tpcs_190204_oprct_main

トピックス
2019.02.06

代々木上原発のクリエイターズスタジオ「OPRCT」オープン

ライフサウンド株式会社が、代々木上原エリアにクリエイターズスタジオ「OPRCT」(オプレクト)をオープン。コンセプトムービーも公開された。

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



インディペンデントレーベル「SWEET SOUL RECORDS」の運営や、Nao Yoshiokaのアーティストマネジメントでも知られるライフサウンド株式会社がクリエイターズスタジオ「OPRCT」(オプレクト)をオープンした。OPRCTは、小田急電鉄/東京メトロ代々木上原駅にほど近い絶好のロケーションにあって、さまざまなシチュエーションに対応する上階4フロアからなるハウススタジオ、イベントスペースに加え、地階には白ホリの撮影スタジオとライブスペースを備えた複合施設だ。1月18日、19日の2日間に渡ってオープニングイベントが開催された。



ライフサウンドがマネジメントするシンガーのNao Yoshioka。1月18日に行われたオープニングイベントのライブより

ニューヨークを拠点に活躍するBIGYUKIのライブ。こんな至近距離でBIGYUKIを見られるとは!



BIGYUKI、Nao Yoshiokaを招いて行われたオープニングイベントの模様は、YouTubeで公開されたコンセプトムービーでも見ることができる。



株式会社HEART CATCH代表の西村真里子氏、文化庁メディア芸術クリエーター育成事業アドバイザーの戸村朝子氏、「Bound Baw」編集長の塚田有那氏によるトークセッション「アートとビジネスのおいしい関係」

ライフサウンド代表の山内直己氏も登壇。ライフサウンドの企業理念やOPRCTがローンチするまでのストーリーを熱く、冷静に語っていた



レセプションで、ライフサウンド代表の山内直己氏が、「僕らがオランダやアメリカなどの海外の現場で気づいたのは、いい音楽があるところ、いいアーティストがいるところには“仕組み”があるということ。しっかりと音楽を続けられる土壌がある。そういうアーティストのエコシステムを目指して作った施設」と語っていたとおり、OPRCTは、VERSATILE(多能性)、BORDERLESS(無境界)、TRANSMISSIBLE(伝播性)をコンセプトに掲げている。ちなみにOPRCTは、「心から」、「正真正銘の」を意味するoprechtから派生した造語だそう。









J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play