tpcs_151024_denkigroove_main

トピックス
2015.10.24

電気グルーヴの伝記映画

石野卓球とピエール瀧という個性的なふたりからなるテクノ・ユニット=電気グルーヴ。 彼らの結成から現在に至るまでの軌跡を、関係者の証言や貴重な映像で追うヒストリームービーが登場。

26年間の膨大な映像からピックアップした貴重なシーンと、元メンバー、スタッフ、ミュージシャン、関係者など、電気グルーヴと関わってきた17人の証言により構成された本作は、彼らがいかに唯一無比の存在と成り得たかを見事に描いている。

はじめて世に出る1989年8月20日に行なわれた大阪・十三ファンダンゴでのデビュー・ライヴや、2014年7月25日『FUJI ROCK FESTIVAL’14』グリーンステージで超満員の観客を熱狂させたパフォーマンスなど、貴重なライヴ映像も多数使用し、彼らの歴史と魅力を多角的に解き明かす。結成、インディー時代、デビュー、『VITAMIN』での覚醒、『ORANGE』期の危機、“Shangli-la”『A』での大ブレイク、まりん脱退、活動休止、そして卓球と瀧、ふたりでの本格始動――生々しくも、素顔の彼らがそこに描かれている。

監督は『モテキ』『恋の渦』『バクマン。』などで知られる大根仁。今回が初のドキュメンタリー作品となる。


『DENKI GROOVE THE MOVIE? 〜石野卓球とピエール瀧〜』
2015年12月26日(土) 2週間限定で公開
監督:大根仁
キャスト:電気グルーヴ(石野卓球、ピエール瀧)
天久聖一/Andi Absolon(元ヨーロッパ ブッキング エージェント)/ANI(スチャダラパー)/Bose(スチャダラパー)/CMJK/DJ TASAKA/日高正博((株)スマッシュ 代表取締役)/ケラリーノ・サンドロヴィッチ/道下善之((株)ソニー・ミュージックアーティスツ)/中山道彦((株)ソニー・ミュージックアーティスツ 代表取締役)/小山田圭吾/SHINCO(スチャダラパー)/砂原良徳/山口一郎(サカナクション)/山根克巳(LIQUIDROOM)/山崎洋一郎(rockin’on JAPAN総編集長)/WESTBAM (A to Z)
(c)2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT

電気グルーヴ03

電気グルーヴがこれまでにリリースしたアルバムのジャケットをモチーフにした、「オリジナル・チケットホルダー・クリアファイル付き全国共通前売鑑賞券」。全国の上映劇場13都市の地名をあしらったご当地限定Ver.全13種類と、映画メインビジュアルを施した通常Ver.の合計14種類がある