enj_160727_dobermaninfinity_main

ピックアップ
2016.07.27

DOBERMAN INFINITY インタビュー
ニューシングル「GA GA SUMMER」はちょっとユルい夏

春に行われた初の全国ワンマンツアー『THE LINE』の成功が記憶に新しいドーベルマン・インフィニティから初の両A面シングルが発売された。彼ららしい夏ソングは爽やかかつ、真夏の太陽のように熱く、まぶしい。m-floとのコラボレーションのエピソードを合わせて5人のインタビューをお送りします。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら



――4thシングルは初の両A面シングルですが、まず「GA GA SUMMER」について聞かせてください。この曲はどのような想いで制作されたのでしょうか?

GS「昨年の夏は〈SAY YEAH!!〉をリリースしたので、DOBERMAN INFINITYとして2年目の夏を提示するなら、新たな切り口にしたいよねって話からですね。いい意味でみんなを裏切りたいって気持ちもあって、明らかにサウンド面では予想に反したアプローチになったと思います。〈SAY YEAH!!〉がアガる夏なら、〈GA GA SUMMER〉はちょっとユルい夏という捉え方のような気がします」

KUBO-C「制作自体は、トラックメイカーのSUNNY BOYの家に乗り来んでゼロから作り上げた曲です。SWAYがジムでトレーニングしている時に降りてきたという“CRAZYなBABYは夏が好き”ってワードをまっ先に伝えて、そこからセッションしていった感じですね」

KAZUKI「ラッパー陣とかけ合うサビの部分も、ゆったりとしたメロディがサウンド的に気持ちいいんですよね。内情的なことを言うのにバッチリなメロも作れたと感じると同時に、バランスの取れた曲に仕上がったと思います。ボーカル的には夏ソングなんですけどアガりきらない歌い方というか、いい意味で力が抜けた歌い方を意識しました」

――歌詞はどのように書き進めていったのでしょうか?

KUBO-C「みんなが楽しんでる夏の1日を、ラッパー陣が役割を決めて書いていくってイメージですね。僕のバースは車で買い出しに行くシーンで、P-CHOのバースでBBQ、SWAYは海で遊んで、GSが夏を総括して、KAZUKIがちょっと違う視点で歌うというバランスで作詞しました」

P-CHO「僕は泳げないから海担当ではないってことでBBQ。海で遊んでいるイメージが一番浮かぶのがSWAYだなとか、そんな話をしながら役割を決めました」

GS「ミュージック・ビデオの画まで想像しながらリリックを書いてました」

P-CHO「そういう意味でも夏の情景が浮かぶ曲になってますね」

――タイトルに込められた意味やメッセージはどのように決まっていったのでしょうか?

GS「どういう夏にするかというところから始まって、他にもいろいろ案があったんです。〈No.1サマーマン〉とか(笑)。だけど、最終的にKUBOちゃんが“GA GA”ってワードを出してくれて満場一致」

KUBO「どういう意味?って、引っかかりになる言葉だなと思ったんです。“GA GA”って言葉自体には“夢中になった”とか“熱狂的な”という意味があるので、そんな夏にしようと〈GA GA SUMMER〉というタイトルにしました」

SWAY「音がいいですよね」

GS「GA GAさまとも聞こえるし(笑)」

SWAY「ちょっとだけでも要素を入れておけばよかったかも。“ポーカーフェイス”ってワードくらいね(笑)」

――「D.Island feat. m-flo」についても聞かせてください。m-floさんとのコラボ曲ですが、どのような経緯で実現したのでしょうか?

P-CHO「2015年から2016年へのカウントダウン・パーティがありまして、そこにm-floさんも出演されていたんです。もともとVERBALさんとは面識があったんですけど、☆Takuさんとはそこで、はじめましてでした。そこでご挨拶させていただいた時に“一緒に曲を作ろう”という話していただいたんです。それを、このD.Islandで実現できたという」

KUBO-C「年始の約束が、半年後に実りました」

P-CHO「この曲は、〈GA GA SUMMER〉とは対照的な制作でした。まずD.Islandがどんな場所なのかを伝えて、それを受けて☆Takuさんがサウンドで返してくれるというセッションでした」

GS「いくつかトラックをいただいたんですけど、その中でも一番HIP HOPらしさとm-floらしさを感じてこのトラックを使わせていただきました」

――ストーリー性のある内容ですが、どのようなテーマを描いて制作に取りかかったのかのでしょうか?

KUBO-C「話に話を重ねましたね。最終的にKAZUKIがナレーター、僕たちがナビゲーターになるという。D.Islandっていう場所で、僕らが楽しませますというコンセプトですね」

P-CHO「朝から海に出かけて日中ずっと遊んだ後、日が暮れる頃になると何か寂しい気持ちになるじゃないですか。その瞬間にひと夏が終わってしまうような。それでも、D.Islandの夏は終わらないっていうことを表現したかったんです」

SWAY「サンセット・ソングですね」

KAZUKI「今回のシングルは、〈GA GA SUMMER〉で夏の昼間、〈D.Island feat. m-flo〉で夏の夕方、3曲目の〈Make It Clap〉で夏の夜を表現しています。昼でも夜でも楽しめる、時間軸で曲がつながっている作品というのも新たな試みでした」

――カップリング曲「WILD STYLE」についても聞かせてください。

P-CHO「トラックを聴いてイメージしたのが、80年代の世界観だったんです」

KAZUKI「最初はライブ会場で笑顔が広がっていく曲ってテーマだったんですけど、“三本のストライプ”って歌詞が出てきたあたりからHIP HOPの要素を散りばめる曲になっていきました」

KUBO-C「最終的にHIP HOPの四大要素を入れちゃおうって話になって、タイトルも〈WILD STYLE〉にしたんです」

P-CHO「SWAYがダンス、僕がDJ、GSがラップ、KUBOちゃんがグライフィティのことを歌っています」

――改めてDOBERMAN INFINITYのHIP HOP観を提示した曲でもあるのかなと。

P-CHO「SWAYが“時代は回ってるけど、俺たちの好きなものは変わらへん”ってキーワードを出してくれたんで、より自分たちの言葉でHIP HOPを表現できたと思います」

KAZUKI「80年代を知らない世代の人が、どう反応してくれるかも楽しみですね」

P-CHO「例えばクール・ハークってワードも調べてくれたら、HIP HOPのルーツに触れることができると思います。〈JUMP AROUND∞〉もそうですけど、自分たちがこういうアプローチの曲をやることで、僕らが通ってきたHIP HOPを知ってもらうきっかけになるのかなと思ってます」

GS「受け継いで、伝えていってる感はありますね」



<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら



DOBERMAN INFINITY「GA GA SUMMER / D.Island feat. m-flo」【初回限定盤】
DOBERMAN INFINITY「GA GA SUMMER / D.Island feat. m-flo」【初回限定盤】
発売中/TFCC-89588/1,750円(税別)/トイズファクトリー


DOBERMAN INFINITY「GA GA SUMMER / D.Island feat. m-flo」【通常盤】
DOBERMAN INFINITY「GA GA SUMMER / D.Island feat. m-flo」【通常盤】
発売中/TFCC-89589/1,111円(税別)/トイズファクトリー


「スマホでUSEN」はJ-POPもHIP HOPも充実のラインナップ

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play