tpcs_170123_fujimawasakura_main

トピックス
2017.01.23

藤原さくら「春の歌」で映画『3月のライオン』×LIONのコラボレーション

すでに映画『3月のライオン』の主題歌である藤原さくらの「春の歌」だが、このたび、マンガ「3月のライオン」とライオン株式会社のコラボレーション企画にも起用されることになった。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら



原作は羽海野チカの人気コミック、監督は『るろうに剣心』シリーズの大友啓史、主演は『君の名は。』の神木隆之介という布陣の映画『3月のライオン』。

『3月のライオン』は前編が3月18日(土)、後編が4月22日(土)全国公開されるが、映画公開を記念して、ライオン株式会社とのコラボレーション企画が実現。このコラボレーション企画の応援ムービーでも映画主題歌である藤原さくらの「春の歌」が起用されている。

「今日はどんな日だった?」というテロップ&ナレーションから始まる応援ムービーでは、神木隆之介演じる桐山 零が登場する。映画『3月のライオン(後編)』の主題歌である藤原さくらの「春の歌」が流れている。

「春の歌」のオリジナルは、スピッツが2005年にリリースしたシングルで、原作者の羽海野チカが「3月のライオン」の構想時に聴いていたという、作品の原点とも言える曲だそうで、映画主題歌として藤原さくらがカバーしている。





「スマホでUSEN」は150万曲以上! ベテランからニューカマーまで幅広く配信



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play