tpcs_151029_starwars_main

トピックス
2015.10.29

スター・ウォーズ6部作のサントラ盤がBlu-specCD2仕様で再発売

10年ぶりのシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が12月18日(金)にいよいよ公開。この最新エピソード7公開にむけて、ジョン・ウィリアムズ作曲/指揮、ロンドン交響楽団演奏によるスター・ウォーズ6部作のオリジナル・サウンドトラック盤が、高品質のBlu-specCD2仕様、初の低価格化で緊急リリースされた。

今回の再発にあたり、6部作全てのサントラ盤が高品質のBlu-spec(ブルースペック)CD2仕様となり、スター・ウォーズ・サーガの音世界をより繊細かつダイナミックに体験できるフォーマットになっている(エピソード4~エピソード6は、DSD方式でリマスタリングされたマスターテープを採用)。なお、『エピソード3 シスの復讐』のサントラ盤に付属のボーナスDVD『スター・ウォーズ:ア・ミュージカル・ジャーニー』は、エピソード1~エピソード6の名場面映像を、時系列順に16の楽曲で16本のミュージック・ビデオとして再編集したものを収録。ここでしか入手できない、スター・ウォーズ6部作の豪華ビデオ・クリップ集にしてダイジェスト版とも言える貴重な内容で、最新エピソード7公開に向けて、新旧のスター・ウォーズファンに嬉しい特典となっている。

また、DSDリマスタリングによる全20曲を、6部作の時系列順にオリジナル・サウンドトラック音源で収録した、日本独自の公式ベスト・アルバム『ベスト・オブ・スター・ウォーズ:ミュージック・アンソロジー』も現在ヒット中だ。

ジョン・ウィリアムズが創りあげたスター・ウォーズの音楽について、シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスは以下のように語っている。

「<スター・ウォーズ>シリーズを通じ、ジョン・ウィリアムズは各々の登場人物たちを鮮やかに描き出し、あたかもこのサーガの物語を伝承するかの様な、完璧な音楽的言語を創りあげた。ジョンはいつも私の期待以上のことを成し遂げ、贅沢で豊かな、感動的かつスリリングなスコアを生み出してくれた。<スター・ウォーズ>が私の想像を超える生命力を持つことが出来たのは、天才音楽家ジョンの素晴らしいスコアのおかげである」
(サントラ盤のライナーノーツより抜粋)

最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の音楽も、もちろんジョン・ウィリアムズが担当することが既に明らかになっている。



【映画公開情報】
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
12月18日(金)全国ロードショー
監督:J.J.エイブラムス
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
©2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
予告編映像:https://www.youtube.com/watch?v=BDvZ9UECfj8



『スター・ウォーズエピソード1 ファントム・メナス』 オリジナル・サウンドトラック 

『スター・ウォーズエピソード1 ファントム・メナス』
オリジナル・サウンドトラック 
発売中/SICP30860/1,800円(税別)

『スター・ウォーズエピソード2 クローンの攻撃』

『スター・ウォーズエピソード2 クローンの攻撃』
オリジナル・サウンドトラック
発売中/SICP30861/1,800円(税別)

『スター・ウォーズエピソード3 シスの復讐』

『スター・ウォーズエピソード3 シスの復讐』
オリジナル・サウンドトラック
発売中/SICP30862~3/2,400円(税別)

『スター・ウォーズエピソードIV 新たなる希望』

『スター・ウォーズエピソードIV 新たなる希望』
オリジナル・サウンドトラック
発売中/SICP30864~5/2,500円(税別)

『スター・ウォーズエピソードV 帝国の逆襲』

『スター・ウォーズエピソードV 帝国の逆襲』
オリジナル・サウンドトラック
発売中/SICP30866~7/2,500円(税別)

『スター・ウォーズエピソードVI ジェダイの帰還』

『スター・ウォーズエピソードVI ジェダイの帰還』
オリジナル・サウンドトラック
発売中/SICP30868~9/2,500円(税別)

『ベスト・オブ・スター・ウォーズ:ミュージック・アンソロジー』

『ベスト・オブ・スター・ウォーズ:ミュージック・アンソロジー』 発売中/SICP20384/1,905円(税別)