sp_161216_kanlekeez_02_main02

特集
2016.12.16
特集 THE ALFEEとThe KanLeKeeZとGS愛

The KanLeKeeZインタビュー Vol.2

THE ALFEEのステージに現れた謎の3人組、The KanLeKeeZ(ザ・カンレキーズ)へのインタビュー第2回は、高見沢、桜井、坂崎によるあまりにもディープな60年代のGS談義とアルバム『G.S.meets The KanLeKeeZ』に見るアレンジの妙について。

<PR>
音楽アプリ「SMART USEN」ではTHE ALFEE特集を配信中!
★★★★★★★――詳細はこちら(配信期間:12月9日~2017年2月3日12:00)



——前回、GSの音楽はシンプルでメロディアスというお話がありましたが、他に音楽的に惹かれた部分はありますか?

高見沢俊彦「リズムの中にストリングスが効果的に使われているんですよ。今思うと、僕はそれが好きだったのかなって思います。例えばザ・テンプターズの〈エメラルドの伝説〉っていう曲でも、イントロの前に弦が入ってるんですよ。ザ・タイガースの〈モナリザの微笑〉とかもそうだし。そういうクラシカルなイメージが多少なりとも入っているところに僕は惹かれたんだと思います」

——ということは、当時は、あまりストリングスは使ってなかったってことですか?

高見沢「いやいや、歌謡曲では使ってたんです。だから、そういう歌謡曲の要素をバンドサウンドに取り入れたっていうことですね」

坂崎幸之助「でも、メンバーだけで演奏するときはストリングスは使えないんですよ。当時は全部生演奏だから」

高見沢「そうそう。例えばオックスっていうグループのデビュー曲〈ガール・フレンド〉にも弦が入っているんですよ。でも、僕が持っているメンバーだけの生演奏の音源はオルガンだけでやっている。ちょっとイメージが違いますが、それはそれで良いですね」

坂崎「テレビの場合、カラオケの時だけ、弦が聴こえてきましたね」

高見沢「GSのシングル曲にはマイナーなメロディーが多かったので、効果的にストリングスを使ったと思います。でも、面白いのが、当時のGSの方に聞くと、シングル曲は自分のステージでは1回もやらなかったとか言ってる(笑)」

——えっ!? どうしてですか?

高見沢「作曲家の先生が作ったものだから、やらされている感がいっぱいだったみたいです。自分たちがやりたいのは、ストーンズなどの洋楽。だから、そういうのばかりやっていたんだって(笑)」

——じゃあ、シングル曲はレコードにしかなっていないんですね。

坂崎「そう、あまりやらなかったらしい(笑)。ザ・スパイダースでさえ、〈夕陽が泣いている〉は、あまりやらないって言ってたもんな」

高見沢「そう! かまやつひろしさんなんて、あの曲でスパイダースは終わったってご自分でおしゃってましたから(笑)。つまり商業ベースの部分と、自分たちが本当にやりたいことが相反していた。そうなると必然的にGSは終わる運命だったんでしょうね。それを見越してやっていたのがブルーコメッツ。ブルーコメッツは、色々な歌手のバックでやっていて、唯一譜面を初見で演奏できる方たちで、今でいうスタジオミュージシャンの集団みたいなものですね。そういう人たちなので、仕事は仕事っていう意識でできたんじゃないかと思います。それと、ザ・テンプターズも少し毛色が違ってました。自分たちのオリジナル曲でデビューして、自分たちの曲をヒットさせましたから」

坂崎「萩原健一さんがいたグループです」

高見沢「すごくカッコよかったですよ。ザ・タイガースと双璧を成していた。ザ・タイガースより、ちょっと不良性があってね」

桜井 賢「ワルなイメージですよね」

——ちょっとストーンズっぽいというか……。

桜井「そうそう。ザ・タイガースがビートルズだったら、ザ・テンプターズがストーンズみたいな感じです」

高見沢「僕らの『G.S.meets The KanLeKeeZ』にも〈エメラルドの伝説〉が入っているんですけど、この曲で初めてテンプターズはチャートの1位を取ったんです。それでブレイクして、一時期はタイガースを凌ぐ人気だったみたいですよ」

