歴代の名曲たちが電車になってやってくる!

「きゃりーぱみゅぱみゅ5周年×西武鉄道」プロジェクトが始動。「SEIBU KPP TRAIN」の出発式が行われ、きゃりーが初の車掌役にチャレンジした。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら

梅雨入り前の天候に恵まれた6月4日、西武鉄道池袋駅にて、「きゃりーぱみゅぱみゅ5周年×西武鉄道」のプロジェクトとして、きゃりーぱみゅぱみゅの代表曲の世界観でデコレーションされた特別電車「SEIBU KPP TRAIN」の出発式が開催された。

今年デビュー5周年を迎え、5月25日に自身初のベストアルバム「KPP BEST」をリリースしたばかりのきゃりーぱみゅぱみゅは、西武鉄道株式会社の後藤高志会長と共にセレモニーに出席した。

昨年創業100周年を迎え、次の100年に向けて新たな一歩を踏み出した西武鉄道だが、きゃりーぱみゅぱみゅが西武線沿線出身という縁もあって今回のコラボレーションが実現した。

「SEIBU KPP TRAIN」出発式セレモニーの冒頭、車掌をイメージしたピンクとブルーの衣装を着たきゃりーぱみゅぱみゅが、「SEIBU KPP TRAIN」に乗って登場、車両の外観はピンクをベースに、「PONPONPON」、「つけまつける」、「ファッションモンスター」、「もんだいガール」などのミュージックビデオの世界観でラッピングされており、インパクト充分。

多くのファンが待つホームに降り立ったきゃりーぱみゅぱみゅは、「SEIBU KPP TRAIN」を「外装も内装もこだわっていて、ブロックごとに違う楽曲の世界観になっているのが、とってもかわいいです!」と興奮気味。その後、西武鉄道の後藤会長と共にテープカットならぬテープノットでセレモニーに華を添えた。

セレモニーを終えたきゃりー本物の車掌さながらに出発進行の指差し確認をしてから「SEIBU KPP TRAIN」に乗車、初運行イベントがスタート。車掌役として、沿線ガイドなど初の車内アナウンスにチャレンジ。さらに乗車券確認のために各車両を訪問。乗車した328名のファンと楽しい時間を過ごした。

「SEIBU KPP TRAIN」は9月29日(木)まで、西武池袋線を中心に運行されるそうだ。






J-POPを聴くならスマホでUSEN!

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play