tpcs_151120_bobdylan_main

トピックス
2015.11.20

ボブ・ディランの未発表レコーディング・セッションを収録したアルバムが1位を獲得

ボブ・ディラン、1965~66年の未発表レコーディング・セッションを収録した『ザ・カッティング・エッジ1965-1966:ザ・ブートレッグ・シリーズ第12集』が全米チャートの「全米ロック・アルバム・チャート」(TOP ROCK ALBUMS)と「全米フォーク・アルバム・チャート」(TOP FOLK ALBUMS)の両チャートで初登場1位となった(11月28日付)。

ディランにとって全米ロック・アルバム・チャートの1位を獲得するのは今回で4作目、今年に入ってから2作目となる(2015年2月に発売された『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』も1位獲得)。『ブートレッグ・シリーズ』としては全米チャートにおいて初のNo.1獲得となる。『ブートレッグ・シリーズ』のこれまでの全米ロック・アルバム・チャート最高位は『ザ・ウィットマーク・デモ(ブートレッグ・シリーズ第9集)』の最高位4位だった(2010年11月6日付)。 同時に、全米ロック・アルバム・チャートで『ザ・カッティング・エッジ1965-1966:ザ・ブートレッグ・シリーズ第12集』の6枚組のデラックス・エディションが6位、18枚組のウルトラ・デラックス・コレクターズ・エディションも47位にチャート・インした。

『ブートレッグ・シリーズ』は24年前にスタート。これまでに下記10作がリリースされている。
1991年   ブートレッグ・シリーズ第1〜3集
1998年   ロイヤル・アルバート・ホール(ブートレッグ・シリーズ第4集)
2002年   ローリング・サンダー・レヴュー(ブートレッグ・シリーズ第5集)
2004年   アット・フィルハーモニック・ホール(ブートレッグ・シリーズ第6集)
2005年   ノー・ディレクション・ホーム:ザ・サウンドトラック(ブートレッグ・ シリーズ第7集)
2008年   テル・テイル・サインズ(ブートレッグ・シリーズ第8集)
2010年   ザ・ウィットマーク・デモ(ブートレッグ・シリーズ第9集)
2013年   アナザー・セルフ・ポートレイト(ブートレッグ・シリーズ第10集)
2014年   ザ・ベースメント・テープス・コンプリート(ブートレッグ・シリーズ第11集)
2015年   ザ・カッティング・エッジ1965-1966(ザ・ブートレッグ・シリーズ第12集)

『ザ・カッティング・エッジ1965-1966:ザ・ブートレッグ・シリーズ第12集』の超豪華パッケージ6枚組豪華ボックスのデラックス・エディションには“史上最高のロック・ソング”「ライク・ア・ローリング・ストーン」の現存する全セッション音源が収録されており、名曲の制作過程、完成へ至る道のりを聴くことができる。また、ベスト・テイクを集めた2枚組『ザ・ベスト・オブ・カッティング・エッジ1965-1966(ブートレッグ・シリーズ第12集) 』も発売中。日本盤は高品質Blu-spec CD2仕様、作品を紐解く詳細な日本版ブックレットなども付随する。

同作からは史上初のビデオ・クリップと呼ばれている、1965年発表『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』収録「サブタレニアン・ホーム・シック・ブルース」の別ヴァージョンが最新ミュージック・ビデオとして公開された。

●「サブタレニアン・ホーム・シック・ブルース」(オルタネイト・ミュージック・ビデオ)
YouTube⇒https://www.youtube.com/watch?v=2Mb3CoWwNyY

●6枚組デラックス・エディションの豪華パッケージの内容が一目でわかるプロモーション映像はこちら。
YouTube⇒https://www.youtube.com/watch?v=Bc0YDFyYZvU

ボブ・ディラン『ザ・カッティング・エッジ1965-1966(ブートレッグ・シリーズ第12集) 』
ボブ・ディラン『ザ・カッティング・エッジ1965-1966(ブートレッグ・シリーズ第12集) 』
11月18日(水)発売
ソニー・ミュージック
【CD6枚組デラックス・エディション】
SICP-30591~6
20,000円(税別)

【CD2枚組スタンダード・エディション】
SICP-30597~8
3,600円(税別)