坂崎「その辺りがGSのピークですね」

高見沢「ただ、このふたつのグループが台頭したことによって、GSブームが到来したと思います。もし、ザ・タイガースやザ・テンプターズがいなかったら、あれほどのブームにはなっていなかったでしょうね」

——なるほど。勉強になります。今おっしゃっていた「エメラルドの伝説」を含め、今回のアルバムには、カバー曲が3曲収録されていますよね。なぜ、カバーをしようと思ったんですか?

高見沢「新曲が2曲出来ていたんですが、フルアルバムにするのも、なんとなく大げさ過ぎるかなと。だから、全部で7曲くらいにして、そのうち何曲かはカバーにすればいいんじゃないかなっていう単純な理由です(笑)。The KanLeKeeZをやることを思いついたのがツアー中で、時間もあまりなかったしね」

坂崎「やると決まったら、いきなり締め切りがきましたから(笑)」

高見沢「早かったよね〜、今回の締め切り(笑)」

——今回は、単なるカバーではなく、3曲ともアレンジしていますよね?

高見沢「古い曲っていうのは、メロディアスなんだけど、いい意味で、いなたい部分が突出していますよね。だからこそ、今それを昔のままやっても意味がない。やっぱり現役を40年以上やってきた僕らがやるからには、現代のサウンドに甦らせたほうがいいと思ったんです。それで〈ブルー・シャトウ〉はEDMっぽくしたりとか、〈フリフリ〉はハードロック系にアレンジメントしたんですよ」

坂崎「だから、若い人は、お父さんとかお母さんといっしょに今回のカバーを聴いてもらうと面白いかもしれないですね。ちょうど僕らと同じ世代だったりする可能性もあるでしょうし。“あなたくらいの年のときに流行ったのよ”とかね(笑)」

高見沢「そういえば、ファンの子から手紙をもらったんですよ。“〈G.S.I Love You – あの日の君へ -〉で、お母さんと話が通じるようになりました”って。〈G.S.I Love You〜〉の中に出てくるキーワードが、GS世代だったお母さんの青春時代のものだったから、今のTHE ALFEEを聴いている娘さんと会話が成り立ちました。ありがとうございますって。それも長くやっている僕らならではのエピソードですよね」

坂崎「今、僕らはTHE ALFEEのツアー中なんですけど、アンコールはThe KanLeKeeZとしてやっています。その音源が今回のアルバムの初回限定盤につくんですよ。これが、なかなか楽しい。〈モンキーズのテーマ〉をThe KanLeKeeZのテーマにしていたり、カバー曲も今回のアルバムに入っているのとは違っているので、そちらもおすすめです」

(つづく)

取材・文/高橋栄理子


Vol.3は12月22日(木)公開予定です。お楽しみに!



音楽アプリ「SMART USEN」のTHE ALFEE特集はこちら!
配信期間:12月9日~2017年2月3日12:00



G.S.meets The KanLeKeeZ
The KanLeKeeZ『G.S.meets The KanLeKeeZ』【初回限定盤A】
12月21日(水)発売/TYCT-69109/69110/3,000円(税別)/Virgin Music


G.S.meets The KanLeKeeZ
The KanLeKeeZ『G.S.meets The KanLeKeeZ』【初回限定盤B】
12月21日(水)発売/TYCT-69111/69112/3,000円(税別)/Virgin Music


G.S.meets The KanLeKeeZ
The KanLeKeeZ『G.S.meets The KanLeKeeZ』【通常盤】
12月21日(水)発売/TYCT-60095/2,500円(税別)/Virgin Music


「SMART USEN」のTHE ALFEE特集は12月9日(金)から2017年2月3日(金)まで!

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play