ピックアップ

アーティストのインタビュー、音楽コラムなど音楽に纏わるさまざまな情報をお届けします

enj_200807_yonezu_main3
ピックアップ
2020.08.12

米津玄師『STRAY SHEEP』アルバムレビュー――何度聴いても新たな発見がある

疑うべくもなく、ここ数年のJ-POPシーンを席巻し続けるシンガーであり、そしてソングライター、プロデューサーとしても確固たるポジションを得た米津玄師が最新作『STRAY SHEEP』を完成させた。米津玄師のインタビューも多く手掛けており、J-POPシーンのパラダイムシフトを読み解いた『ヒットの崩壊』や、牧村憲一、藤井丈司との共著『渋谷音楽図鑑』などの著書もある音楽ジャーナリスト、柴 那典によるアルバムレビューをお届けする。

enj_200807_bc_main
ピックアップ
2020.08.07

brainchild’s「Set you a/n」インタビュー――10代の憧れと、いまの自分の欲求

自粛疲れのココロとカラダをキックする!2018年リリースのメジャー第1弾『STAY ALIVE』とその後の全国ツアーでソリッドなバンドアンサンブルを響かせたbrainchild’s。新たにキーボーディストのMALを迎えた“7期Ver.2”とでも呼びたくなる布陣で臨んだ新曲「Set you a/n」が生まれるまでのストーリーをEMMAこと菊地英昭と渡會将士が語る。

enj_200804_kobore_main2
ピックアップ
2020.08.04

kobore『風景になって』インタビュー――零(ゼロ)から風景になって

一曲入魂の2ndフルアルバム『風景になって』でメジャーデビューを果たすkobore。10(テン)年代のギターロックブームをきっかけに集まり、ライブシーンで頭角を表した府中の少年たちの感情、普遍的なテーマ……すべての歌詞を手掛けた佐藤 赳(Vo/Gt)と、リズム隊の田中そら(Ba)のセルフライナー的インタビュー。

enj_200707_wonk_main
ピックアップ
2020.07.07

WONK『EYES』インタビュー――時代と同期“してしまった”作品

プロデュースやコンポーズなどメンバー個々人のサイドワークで知られるWONKだが、バンドたる彼らの本質を把握するのはなかなか難しい……と感じていた矢先、その答えを示唆するようなコンセプチュアルなアルバム『EYES』を生み出した。これまで以上にさまざまなリスナーがコミットするであろう本作へのアプローチと手応えは?

enj_200623_cubers_main
ピックアップ
2020.06.24

CUBERS『MAJOR OF CUBERS』インタビュー――“CUBERSはここから飛び立ちます!”って気持ち

つんく♂、在日ファンクの浜野 謙太・村上 基、元アンジュルムの福田花音、フレンズのひろせひろせ、サイサイのひなんちゅら錚々たるクリエイター陣が参加したCUBERSのメジャー1stアルバム。TAKA、優、春斗、綾介、末吉9太郎が語ってくれたそれぞれの想い。

記事をもっと見る