tpcs_160927_kuwatakeisuke_main

トピックス
2016.09.27

桑田佳祐の新曲は切ないアコースティック・ロッカ・バラード「君への手紙」

桑田佳祐からニューシングル「君への手紙」のリリース、年越しライブ開催というニュースが届いた。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「SMART USEN」
★★★★★★★――詳細はこちら



桑田佳祐のニューシングル「君への手紙」が、タイトルにちなんで11月23日(水)の“いいふみの日”に発売される。

「君への手紙」は、出だしこそ生ギター一本のシンプルなサウンドだが、60年代風のビートポップ・フレイバーが漂う、クールでスウィートなロッカ・バラード。独白のようでいて、大切な友へと語りかけるような詞とメロディーが、サビに向かってエモーショナルに昇華してゆく感動的な作品である。

この作品が生まれた経緯を桑田は「映画『金メダル男』の主題歌として書き下ろしました。監督であるウッチャン(内村光良)から手紙でオファーをもらったんです。だからあらすじをなぞったりするのではなく、“僕はこの映画を観て、こう感じましたよ”と “返事の手紙”を書くように作りました。手紙の書き方って、時候の挨拶から始めようと、そのあと筆がどこへ逸れようと自由じゃないですか?だから自然と、湧き上がるがままに書き連ねることで生まれた曲ですね」と語っている。

“湧き上がるがまま”に生まれたことで、「君への手紙」は、人を、友情を大切に思う桑田の気持ちを表現しているとも言えるだろう。さらに映画とのシンクロニシティーについては「映画とは程良い距離感で作っていたつもりが、気付けば最後にはどちらも同じゴールを目指していた。映画の主人公は、挫折してもチャレンジし続ける。挫折した後の孤独は僕にも経験があったし、だからこそ夢に向かう人にガンバレと言いたくなった」とも。

だからこそ歌詞の“立ち止まることもいい”、“振り向けば道がある”というフレーズも、すんなりと心に響く。「人はひとりでは生きられない。それが人生じゃないかなぁと思うんですよ。そりゃ“オレはなんでも出来るんだ”と、若い頃は思うものだけれど、結局は自分のこれまでを振り返っても、周りの大勢の人達に助けられてこそのものだろうしね」というモノローグめいた桑田の言葉には不思議な説得力があるというものだ。

ニューシングル「君への手紙」の初回限定盤は、その名のとおり“君への手紙”仕様になっており、桑田佳祐直筆の手紙が封入されるとのこと。

また、シングルのリリースと同時に、ソロとしては2012年以来4年ぶりとなる横浜アリーナでの年越しライブの開催も発表された。タイトルは『桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~」』。

3月には、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」の生放送で、宮城県女川町のお客さん50人を前にサプライズでライブを行っているのだが、、桑田がステージに立つのは、昨年8月に行われたサザンの日本武道館公演以来ということで、チケットの争奪戦も予想される。

桑田佳祐「君への手紙」 SPECIAL SHORT MOVIE(YouTube)



CD
桑田佳祐「君への手紙」【初回限定盤(CD)】
VICL-38200/1,296円(税別)


CD
桑田佳祐「君への手紙」【通常盤(CD)】
VICL-38201/1,296円(税別)


CD
桑田佳祐「君への手紙」【アナログ盤】
VIJL-61700/2,037円(税別)
タイシタ


「SMART USEN」は150万曲以上! ベテランからニューカマーまで幅広く配信

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play