tpcs_170512_gesu_main

トピックス
2017.05.12

ゲスの極み乙女。、3rdアルバム『達磨林檎』発売記念ライブ@Zepp Tokyo――ライブレポ

5月10日(水)、3rdアルバム『達磨林檎』を発売したゲスの極み乙女が、発売日当日、Zepp Tokyoで『達磨林檎』の発売記念ライブを開催した。

<PR>
「スマホでUSEN」ゲスの極み乙女。特集チャンネルは5月12日から6月9日まで!
今なら14日間無料――詳細はこちら



前作『両成敗』に続き、5月10日(水)発売の3rdアルバム『達磨林檎』がオリコンデイリーチャート1位をしたゲスの極み乙女。その発売日当日、Zepp Tokyoで『達磨林檎』の発売記念ライブを開催した。2016年12月の活動自粛以来、約半年ぶりとい彼らだが、会場となったZepp Tokyoは、奇しくも活動自粛前に最後のライブを行った場所でもある。

このライブは、当日会場で『達磨林檎』購入者から2,500人のみが参加できるプレミアムライブとなった。

開演時間になると、『達磨林檎』収録曲のミュージックビデオが映し出されていたステージ前の紗幕越しに、ほな・いこか、休日課長、ちゃんMARI、川谷絵音が順番にソロを回し、「パラレルスペック」のイントロとともにライブをスタート。紗幕が上がると、この日を待ちわびていたファンから大歓声が上がる。そのまま「私以外私じゃないの」、ハンドマイクの川谷が「踊ろうぜ、Zepp Tokyo!」と呼びかけ「星降る夜に花束を」、「サイデンティティ」と、人気曲を連発。

ちゃんMARIの「コポゥ!ただいま~」という挨拶に続き、川谷が「いこかさんとしばらく会ってなくて、4月にひさびさに会ったら髪が長くて最初誰かわからなかった。でも、ちゃんMARIは髪が短くなってて、2人が入れ替わったみたい」というコメントで笑いを誘う。コーラスのえつことささみおを紹介しつつ、「この6人で最後までよろしくお願いします」と改めて挨拶する。

中盤、『達磨林檎』からのナンバー続けて披露し、「心地艶やかに」の序盤ではちゃんMARIがギターを持ち、「ロマンスがありあまる」を挟んで「某東京」ではえつことささみおによるスキャットのようなコーラスに乗って川谷が早口で捲し立てる。さらに「シアワセ林檎」後半からほな・いこかがハンドマイクでステージ前方に出てきて、川谷とのデュエットを披露したりと、さまざまな趣向でライブを盛り上げる。

「みんなまだ『達磨林檎』聴けてないと思うし、この後はもう新曲やらないです。急いで聴いてきてくれた人はごめんね。これからまた聴いてください。よろしくお願いします」というMCに続いて、ライブ後半では定番曲を演奏。ゲスの4か条を読み上げる「ホワイトワルツ」、休日課長によるコール&レスポンスから始まる「ドレスを脱げ」、さらには「jajaumasan」と畳み掛けると、ラストは「キラーボール」で会場中を踊らせた。

アンコールで再びステージに登場した川谷が、「いつも見る顔がいてホント嬉しいです」とファンに感謝の気持ちを伝え、「ここからまた懐かしい曲をやります。アルバム発売記念と言いつつ、僕らがやりたい曲をやるんで、最後まで楽しんでいってください」と言って披露されたのは、メランコリックなメロディーが光る「ルミリー」と「ユレルカレル」。ラストはアップテンポな「crying march」を演奏し終える。そしてアルバムのジャケットを飾っている巨大な達磨林檎が運び込まれると、メンバー4人で片目を入れ、達磨とフェイクの林檎を投げ入れて新たな門出を祝福しつつプレミアムライブが終了。

また、終演後の告知映像で、9月3日の日比谷野外大音楽堂をファイナルとする全国ツアーの日程を発表し、会場を沸かせた。



ゲスの極み乙女『達磨林檎』
2017年5月11日(水)発売
WPCL-12443/3,000円(税別)
unBORDE


「スマホでUSEN」ゲスの極み乙女。特集チャンネルは5月12日から6月9日まで!



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play