tpcs_151124_nabesada_main

トピックス
2015.11.24

ジャズサックス・プレイヤー渡辺貞夫がブラジル政府から最高勲章を受章!

日本を代表するサックスプレイヤー、渡辺貞夫が、ブラジル音楽を通じた文化交流の功績によってブラジル政府から勲章を受章した。

ジャズサックス・プレイヤー、渡辺貞夫が、ブラジル最高勲章のひとつ『リオ ブランコ国家勲章』を受章し、11月19日、東京・駐日ブラジル大使公邸で行われた叙勲セレモニーに出席。駐日アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ大使より勲章を授与された。
過去には小野リサや坂本龍一なども受章してきたこの勲章は、日本とブラジルの外交交流の功績を認められた人物に贈られる、ブラジル政府が認める最高勲章のひとつ。この日は小野リサや世界的なジャズギタリスト、リー・リトナーらがお祝いに駆けつけるなか、ブラジル大使から勲記および勲章が贈呈された。
渡辺貞夫は1965年にブラジル音楽に触れ、68年に初めてブラジルを訪れレコーディングを行う。それ以来、約50年の永きにわたり、ブラジルの音楽を取り入れた作品を日本の多くの人々に伝えてきた。

ブラジル大使のアンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ氏は渡辺貞夫の功績について、「今年は日本との国交樹立した120周年であり、ブラジル大統領がこの授勲を決定した意義は深い。リオ ブランコ国家勲章はブラジル外交の中興の祖であるリオ ブランコ男爵を冠した勲章。渡辺貞夫は1967年に『ボサノバ67』を発表し、日本でボサノヴァブームをつくり、そのアルバムは日本に於けるブラジル音楽の記念碑的なアルバムになりました。今までに渡辺貞夫が発表した70枚以上のアルバムの中でブラジル音楽を取り上げたアルバムは13枚ありあます。 カエターノ・ヴェローゾ、トッキーニョ、オロドゥンらとのコラボレーションや、最新アルバム『ナチュラリー』ではリオデジャネイロでジャキス・モレレンバウムとアルバムを作るなど、ブラジル音楽を世界中に紹介しました。日本とブラジルの文化交流に常に大きな貢献をされました」と語った。

渡辺貞夫は自身のブラジルとの関わりについて「1968年にニューポートジャズフェスティヴァルの帰りに立ち寄った、小野リサさんの父親である小野俊郎さんが経営するサンパウロのクラブで、3週間近く地元のミュージシャンとセッション演奏が印象深かった。ブラジル音楽、ブラジルの人々が好きになったきっかけだった。来月のブラジルのミュージシャンらとの公演も楽しみ」とコメント。
セレモニーの最後には、ブラジル第2の国歌とも言われているピシンギーニャ作曲の「カリニョーゾ」とジョビン作曲の「ポル・トダ・ア・ミニャ・ヴィーダ」をサックスのアカペラで2曲披露した。

渡辺貞夫01

握手を交わすブラジル大使と渡辺貞夫

渡辺貞夫02

演奏を披露する渡辺貞夫

『ナチュラリー』
『ナチュラリー』
発売中
VICJ-61742
3,000円(税別)
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1039786896?app=itunes&ls=1