tpcs_160516_kokua_main

トピックス
2016.05.16

スガ シカオらのバンド、kokuaが1stアルバム『Progress』のトレーラー映像を公開

スガ シカオがボーカルを務めるバンド、kokuaが6月1日にリリースする1stアルバム『Progress』 のトレーラー映像を本日YouTubeで公開した。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら

ハワイの言葉で「協力する、協調する」の意味を持つkokuaはスガ シカオ(Vocal)、武部聡志(produce,keyboards)、小倉博和(guitar)、根岸孝旨(bass)、屋敷豪太(drums)という日本を代表するトップミュージシャンが集結したスペシャルバンド。2006年、NHK総合テレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀」の主題歌制作の為に結成、シングル「Progress」をリリースし、大ヒット。番組初のプロジェクトでもあったことから、それ以降のリリースは一切なく、ライブ出演もこれまで2010年、2013年のイベント出演2回のみとなっていたわけだが、今年、スガ シカオがデビュー20周年イヤーへ突入するにあたり、周年プロジェクトの一環としてこの度、バンドが復活を遂げることを発表、10年越しの1stアルバムを6月1日にリリースすることと初の東名阪福ホールツアーを開催することがアナウンスされていた。

「Progress」の世界観をベースに構築された1st Album『Progress』には、昨年NHK総合テレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀」の番組放送開始10年という節目を受け、同曲に続く新曲として制作・披露された「夢のゴール」を筆頭にスガ シカオ作詞・作曲の書き下ろしとなる新曲「砂時計」「Blue」「幼虫と抜け殻」に加え、武部聡志プロデュースによるメンバー個々のテクニカルな演奏が織りなす、壮大なインストゥルメンタル楽曲「BEATOPIA」、根岸孝旨プロデュースによるエモーショナルなメロディとリリックが特徴的なロックナンバー「黒い靴」、屋敷豪太プロデュースによるどこかノスタルジックな原風景を想像させるバラード曲「1995」、小倉博和プロデュースによるライブ感満載の「道程」といった各メンバー自身がプロデュースを手掛けた楽曲を収録。更には屋敷豪太がかつて所属したイギリスのバンドSimply Redが1991年に発表した世界的大ヒット曲「Stars」(訳詞はスガが担当)、1970年に発表された岡林信康「私たちの望むものは」のカバーを含む全12曲が収録される。ハードな質感とポップさを兼ね備えた本作は、凄腕のミュージシャン揃いのメンバーならではの切り口で、様々なロックスピリットを具現化したような作品となっている。

本日公開となったアルバムトレーラーは今作のレコーディング時の映像で構成されており、ナレーションはNHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」の語り手でお馴染みの橋本さとしが担当。番組の世界観を踏襲した印象的な仕上がりとなっている。

尚、本日スガ シカオのニコニコ生放送でのレギュラー番組「スガ シカオのやるしかねーだろ!?」が24時から放送。今夜は弾き語り、DJ MIX、ボーカロイドを駆使した1人ジャムセッション「弾き語りボカロJam Vol.5」という内容となっており、1stアルバム『Progress』からの楽曲も披露されるかも?ということなのでこちらも是非チェックしよう。

また、6月4日の福岡を皮切りに開催される、初のホールツアーkokua Tour 2016『Progress』のチケット一般発売が先週末よりスタート!チケットをお求めの方はお早めに!

kokua 1st Album『Progress』スペシャルトレーラーはこちら
ツアー情報はこちら
ニコニコ生放送「スガ シカオのやるしかねーだろ!?」弾き語りボカロJam Vol.5 (5月16日 24時から)

kokua1stAL
kokua『Progress』
6月1日(水)発売/VICL-64578/3,000円(税別)/スピードスターレコーズ


「スマホでUSEN」は150万曲以上が聴き放題。

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play