tpcs_160323_makiharanoriyuki_main

トピックス
2016.03.23

槇原敬之デビュー25年のコンサートの模様が、DVD、Blu-ray そして DIGITAL ALBUMになって発売

昨年、デビュー25年を迎えた槇原敬之が開催したコンサート《MAKIHARA NORIYUKI SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT “cELEBRATION 2015”~Starry Nights~》は、ファンはもちろん、すべてのポピュラーミュージックファン必見の内容だ。

昨年、デビュー25年というアニバーサリーイヤーを迎えた槇原敬之がその締めくくりとして開催したコンサート《MAKIHARA NORIYUKI SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT “cELEBRATION 2015”~Starry Nights~》。その中でも槇原敬之のデビュー日であり、満25周年にあたる2015年10月25日(日)に東京体育館にて開催したコンサートの模様を収録したDVD、Blu-ray、DIGITAL ALBUMが3月23日(水)に発売された。

指揮者を筆頭にバンドメンバー7名、オーケストラ80名以上、コーラス隊80名以上、総勢170名を越える演奏者が同じステージに立つ光景は圧巻。通常のホールコンサートツアー同様に、サポートバンドが演奏をするこのコンサートは、単なる「オーケストラとの共演」とは一線を画したステージとなっている。ドラムがビートを刻み、エレキギターが鳴り響き、シンセベースまでが飛び出す中、ストリングスの流麗な旋律に、空間を切り裂くキャッチーな金管のフレーズ、そしてそれを下支えしながらも時にすべてを統制してしまう木管の音色が同居する異空間……。このコンサートは非常に難しいバランス感の上に成り立っているとともに、槇原敬之が生み出してきた数々の楽曲はそれらをもすべて内包し成立させてしまっていることに驚かされる。

「もう恋なんてしない」や「No.1」などの90年代の大ヒット曲はもとより、「Fall」などのEDMポップスなども実に丁寧にオーケストレーションされ、バンドの“エレクトリックな音色”とオーケストラの“アコースティックな音色”、さらには80名以上の合唱隊による“精緻なコーラス”、すべてが渾然一体となった壮大なサウンドに槇原敬之のストレートで伸びやかな声が心地よく、会場全体を“celebration=祝賀”という言葉が表す通りの多幸感が包み込む。

そしてDVD & BDの発売の発表と同時に寄せられたたくさんのご要望にお応えして、同日よりライブ音源も配信限定アルバムとしてリリースされる。

コンサートに来た人も来られなかった人もぜひこの機会に、槇原の色褪せない曲たちを心ゆくまで楽しんでもらいたい。

DVD
DVD
『MAKIHARA NORIYUKI SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT “cELEBRATION 2015” ~Starry Nights~』
3月23日(水)発売/5,800円(税別)/BUP-10011~12/発売元:WORDS & MUSIC/販売元:Sony Music Marketing inc.



BD
BD
『MAKIHARA NORIYUKI SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT “cELEBRATION 2015” ~Starry Nights~』
3月23日(水)発売/6,800円(税別)/BUP-30011/発売元:WORDS & MUSIC/販売元:Sony Music Marketing inc.



DIGITAL ALBUM
DIGITAL ALBUM
『MAKIHARA NORIYUKI SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT “cELEBRATION 2015” ~Starry Nights~』
3月23日(水)配信開始/BUP-60002/発売元:WORDS & MUSIC