tpcs_190423_sakaiyu_main

トピックス
2019.04.23

さかいゆう、ワンマンツアー「さかいゆう TOUR 2019 “Yu Are Something”」ファイナルで日比谷野外音楽堂の主宰イベント開催を発表

4月22日、さかいゆうが、3年ぶり5枚目のオリジナルアルバム『Yu Are Something』を携えての高知、大阪、東京の3都市ツアー「さかいゆう TOUR 2019 “Yu Are Something”」をZepp DiverCityでの東京公演で締めくくった。

<PR>
「オフィスオーガスタ」チャンネル by SMART USEN



ツアーメンバーは、ベースに種子田健、ギターに田中義人、ドラムに小笠原拓海という布陣。さらにファイナルの東京公演には、『Yu Are Something』の参加アーティストでもあるフレンズのおかもとえみ、サイプレス上野とロベルト吉野のサイプレス上野、Zeebra、土岐麻子をスペシャルゲストに迎えた。

まずステージに呼びこまれたのは土岐麻子。アルバム収録曲の「煙のLADY feat.土岐麻子」をライブ初披露すると、さかいから「せっかくだからもう一曲」と、自身が土岐に提供した「How Beautiful」の美しいハーモニーで会場を魅了。

「さかいゆうの気まぐれコーナー」ではセットリストにない「Silent Couple」をバンドメンバーと即興で披露。続いて登場したおかもとえみは「確信MAYBE feat.おかもとえみ(フレンズ), Ray Parker Jr.」を、サイプレス上野は「SoDaRaw feat.サイプレス上野」を、それぞれ披露した。そしてゲストパートのラストを飾ったのは、Zeebra!さかいは「憧れの人」と紹介しつつ、Zeebraとともに「Tokyo Loves feat.Zeebra」を披露。Zepp DiverCityの客席を大いに沸かせるや、颯爽とステージを後にするZeebra。続く「Fight&Kiss」で会場の盛り上がりは最高潮に。

「今年デビュー10周年ということで、しめやかにこの曲をやろうと思います」と語りつつ、デビュー曲「ストーリー」、TVアニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」のオープニングでもあったアップチューン「まなざし★デイドリーム」をプレイ。ライブ終盤のMCで、10月13日、日比谷野外音楽堂においてさかいゆうプロデュースによる野外イベントの開催を発表。会場からは大きな歓声巻き起こった。このイベントの詳細については近日解禁されるとのこと。

『Yu Are Something』のアルバムコンセプトに違わぬ濃厚なR&B、ジャズテイストのライブを披露したさかいゆう。10月7日のデビュー10周年、そして野音イベントに注目していきたい。



■さかいゆう TOUR 2019 “Yu Are Something”@Zepp DiverCity(2019年4月22日)セットリスト
M1.Get it together
M2.桜の闇のシナトラ
M3.I‘m A Sin Loving Man
M4.煙のLADY(with 土岐麻子)
M5.How Beautiful(with 土岐麻子)
M6.Magic Waltz
M7.Brooklyn Sky
M8.Silent Couple
M9.確信MAYBE(with おかもとえみ)
M10.SoDaRaw(with サイプレス上野)
M11.Tokyo Loves(with Zeebra)
M12.Fight&Kiss
M13.ストーリー
M14.まなざし★デイドリーム
M15.You’re Something
EN16.君と僕の挽歌
EN17.最後栄光





さかいゆう『Yu Are Something』
2019年1月23日(水)発売
初回限定盤(CD+DVD)/UMCA-19060/3,800円(税別)
ユニバーサルミュージック
さかいゆう『Yu Are Something』
2019年1月23日(水)発売
通常盤(CD)/UMCA-10068/3,000円(税別)
ユニバーサルミュージック




「オフィスオーガスタ」チャンネル by SMART USEN



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play