tpcs_160622_swimy_main

ピックアップ
2016.06.22

Swimyインタビュー(後編)――ポップでトリッキーなヴォーカリゼーションとテクニカルなギターリフ

TVアニメ「銀魂゜」ED「あっちむいて」のスマッシュヒットで注目を集めた男女混声トリプルヴォーカル4ピースロックバンド(!)Swimyへのインタビュー後編。メジャー初のミニアルバム『おひとりさま』に見る日本語詞のポテンシャルの高さ、そして絶妙に絡み合うトリプルヴォーカルが生まれた理由とは?

<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら



――現在の活動拠点は?

Takumi(Ta)「今は東京です。前は京都、大阪がメインでした」

――ソングライティングはすべてTakumiさんですよね?

Ta「はい」

――ちなみにVoのパート割りは曲を作りながら考えるんですか? それとも出来上がってから?

Ta「作り始めの段階からここは誰が歌うって、具体的にイメージしながら作っています。メンバーそれぞれ出せる音域、出せない音域がありますし、ここは彼女の声が似合いそうだなとか」

――ありていに言うと詞は抒情詩で心象風景の描写なのでぱっと見、難しそうなんですが、ひとつひとつの言葉はすっと耳に馴染む感じがありますね。

Ta「デビュー作のときから、言葉の語感とかメロディーにちゃんと乗っているかというのは考えていますね。バンドを始めた当時に洋楽に影響を受けたというのもあって……高校生の頃ってちょっとひねくれる時期あるじゃないですか。僕もそうで、メロディーはすごく好きなのに日本語の感じがいやで日本人アーティストの曲を聴かなかった時期があって。その名残りなんですかね。日本語の詞をうまくメロディーに乗せることに心を砕いているんですよ。だからそう言ってもらえるのはうれしいですね」

――何とか病って名前がつきそうですけど、洋楽聴いてる方が偉いんだって勘違いする時期ありますよね?

平成のまお(ま)「あった! あった! 爆音で洋楽聴いてる自分かっこいいみたいな(笑)」

Ta「なので、僕らの歌は、そういう何とか病まっただ中の人たちにもちゃんと届くといいなと思って作ってます」

――TakumiさんとまおさんのVoはブレスがきれいですよね。

ま「前は全然気にしてなかったんですよ。でもブレスによって聴こえ方が違うことに気が付いて。それからは意識して細かく、強めに入れるようになりましたね」

Ta「宅録してるときも、ブレス音って入れちゃいけないものだと思い込んでいて、場合によってはノイズになりますし。でも例えばレーベルの先輩でもありますが、平井 堅さんの歌を生で聴いたら、ブレス自体に心を揺さぶられるような感情がこもってるんですよ。だから<唯>って曲ではサビ終わりにブレスだけを入れる手法を試してみたんです」

ま「特にこの曲は意識してやりました」

Ta「僕らの曲に、こういう切ない曲があまりなかったので、そういう演出してみようかなと思って」

――逆に「ナイトミュージック」はライヴ映えしそうっていうか、みんなで歌うと盛り上がりそうですね。

Ta「この曲はまだライヴでやったことないんですけど、そうですね」

――「御一人様」の、イントロの笑い声は誰?

みっけ(み)「はい! 私です」

ま「あれはみっけにしか出せへん笑い声やな(笑)」

み「私、ナチュラルにあの笑い声なんで。別に特別ってわけじゃなくていつでもいけますよ(笑)」

Ta「家でも結構あんなやし。寝起きにマイク向けてあの声やったもんな」

――いいですねナチュラルな狂気って感じ。あとブリッジの妖怪チックなメロディーとミュージックビデオの世界観がぴったりですね。

Ta「僕、ティム・バートンの映画が好きで、もしこの曲でMVを撮ることがあったら絶対こんな感じにしようって決めていたんで、それが実現しました」

――「毒と花」の激しいギターはどっちですか?

タイキロイド(タ)「ボクデス。アウトロノフレーズハ、レコーディングノトキ、クセンスルカナトオモッテタンデスケド」

Ta「そしたら意外と2回目くらいで決まってな」

タ「エンジニアサンニキセキノテイクッテイワレマシタ(笑)」

――中盤はVoの出入りも激しくて。

Ta「この曲はめずらしくほとんど僕のひとりVoなので、逆に一瞬だけの女性Voが入っての掛け合いが効いてるかなと」

――今回は6曲のミニアルバムですが、次はフルで行きますか?

Ta「フルアルバム作りたいですね。全部シングルになるような、どの曲がリードか迷ってしまうような、そういうアルバムにしたいです」

――この夏は対バンとかフェスの稼動も多そうですが、シンパシーを感じる仲間っていうかバンドはいますか?

Ta「高校の先輩でもあるんですが、シナリオアート、あとはアマチュア時代からの付き合いなんですが、Mrs. GREEN APPLE、THE ORAL CIGARETTESはジャンルって意味ではなくて、音楽の世界観とかライヴに対する思い入れも近いと思います」

――SAKAE SPRINGは楽しかったですか?

ま「はい、楽しかったです。ああいうサーキット形式特有のどきどき感が(笑)」

Ta「2年連続で出演させていただいたんですが、去年よりもお客さんが増えてうれしかったです。あと、僕はasobiusさんと同じステージに立てたことが感慨深いですね」

――これからそういうチャンスがもっと増えると思うし、逆にSwimyと同じステージに立ててうれしいってバンドも出てくるかもしれませんね。

ま「そうなったらうれしいですね」

Ta「そうなれるようにがんばります」

――最後にSwimyとして目指すところとか、個人的な野望があれば聞かせてください。

Ta「今回のミニアルバムは『おひとりさま』なので、ひとりでいる時間を癒やしたり、聴いてる人が豊かな気持ちになれるようなアーティストになりたいですね」

ま「Swimyの音楽がたくさんの人に届くように、この作品がその第一歩になるといいなと思っています」

み「私は誰もやったことのない場所でライヴしたいという野望があります! 長渕 剛さんの富士山ライヴみたいな」

ま「あー、月面でやりたいゆうてたもんな(笑)」

タ「ボクハ、スタジアムトカドームミタイナキボガオオキイトコロデライヴヤッテミタイデス」

――その時は5分くらいギターソロ入れてもらいましょうよ。

Ta「入れましょう(笑)」

タ「イタダキマス」 (おわり)







文/encore編集部



[  前編はこちら  ]|[  後編  ]

Takumi

Takumi(Vo&Gt)

まお

平成のまお(Vo&Ba)

みっけ

みっけ(Vo&Dr)

タイキ

タイキロイド(Gt&Ch)

■Swimy(スイミー)

2011年5月に滋賀県で結成、8月に1stデモ「もしも」をインディーズ試聴サイトにリリースし、初登場5位、11日間連続TOP10入りを記録。2012年2ndデモ「アクアリウム」、3rdデモ「僕とキミ」を引っさげ、ツアーを行う。2013年8月、4thデモ「とらいあんぐる」発表、収録曲である「dance」、「ユートピア」が関西のテレビ局のタイアップを獲得。2015年3月、タワーレコード発のレーベル、FIRE STARTERから地域限定シングル「マスコットになりたくて」発売。続く6月、初の全国流通アルバム『ラブルと宇宙』を発売。2016年3月、人気アニメ「銀魂゜」のエンディングテーマ「あっちむいて」でメジャーデビュー。



おひとりさま
Swimy『おひとりさま』
6月29日(水)発売/BVCL-730/2,000円(税別)/アリオラジャパン


J-POP好きなら「スマホでUSEN」

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play