tpcs_171124_matsu_main

トピックス
2017.11.24

冬だけどナツ・サマー、ふたたび!

ネオ・シティポップの歌姫、ナツ・サマーが新曲「クールダウンして」を12月6日にリリースする。彼女のシグネチャーともいえるレゲエビートは、クニモンド瀧口(流線形)書下ろし。

<PR>
音楽アプリ「SMART USEN」のお試しはこちら!



クニモンド瀧口の全面プロデュースで、今年7月にリリースしたファーストアルバム『Hello, future day』のナツ・サマー。冬だけどナツ・サマー!というわけで、昨年のEP「トロピカル・ウィンター」に続いて、新曲「クールダウンして」で今年の冬もカムバック!

UKラヴァーズロックとシティポップを融合した音楽性で注目を浴びたナツ・サマーだが、今年リリースしたファーストアルバムでは、レゲエだけに留まらぬ多彩なサウンドを身に纏い、ネオ・シティポップの歌姫として華麗に飛躍したのも記憶に新しいところ。

新曲「クールダウンして」は、昨年の2nd EP「トロピカル・ウィンター」に続く冬アイテム。彼女のシグネチャーでもあるレゲエビートをフィーチャーし楽曲は、もちろん流線形のクニモンド瀧口書下ろし。タイトルどおりクールで切ないメロウネスを漂わせつつ、新境地を開拓した名曲に仕上がっています。カップリングには『Hello, future day』から「TA・RI・NA・I」のフロアライクなヴァージョンも収録。もはや夏だけじゃない!オールシーズン対応のナツ・サマー・サウンドで、一緒に夢を見ましょう!



ナツ・サマー「クールダウンして」
2017年12月6日(水)発売
P7-6225(7inchアナログ完全初回限定プレス)/1,800円(税別)
Pヴァイン


J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play