enj_160630_ieirileo_main

ピックアップ
2016.06.30

家入レオ、インタビュー 『WE』までの道のり
Vol.01 “自然体”が出せたアルバム

7月6日に4thアルバム『WE』をリリースする家入レオ。本作を“東京に来てからの1stアルバム”と語る彼女に、制作中のエピソード、そして『WE』というタイトルに込めた想いを聞きました。2回連載でお届けします。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら

――アルバム『WE』の完成、おめでとうございます。作り終えた今の心境は?

「すごい、ラクになりました」

――ラクになった?

「はい。というのは、人ってみんな、陰と陽を持ってるじゃないですか。それが私の場合、デビューしてからずっと闇にスポットが当たりがちで。例えば普通に“友達と一緒にパフェとか食べに行くんですよね”って話したりしても、“えー!?”みたいな(苦笑)。それで、“あれ? 私のイメージってどうなってるんだろう?”というところで、どうかなって思ってたんです。もちろん闇の部分もあるけれど、明るいところもあるのにって。ただ、それをいくら言葉で言ったところで、私は歌い手なので歌で表現していかないと説得力に欠けるなとも思ったんですよね。今回の『WE』というアルバムでは、例えば〈Party Girl〉という曲のように、“朝まで飲もうぜ!”っていう感じの自分も出せたし、なんていうか、自然体でいいんだと思ってすごくラクになりました」

――たしかに今回の『WE』からは過去3作にない解放感を感じました。今作の特徴のひとつに、プロデューサーに多保孝一さんを迎えたことが挙げられると思うのですが、多保さんにお願いした理由は?

「一番は〈君がくれた夏〉という楽曲ですね。自分が思う以上に反響をいただいて、ビックリしたし、嬉しかったし。でも、一方でちょうどその時期に周りのスタッフがガラッと入れ替わったんですよ。仕事をするのは“はじめまして”に近い人たちと、今後の活動の仕方について話し合いを重ねてたんですけど、その時に“レオちゃんはもっとナチュラルでいいんじゃない?”とか“自分らしく”とか言われて。けど、当時の私は今以上に子供で、逆に戸惑ってしまって……。どうしようって思ってた時に、あるスタッフさんから“メディアで見るレオちゃんも大好きだけど、普段自分たちに接してくれてる家入レオも魅力的だよ”って言われて、“あ、なるほどな”って。それで、新しい挑戦をしていく上で、音楽制作に対してフィーリングの合う多保さんにお願いしたんです」

――フィーリングが合うと感じたのはどういった部分?

「音作りに対する熱意、ノリで作らないところ……自分で作ったメロディも1回ちゃんと壊して、何回も篩にかけていく感じっていうんですかね。私も、楽曲をリリースするからにはいろんな角度から何回も何回も考え直して、わかんなくなるくらい考えた末の曲っていうのが大事だと思っていて。自分に甘くなったら終わりだと考えているので、そういうところでのフィーリングがすごく合ったし、やっていこうとする音楽っていうのも根本的に合うし。それから、引き出してくれる力をすごく感じたんです。だからこそ、多保さんと作りたいなって思いました」

――スタジオ作業はどうでしたか?

「お互いこだわりが強くて、深夜まで続くことも余裕でありました(笑)。でも、このアルバムを作ったことですごく自信がつきましたね。多保さんをはじめ、いろんなスタッフさんたちからエッセンスや刺激をもらって、自分が作った曲が大きくなっていくのを感じたというか。本当楽しかったなあ!」

――制作の充実ぶりが楽曲はもちろん、今の家入さんの表情にも溢れてますね。

「なんていうか、『WE』は東京に来てからの“1stアルバム”って感じです。『LEO』ももちろん東京で作ったものなんですけど……。今振り返ると、3枚目のアルバムまでは、いつの時代に聴いても色褪せない音楽を作っていきたいという事にこだわってたんですけど、東京でいろんな最先端のものに触れた時に、自分もこういうエッセンスを取り入れていきたいと思うようになって。『WE』では、そういうものをちゃんと落とし込めたと思ってます」

――前回のインタビューではアルバム制作について「これまでとは違った音作りをしてる」とおっしゃっていましたが、具体的にはどんなことに挑戦したんですか?

「え〜、もう、いろんなこと(笑)。多保さんと一緒に作ったこともそうだし、エンジニアも、マスタリングをお願いした方も(今までとは)違うし。個々の曲で言えば、私、Galileo Galileiってバンドがすごく好きで、彼らのアルバムでPOP ETC(ポップ・エトセトラ)のクリストファー・チュウっていうボーカリストが参加した曲の音が良かったので、彼に〈シティボーイなアイツ〉という曲のアレンジをお願いしたり、〈Party Girl〉という曲ではエレクトロユニットの80kidzにアレンジを頼んだり、それからサカナクションのライブを観に行ったんですけど、音の良さに感激して、エンジニアはそのチームに参加してもらったり……。だからこそ、今回のアルバムは『WE』っていうタイトルにしたんです。1stアルバムの時はスタジオでひとり、自問自答しながら作った感が強かったので、タイトルも『LEO』にしたんですけど、そこから本当にいろんな出会いがあって、今こうやっていろんな人に支えてもらいながらアルバムができましたっていう想いを込めているんです」
(つづく)

文/片貝久美子



[  Vol.01  ]|[  Vol.02はこちら  ]



<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら



■関連記事情報
家入レオ、5年目の変化と未来 Vol.01「家入レオ、4年間の変化と新作〈僕たちの未来〉」はこちら
家入レオ、5年目の変化と未来 Vol.02「家入レオ、挑戦し歌い続ける未来」はこちら



家入レオ『WE』
家入レオ『WE』【初回限定盤】
7月6日(水)発売/VIZL-986./3,400円(税別)/Colourful Records


家入レオ『WE』
家入レオ『WE』【通常盤】
7月6日(水)発売/VICL-64588/2,900円(税別)/Colourful Records




J-POPもJ-ROCKも音楽を聴くなら「スマホでUSEN」

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play