tpcs_190311_hoshinogen_main

トピックス
2019.03.11

「星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』」@東京ドーム――ライブレポート

東京ドームで見る星野源のライブってどんなだろう?あまりにもスケール感が非日常過ぎて想像できなかったけど、あのメロンパンのような屋根の下は、ごくあたりまえのように居心地がよかった。

<PR>
星野 源 by SMART USEN



真っ赤なパーカーにスニーカーという出で立ちで東京ドームのステージに立った星野源は、まるで散歩のついでにふらりと紛れ込んでしまったようにも見え、彼の日常の延長線上に今日という日の、この場所があったのかもしれないと思った。

バックスクリーン手前に設えられたメインステージから伸びる花道が、ちょうどセカンドベースあたりの小ぶりなセンターステージへ、さらにもうひとつホームベースあたりのセカンドステージへと繋がっている。オープニングナンバーは、センターで四方を見渡しながら気持ちよさそうに歌った「歌を歌うときは」。

バンドメンバーはギターに長岡亮介、ベースにハマ・オカモト、ドラムに河村“カースケ”智康、キーボードに櫻田泰啓、キーボードとマリンバに石橋英子、MPCにSTUTSという布陣。加えてホーンセクションとストリングス、そして星野源のMVやライブでおなじみのダンスカンパニー、ELEVENPLAYというドーム公演に相応しい大所帯になった。



Photo by 田中聖太郎



ツアータイトルどおり『POP VIRUS』からのナンバーを中心に置きつつも、「恋」や「SUN」といったヒット曲も織り込んだセットリストはもはや文句のつけようもない。ライブ中盤、1Fスタンド中段の客席のど真ん中に現れてアコギ一本の弾き語りで披露した「ばらばら」だったり、セカンドステージでバンドメンバーとぐだぐだのトークを繰り広げつつ「KIDS」、「プリン」、「くせのうた」と続けたアコースティックパートも楽しかった。

個人的には、エレピの響きが気持ちよかった「地獄でなぜ悪い」、STUTSのMPC遣いが効いていた「Pair Dancer」、ストリングスとハマくんのベースラインに憂いを帯びたボーカルが溶け込んだ「肌」、彼の洋楽嗜好を垣間見るような「Week End」あたりに一流のポップネスを感じさせられた。



Photo by 西槇太一



終盤のMCで「最高に楽しいです!ありがとうございます」と喜びを顕わにし、「音楽への思い……うれしいことも悲しいこともクソみたいだなって思うことも全部詰め込んで、どこに持って行っても恥ずかしくない歌を作りたいと思って」という言葉に続けて歌った「アイデア」は、そんな思いの丈が伝わってくるような、とても愛おしく素敵な瞬間だった。



Photo by 渡邊玲奈(田中聖太郎写真事務所)



インストゥルメンタルでもなく、英語詞でもなく、日本語で歌われるポップミュージックがこんなに心地よいものだと思ったのはいつ以来だろう?“KING OF POP”なんて使い古された枕ことばだけど、2019年の、日本の音楽シーンにおいて――それは洋楽を含めてだ――その冠がいちばん相応しいアーティストはきっと星野源なんだろうな……おおよそ3時間、23曲のステージを見届けて思ったのはそういうことだ。

(おわり)

取材・文/高橋 豊(encore)



■ 星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』@東京ドーム SET LIST(2019.2.28)
1. 歌を歌うときは
2. Pop Virus
3. 地獄でなぜ悪い
4. Get a Feel
5. 桜の森
6. 肌
7. Pair Dancer
8. Present
9. サピエンス
10. ドラえもん
11. ばらばら
~STUTS SHOW~
12. KIDS
13. プリン
14. くせのうた
15. 化物
16. 恋
17. SUN
18. アイデア
19. Week End
20. Family Song

EN
21. 君は薔薇より美しい
22. 時よ
23. Hello Song



星野 源『POP VIRUS』
初回限定盤A(CD+Blu-ray)/VIZL-1490/5,000円(税別)
初回限定盤B(CD+DVD)/VIZL-1491/4,800円(税別)
通常盤初回限定仕様(CD)/VIZL-1492円(税別)
通常盤(CD)/VICL-65085/3,000円(税別)
SPEEDSTAR RECORDS


星野 源 by SMART USEN



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play